忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

「映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦」観ました

 | ファミリーアニメ  Comment(6) 
Tag:日本

ブタのヒヅメ大作戦
製作:日本’98 99分
監督:原恵一
原作:臼井儀人
ジャンル:★ファミリー/コメディ/アクション

【あらすじ】謎の女”お色気”に巻き込まれ、一緒に捕まってしまったしんのすけたち。心配するみさえとひろしの前に、国際情報組織SMLエージェントが現れる。しんのすけが秘密結社“ブタのヒヅメ”に捕まったと知り、一家は無理やり彼について行こうとするが…。

色々あって迷ったんですが、初見時に感動したこの作品をチョイス。
もう最初の方からウルウル来てしまいました。ニュースで「…野原しんのすけちゃん、5歳」を聞く、ひろしとみさえのシーンなんてブワッですよ。
そして、その後の彼らの機転と度胸と粘り強さには深い愛を感じました。エージェントとのトイレをめぐる攻防も、笑えるしウルっとくる。
あんな強面の筋肉ダルマを前に、一切の迷いなく我が子を助けに行くために自分にできることを考え、行動し続けられるのがすごいです。だって、他の子供たちの親は彼に任せるしかないと思ったんだろうし、実際、どれだけの人があの状況で役立てるのか?
ひろしとみさえも戦力としては半人前にも満たなかったけど、大きく足を引っ張ることもなく、できることをやって最後までやり遂げたのが素晴らしいです。親の鑑ですよね。
しかも、夫婦でお互いにいつも支え合っていて、小さなことでも常にさりげなくフォローしているんですよ。エージェントがバツイチという設定だったから対比のために、いつもよりそういう描写が増えていたのかもしれないけど、この二人ってこんなに良い夫婦だったんだ~と改めて発見した気分です。

また、カスカベ防衛隊もいいですよね~。怖いもの知らずのしんちゃん(足元を銃撃されながらも、いつものお下品芸を見せる度胸がすごい!笑)を先頭に、一人で行かせるわけにはいかないからと後から続くメンバーの友情にもウルウルしちゃいました。何気にしんちゃんに続くのは(たぶん)いつも風間君で、友情だなぁと思ったり。
とくに荒野のど真ん中で迎えた子供たちだけの夜のくだりや、ぶりぶりざえもんとコンタクトを取るため、無防備な状態になったしんちゃんを守るシーンが良かったです。

そして、やっぱり一番の感動はぶりぶりざえもんとのエピソードですよね。
「ぶりぶりざえもんのぼうけん」はしんちゃんの持つ優しさや真っすぐさがすごく伝わってきて泣けるし、そんなしんちゃんが創りだしたぶりぶりざえもんもね、ほんともう…!
終盤の方は思い出すと泣けてきてしまうので、自分で見て下さいとしか書けません…。

全体的にアクション描写に力を入れており、制作スタッフの「スパイアクションやりたかったんだ~~~!」という想いが伝わってきて、アクション好きな人なら「クレしん」に馴染みがなくても結構楽しめると思います。
今回再見することができて、有名な2作品以外も面白いというのを再確認できました。
リクエストして下さったポールさん、良い機会をつくって下さりありがとうございました!

B0041IY9JU 映画 クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 [DVD]

■ Comment

お誘いありがとうございました。

「クレヨンしんちゃん」シリーズ、いいですね。
みなさんの感想がかえるままにとって、とても良かったです。

でも宵乃さん、ごめんなさい。
不覚にもこれ、すっかり忘れてます。
最近記憶がやばくて…自分が怖いです。(^_^;)
「豚のヒヅメ大作戦」…どんなだったか思い出せずいます。

カスカベ防衛隊の面々が好きです〜。
みんなの個性が、なんだかいい味だしてますよね。

本当、みさえとヒロシは良い夫婦で良い親だと思いますよ。^^
2016/09/24 (Sat) 14:41  かえるまま21  

>かえるママ21さん

いらっしゃいませ、楽しんで頂けて嬉しいです♪
この作品の内容は私もすっかり忘れてましたよ~。
昔から見た作品のタイトルやあらすじなんかをメモしていて、再見したいと思ったものには★をつけてるので、その中から選びました。
とくにクレしんシリーズは数が多いので、よっぽど印象に残ったか、話題になった作品とかじゃないと覚えてられないと思います。

> カスカベ防衛隊の面々が好きです〜。
> みんなの個性が、なんだかいい味だしてますよね。

ですよね!みんなが揃っているとにぎやかで楽しく、そしてホッとします。
妙に悟ってるボーちゃんとか、ほんと個性的です。

> 本当、みさえとヒロシは良い夫婦で良い親だと思いますよ。^^

昔観ていた時は気付かなかったけど、本当に良い夫婦です。作者さんはきっと良き父、良き夫だったんでしょうね~。
コメントありがとうございました。
2016/09/25 (Sun) 07:44  宵乃〔編集〕  

No title

おはようございます!!
ラストが感動で書けないほどとは・・・
何にでも泣いてしまう僕ですが、信じられないです(^▽^;)

ちょっと見てみようかな・・・

本当ですか??(笑)

それにしてもお色気で捕まるとか、
どんな幼稚園児でしょう???(笑)
2016/10/08 (Sat) 10:28  take51  

>take51さん

いらっしゃいませ!
そうですね~、個人差はあるとは思いますが結構泣けると思いますよ。お別れシーンもそうなんですが、その後の流れが素晴らしい。安易に誰か死んで泣かせるんじゃないところがいいです。

> それにしてもお色気で捕まるとか、
> どんな幼稚園児でしょう???(笑)

いやいや、お色気というコードネームを持つエージェントが追われてて、そこに偶然居合わせたしんちゃんたちが巻き込まれたんです。その後のみさえさんたちの描写は、子供を持つ親なら泣けると思います。
お時間ある時にぜひ!
2016/10/08 (Sat) 11:40  宵乃〔編集〕  

No title

こんにちは!

僕はこれ一回しか見てないんですが
お色気の声優が上尾先生と同じだと知って驚きました

”お色気”もそうですが、このシリーズは大体エッチネタか下ネタをネーミングに入れてきますよね
大人向けのドギツいのではなく小学生が喜ぶ感じのですが

でも、今回は何だか懐かしかったですね~
昔見たっきりのクレしんの映画を再見できて
そういえば実写映画を見るようになる前は
自分にとって映画といえばアニメの劇場版
もしくは怪獣とか特撮でした
幼稚園、小学生低学年の頃はドラえもんが定番でした(笑)
西遊記とか原始時代のやつとかね
2016/10/15 (Sat) 15:00  バーンズ  

>バーンズさん

いらっしゃいませ。
上尾先生懐かしいです。同じ声優さんだったんですか~、全く気付かなかった!

> ”お色気”もそうですが、このシリーズは大体エッチネタか下ネタをネーミングに入れてきますよね

小学生が喜びそうなネーミングを大人が考えているのを想像すると、なんだか面白いです。子供の頃の感性を忘れていない方たちなんでしょうね~。

> でも、今回は何だか懐かしかったですね~
> 昔見たっきりのクレしんの映画を再見できて

楽しんで頂けて嬉しいです。私もめっきりクレしん映画は観なくなっていたので、ホント懐かしかったですよ~。今観ても十分楽しめるんだということがわかり、少しづつ再見していきたくなりました。

> 幼稚園、小学生低学年の頃はドラえもんが定番でした(笑)
> 西遊記とか原始時代のやつとかね

私も昔はアニメ映画ばっかりでした。パラレル西遊記や日本誕生も大好きです!
ペガサスとグリフォンとドラゴンのキメラとか可愛かったですよね~。
のび太が結構やらかしちゃってて、タイムパトロールの間で有名になっていそうな(笑)
アニメ映画から実写に流れてくる人が結構たくさんいるとしたら、やはりジャパニメーションの質は高いということでしょうか。それを見て育ったのは贅沢なことかもしれませんね。
2016/10/16 (Sun) 07:40  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧