忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「耳をすませば」観ました

 | 青春  Comment(2) 
Tag:日本

耳をすませば
製作:日本’95 111分
監督:近藤喜文
原作:柊あおい
ジャンル:★青春

【あらすじ】本が大好きな中学生の雫は、ある時、自分が借りた本の図書カードに何度も天沢聖司という名があることに気付く。淡い恋心を抱く雫だったが、実際の彼はぶしつけで粗野な男の子で…。

こちらも久しぶりに再見。観たのは確か1月31日だったような…。サボりすぎですね(汗)
私の中では、タイトルよりも「しずく、大好きだ!!」のセリフが頭に思い浮かんでしまう困った作品です。初見時にツボに入りまくってしまい、家族の間でブームに。今でも「”しずくだいすきだ”でさぁ~」みたいな感じで通じてしまいます。むしろ「しずくだいすきだのタイトル何だっけ?」状態です。ごめんなさい。

それくらい当時はストーカー聖司くんの恋の成就がインパクトあったんですよ。
だって、雫が借りる本借りる本全部を先に借りて図書カードに名前を書き、彼女の落とし物をすかさず拾って中身をチェック。その後も、からかったり急に優しくしたり、教室で呼び出ししたりして距離を詰めながら、最後には早朝に彼女の家の前に来てウロウロしてたら窓が開いて「運命だ!」ですよ。子供(つっても高校生くらい?)ながら「こいつやべぇ…」と思いました。

それなのに雫ちゃんは全然気にせず結婚の約束までしちゃって…。
でも、再見したら「逆にこの歳でここまで周到にできるって大物?」と思えてきたし、たとえ外国で彼が心変わりしたとしても、雫ちゃん的には作家への道を歩み出すきっかけになったんだから、これで良かったんだと思えました。もしかしたら粘着ストーカー気質で浮気なんて考えられないかもしれないし。

まあ、こんな変な感想ばっかり書いてますが、お気に入りのシーンはたくさんあります。
まずは冒頭の電車に揺られるシーン。ご当地アニメはたくさんあるけども、あそこまで実際にそこにいる気分になれるシーンは他にないでしょう。ムーンとの出会いのシーンでもあり、1番のお気に入りです。
次は甘酸っぱい杉村くん告白シーンと、聖司の呼び出しシーン。精一杯告白して「好きな奴がいるのか?」「ただの友達か?これからもか?」というやり取りをしたばっかりなのに、聖司がみんなの前で呼び出しした時の雫の様子を見て気付くシーンはホント切ないですよね…。杉村くんのあの表情!

そして、物語の世界に没頭してバロンと一緒に飛ぶシーン。やっぱりバロンは外せません。これでスピンオフやってもいいんじゃない?と思えるファンタジックな世界でした。
最後にエンドロールで描かれる道。通り過ぎる人々がこの作品の登場人物ばかりなのに気付き、なんだか嬉しくなりました。中には杉村くんと夕子ちゃんの姿も。
カントリー・ロードの歌と相まって、ノスタルジーに浸れました。

関連記事
「千と千尋の神隠し」観ました
B004W0XO5C 耳をすませば [Blu-ray]

■ Comment

中学生あるある

文章のハシハシに宵乃さんの“大好き感”がにじみ出てますね。
1月31日でしたか、TV放送は。
録画DVD持ってるのに、放送があるとつい観ちゃうんですよね。

>甘酸っぱい杉村くん告白シーンと、聖司の呼び出しシーン

雫の女友達も含めて“中学生あるある”を観てると、つい遠い目になっちゃいます。

>最後にエンドロールで描かれる道。通り過ぎる人々がこの作品の登場人物ばかりなのに気付き、なんだか嬉しくなりました。

なんか聞いたことあるけど、忘れてます。
観たくなったな~。
12年前に書いた記憶だよりの中途半端記事TB致します。
いつかじっくりと再見記事書いてみたいです。
2017/02/22 (Wed) 22:47  十瑠  

>十瑠さん

> 文章のハシハシに宵乃さんの“大好き感”がにじみ出てますね。

ありがとうございます。他のファンの方が読んだら怒るかも?と若干不安だったのでホッとしました。

> 録画DVD持ってるのに、放送があるとつい観ちゃうんですよね。

わかります!ツイッターなどでも結構観てる人が多いですし、みんな大好きなんでしょうね~。

> 雫の女友達も含めて“中学生あるある”を観てると、つい遠い目になっちゃいます。

ですね~。ああいう風景はいつの時代も変わらないと思います。
エンドロールもしみじみさせてくれますよ。再見する時はぜひ確認してみて下さい。
トラックバックもありがとうございました。後程伺いますね~。
2017/02/23 (Thu) 08:00  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
耳をすませば
(1995/監督:近藤喜文/原作:柊あおい/脚本:宮崎駿/声:本名陽子=月島雫、高橋一生=天沢聖司、立花隆、室井滋、小林桂樹、露口茂、中村晴彦)
テアトル十瑠|2017-02-22 22:48