忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(2/28~3/6)

 | まとめ感想  com(6) 

一度あったかくなった後の寒さが堪える…。

3/6「グランド・ブダペスト・ホテル」

ミニチュア感のある画がちょこちょこ登場して可愛いし、テンポがよくてクスクス笑えるシーンが多かったです。でも、遺産争いに巻き込まれてからは、面白いことは面白いんだけど私が期待していたのとは違う展開。「グランド・ブダペスト・ホテル」で伝説のコンシェルジュが活躍するところを、もっとたくさん見たかったなぁ。グスタヴとゼロの絆は良かったです。

3/4 名探偵ポワロ第70話「カーテン〜ポワロ最後の事件〜」

う~ん、再見するとポワロも犯人に上手く乗せられたように見えました。母親のことを言われて取り乱していたのは本当で、その時、自分を殺してほしいと思ってしまったのでは。ポワロを支配したいという気持ちも…。殺される瞬間の穏やかな表情が印象的。ヘイスとのやり取りでクスリと笑わせるところもありましたが、やはり彼の気持ちを想うと悲しすぎる幕引きですね。

3/1「THE GREY 凍える太陽」

原題は「灰色」ってことですが、狼を指しているのかな。暗闇にいくつも浮かぶ光る眼のシーンが怖かったです。アラスカのような食料が少ない場所だと、完全に狼は人間の敵なのかな…。一人、また一人と仲間が食い殺されていく中で、時折訪れる談笑の時間が印象的。でも、リアリティはあまり感じなかった。極寒の地で川に落ちて無事とか。

2/28「仔鹿物語(1946)」

美しいシーンが多かったし良いところもあったけど、そもそも鹿が作物を荒らすのは当然で、あんなに鹿が多い地域なら何度か被害に遭ったり、鹿肉が食卓に上ってるだろう。こういうテーマなら、殺したら食べるか売るかまで描けよと思った。あと、手は尽くしたと言っていたけど放し飼いにしてるのが悪い。見てない時は納屋に閉じ込めるなりロープで繋ぐなりすればいいのに。それと、豚を盗まれたのはどうなった?それにしても、開拓民の子とは思えない肌の美しさよ…。

2/20「シェーン」再見

過去記事”映画「シェーン」観ました”に追記&イラスト差し替えしました。

■ Comment

こんにちは☆

「シェーン」のイラスト見せていただきました☆
ホント素晴らしい、あの映画の一番良い(有名な)シーンですものね。。。
またいつか先に再見したいと思います。

>一度あったかくなった後の寒さが堪える…。

今朝は寒さで目が覚めましたよ~(笑)。
風邪等にお気を付けくださいね!

私は昨日からちょっとだけ花粉症の症状が出てきましたが
例年より遅いし、軽いし、マジこのままうまく乗り切れたら!と
夢見ています・・・ちょっと気が早過ぎるけど(笑)。

>3/6「グランド・ブダペスト・ホテル」
>ミニチュア感のある画がちょこちょこ登場して可愛いし、テンポがよくてクスクス笑えるシーンが多かったです。

そういうところもあったけど、私は主に反戦映画だと思っています。。。

>でも、遺産争いに巻き込まれてからは、面白いことは面白いんだけど私が期待していたのとは違う展開。「グランド・ブダペスト・ホテル」で伝説のコンシェルジュが活躍するところを、もっとたくさん見たかったなぁ。グスタヴとゼロの絆は良かったです。

お金や戦争や人間の醜いところを上手に批判していたように思いました。
宵乃さんにとっても少しは良い部分があってホッとしました。

>3/4 名探偵ポワロ第70話「カーテン〜ポワロ最後の事件〜」
>う~ん、再見するとポワロも犯人に上手く乗せられたように見えました。母親のことを言われて取り乱していたのは本当で、その時、自分を殺してほしいと思ってしまったのでは。ポワロを支配したいという気持ちも…。殺される瞬間の穏やかな表情が印象的。ヘイスとのやり取りでクスリと笑わせるところもありましたが、やはり彼の気持ちを想うと悲しすぎる幕引きですね。

初見時はいまいちよく分かっていなかったこの作品、今回は原作を知る人の書いた(知らない人です)ブログを読んでから見たら、すごくよく分かりました。
そして原作に比べてうまく描き切れていないとのことで、宵乃さんの書かれた文章と合わせて、私には映像スタッフの目当てもなんとなく分かったように思えました、どうも有難うございます。

悲しい事件でしたが、アガサさんがこういう幕引きをしたかったんだから仕方ないですね。。。 人は誰も年をとるし、犯罪捜査に生涯をささげたポワロさんが、残り少ない自分の命をかけたもの、と考えると、本当に胸に迫りました。

1年5ヶ月間、ご一緒して下さり、本当にありがとうございました♪
宵乃さんが見てくれなかったら、いまいち楽しめなかったと思います、
いろいろ教えてくれて、そして一緒に笑ったり怒ったりできて、幸せでした!



.
2017/03/08 (Wed) 15:42  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、イラストみて下さってありがとうございます。
かなり前に描いた雑なイラストのままだったのが、ずっと気にかかってたんですよ。やっと自分でも納得できるものに替えられました。ホント、良いシーンですよね~。

> 今朝は寒さで目が覚めましたよ~(笑)。

急激な気温の変化が一番堪えますよね!
お互い体調には気を付けましょう。miriさんは花粉症があるから、余計に天候には敏感になっているでしょうか。上手いこと花粉をかわせるといいですね。

> そういうところもあったけど、私は主に反戦映画だと思っています。。。

出だしの雰囲気とは違って、結構重い作品でした。それが私的に少し合わなかったんだと思います。

> お金や戦争や人間の醜いところを上手に批判していたように思いました。
> 宵乃さんにとっても少しは良い部分があってホッとしました。

全体的にはよかったな~という感想ですよ。ただ、違和感が拭えなかっただけで。
反戦映画を観るタイミングじゃなかったのかもしれません。

> 今回は原作を知る人の書いたブログを読んでから見たら、すごくよく分かりました。
> 私には映像スタッフの目当てもなんとなく分かったように思えました

お役に立てたようで嬉しいです。
それにしても映像スタッフの目当てですか~。気になります!

> 悲しい事件でしたが、アガサさんがこういう幕引きをしたかったんだから仕方ないですね。。。 人は誰も年をとるし、犯罪捜査に生涯をささげたポワロさんが、残り少ない自分の命をかけたもの、と考えると、本当に胸に迫りました。

ホント、仕方ないけどポワロさんや残された友人たちのことを想うと…色々考えさせられます。賛否両論とはいえ、深く記憶に残る事件でしたね。

> 1年5ヶ月間、ご一緒して下さり、本当にありがとうございました♪
> 宵乃さんが見てくれなかったら、いまいち楽しめなかったと思います、
> いろいろ教えてくれて、そして一緒に笑ったり怒ったりできて、幸せでした!

こちらこそ、この長いシリーズを最初から最後までmiriさんとご一緒できて楽しかったです。とくに終盤は初見からあまり経っていなかったし、一人だったら途中でやめていたかも。
これからもいろんな作品で素直な感想を言い合える仲でいましょうね~♪
2017/03/09 (Thu) 11:36  宵乃〔編集〕  

ポワロ

最終作の「カーテン」は、原作も読んでなくて、はじめて知ったストーリー。どの程度アレンジされているのか分かりませんが、ヘイスティングスがポワロの近くにいたのは、よかったなあと思います。
ほんの少し間違ったら、人をあやめてしまいそうになる、人間の怖さがありますね。スーシェさんも、吹替の熊倉さんも、お疲れ様でした、後世に残りますよね。


2017/03/11 (Sat) 10:45  ボー  

>ボーさん

> ヘイスティングスがポワロの近くにいたのは、よかったなあと思います。

そうですね、ポワロさんが最後に一緒に居たいと思ったのが彼だったというのは感動的でした。なんだかんだで一番の相棒だったと思います。

> ほんの少し間違ったら、人をあやめてしまいそうになる、人間の怖さがありますね。スーシェさんも、吹替の熊倉さんも、お疲れ様でした、後世に残りますよね。

ポワロシリーズは数冊しか読んでなかったので、この最終回を読んだ時に衝撃はなかったんですが、ファンの方が受けた衝撃はすさまじいものがあったでしょうね。あのポワロさんまでもが…。
今や、スーシェさんと熊倉さん以外のポワロは考えられません!
2017/03/12 (Sun) 10:31  宵乃〔編集〕  

こんばんは☆

今日、お返事に共に書こうと思って忘れていました。

>それにしても映像スタッフの目当てですか~。気になります!

これは簡単なことで大袈裟に書きました(恥)。
原作では分かりやすいらしい、その「悪意・犯意」は、
映像化作品ではなかなか分かりにくいけど、
宵乃さんが書かれたこの部分

>再見するとポワロも犯人に上手く乗せられたように見えました。母親のことを言われて取り乱していたのは本当で、その時、自分を殺してほしいと思ってしまったのでは。ポワロを支配したいという気持ちも…。

こうやって描写ができたという事なんだなあってしみじみ思ったという意味です。 

私自身は内容を入れるのが精一杯でそこまで思えず残念だったのですが、宵乃さんやきっと多くの鋭い方がそう思われたことそのものが、

原作に負けないように頑張った、映像化スタッフの目当てだったように思ったのです。 長々とすみません。

追伸:感涙祭で見ようと思う作品をなんとか探せたようでホッとしました。
多分泣ける(と思う)再見作品です。

ところで、2年前にはたしかリクエストというか、泣けそうな作品を皆が投票?したような気が・・・そういうリストにない作品でも良いのでしょうか???


.
2017/03/12 (Sun) 19:11  miri〔編集〕  

>miriさん

再びのお出ましありがとうございます♪

> こうやって描写ができたという事なんだなあってしみじみ思ったという意味です。 
> 私自身は内容を入れるのが精一杯でそこまで思えず残念だったのですが、宵乃さんやきっと多くの鋭い方がそう思われたことそのものが、原作に負けないように頑張った、映像化スタッフの目当てだったように思ったのです。

そう言うことでしたか、納得しました。確かに犯人のああいう気持ちの変化は映像じゃないと伝わりにくいし、このドラマならではのものでしたね。miriさんのおかげでスタッフの方々の熱意を感じ取れました。

> 追伸:感涙祭で見ようと思う作品をなんとか探せたようでホッとしました。
> 多分泣ける(と思う)再見作品です。

お、すでに見つけられましたか。もちろん、リストにない作品でも大丈夫ですよ。
告知記事は24日に出すつもりで(言われなかったら忘れてたかも 汗)、その時に投票フォームも設置しようと思います。前の投票結果も残っていますから、余裕がありましたらそちらも参考になさって下さい。
では、4月は感涙祭でご一緒しましょう♪
2017/03/13 (Mon) 11:31  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧