忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「超高速!参勤交代」観た

 | 時代劇  Comment(8) 
Tag:日本

超高速!参勤交代
製作:日本’2014 119分
監督:本木克英
ジャンル:時代劇/コメディ

【あらすじ】享保二十年、磐城国。湯長谷藩では、1年の江戸詰めを終えた藩主・内藤政醇や藩士たちが、のんびりと開放感に浸っていた。だが、再び“参勤交代”の命が下り、8日かかる道のりを実質4日で踏破しなければならなくなる。政醇は、知恵者の家老・相馬兼嗣とともに作戦を立て…。

軽い作品なんだけど、締めるところは締めてるので普通に面白かったです。CMの印象から、おバカ映画なんだろうなと完全に見くびってました。無理にハリウッド映画に張り合うより、こういう得意分野を上手に生かした邦画のがいいですよね。最初から最後までクスクス笑える感じ。
悪徳老中とか刺客との戦いとか、昔ながらの娯楽時代劇っぽいベタな展開も入れつつ、参勤交代をちゃんとしているように見せるための知恵と根性と人情のエピソードにアイデアが光ってます。
何気に殺陣も見応えあるし、あのお人よしでのほほんとした湯長谷藩の面々がちゃんとカッコいい。2度目の見得を切るシーンは、1度目の笑いからのギャップが効いてました。

登場人物は最初の人物紹介のくだりでもう覚える気がなかったんですが、覚えておく必要のある人物は個性的なので困らなかったし、主人公のキャラも良い。意外とシリアスも多かったのに、硬い印象にならなかったのは、この人の人柄のおかげでしょう。人情に厚い様子を見ていると、ご都合展開も許せてしまいます。
それに、西村雅彦さんが本当にはまり役でいいんですよ。私的に「古畑任三郎」のおとぼけキャラ今泉君の印象が強いのに、藩で一番の知恵者であるこの家老にまったく違和感を覚えませんでした。知恵者なのに一番のお笑い担当っていうのがね(笑)
みんなに頼られ過ぎていて、何かあると「知恵を出せ」とせかされて、きちんと解決策を閃いてくれるのが素敵。忘れられて落ち武者みたいになっても、出会い頭に殴られても、怒らないでみんなのために頑張る一番の功労者でした。
いつかリターンズも観てみたいです!

B00MXWRR9U 超高速! 参勤交代 Blu-ray

■ Comment

こんばんは☆

>軽い作品なんだけど、締めるところは締めてるので普通に面白かったです。
>いつかリターンズも観てみたいです!

この作品、昨年、日本映画専門チャンネルでオンエアがあって、
楽しみにして見始めたのですが、

何だったのかは完全に忘れましたが、
序盤の、それもかなり早い段階でくじけて、見ませんでした。

宵乃さんが上記のように書かれたのでちょっと気持ちが動いていますが
どうでしょう? 私には面白くなさそうでしょうか?

あ、お気楽にお返事いただければ・・・と思います☆
どうぞ宜しく~!!!


.
2016/10/10 (Mon) 19:16  miri〔編集〕  

No title

 宵乃さん、こんばんは

軽い作品なんだけど、締めるところは締めてるので普通に面白かったです
>お炬燵でお茶と煎餅、ついでに蜜柑、「グレート・レース」と同タイプだけど短いからあれより観易い。(笑)
気楽に観て楽しめる映画だと思います。
佐々木蔵之助のぼんやり具合と剣の達人ぶりのバランスが絶妙で、あの居合いの鋭さと迫力が素晴らしかったです。
仰るとおり西村雅彦さんも良かった。
あの井戸からの登場には爆笑。
切腹しようとしたらアレだったり。
この二人がしっかりしてたから、多少の難も大きな減点にならなかったんじゃないでしょうか。

でも「リターンズ」は、もういいかな。(笑)
第1作で充分笑わせてもらったし、着眼点の勝利みたいな作品だったから。
2016/10/10 (Mon) 22:13  鉦鼓亭〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ!
序盤で挫けたんですか~、う~ん何が原因だろう?
鴨川ホルモーの監督さんだから楽しみにしてたんですよね?

> 宵乃さんが上記のように書かれたのでちょっと気持ちが動いていますが
> どうでしょう? 私には面白くなさそうでしょうか?

キャストを見て、よっぽど嫌いな人がいるとかじゃなければ挑戦してみてもいいんじゃないでしょうか。たまたまその時はダメだっただけかもしれません。
2016/10/11 (Tue) 07:40  宵乃〔編集〕  

>鉦鼓亭さん

> 「グレート・レース」と同タイプだけど短いからあれより観易い。(笑)

確かに!
ああいうタイプの作品ですね~。西村さんのキャラは「グレート・レース」で言うなら敵の二人組くらいの濃さでした。時間も丁度よくてサクッと楽しめます。

> 佐々木蔵之助のぼんやり具合と剣の達人ぶりのバランスが絶妙で、あの居合いの鋭さと迫力が素晴らしかったです。

そうそう、殺陣も頑張ってたし、メリハリがあって魅力的でした。
冒頭からの雰囲気からは想像できない武人っぷりです。

> この二人がしっかりしてたから、多少の難も大きな減点にならなかったんじゃないでしょうか。

キャストって大事だなぁと思いましたよ。この二人がいなかったらグダグダになってたかも…。

> でも「リターンズ」は、もういいかな。(笑)
> 第1作で充分笑わせてもらったし、着眼点の勝利みたいな作品だったから。

ガッカリしそうな気はするんですけどね(汗)
続編を見る人はきっと、惰性かキャスト目当てでしょう(西村さんが見たい)
コメントありがとうございました♪
2016/10/11 (Tue) 07:52  宵乃〔編集〕  

ゆる過ぎて眠くならなくもない

こんにちは。
この作品かな〜りユルユルですよね。
私は劇場まで観に行ったので、ちゃんと観てましたけど、家でDVDだったら寝てたかも。
まぁあのユルさが、佐々木蔵之介の殿様のユルさを象徴しているとも言えるのでは。

リターンズは2作目という意味ではなく、復路という意味のリターンなので、この作品としっかり繋がってます。
テイストは同じようにユルユルで、若干ドリフのお笑いに近い物を感じました。
2016/10/13 (Thu) 22:08  ケフコタカハシ〔編集〕  

>ケフコさん

いらっしゃいませ!
劇場でご覧になったんですね。私は映画館が苦手で、とくにこういうタイプは家でリラックスして観ないと楽しめないタイプです。
でも、うっかり眠ってしまうというのもわかる気がします。本当に登場人物もお話もゆるゆるでしたもんね~(笑)

> リターンズは2作目という意味ではなく、復路という意味のリターンなので、この作品としっかり繋がってます。

おぉ、ということは1作目で「帰りのことを忘れてた!」の流れで始まるということですね!
ゆるゆる作風は嫌いじゃないので、リターンズもいつか観たいです!
堅苦しい映画を続けて観た後などに重宝する作品だと思います。
コメントありがとうございました。
2016/10/14 (Fri) 07:45  宵乃〔編集〕  

深キョン

キョンキョンもフカキョンも好きなので。
見た動機はそれだけ。
湯長谷藩って実在で、この殿様もいたんですよね~。
話はフィクションのようですが。
2016/10/20 (Thu) 09:02  ボー編集〕  

>ボーさん

> キョンキョンもフカキョンも好きなので。
> 見た動機はそれだけ。

あはは、清々しいです!

> 湯長谷藩って実在で、この殿様もいたんですよね~。

おぉ、実在していたんですか。ちょっと気になりつつも、調べてなかったんですよ。教えて下さってありがとうございます。
ご本人がこの作品を観たらどう思うでしょうね~(笑)
2016/10/20 (Thu) 15:25  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「超高速!参勤交代」
深キョンが出ているから見る! そうです。そんな私です。
或る日の出来事|2016-10-20 08:59
映画「超高速参勤交代」観てきました。
とても良かったです。館内が爆笑の渦になるほど笑えますが、だからといって単なるコメディでもない。重いテーマをアチコチの台詞にさらりと込めてあって、観終わって不思議と元気になりました。何よりいつものウシジマくん禁断症状は出ませんでしたから笑。 とても丁寧に作られているのがわかります。武芸の鍛錬のシーンでは、どうやら真剣が使われていたみたい。その甲斐あってか、後半のアクションシーンもなかなか...
鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ|2016-10-10 20:13