忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

肝試し企画まとめ感想(8/21~8/27)

 | ホラー/パニック  Comment(5) 

さすがにホラー映画ばかりで飽きてきたので、次の単独記事で私の肝試しは終了です。
B級C級Z級の作品を観まくったおかげで、許容範囲が(主に下に)広がったぜ!

8/27「感染創世記」
ゾンビ映画というより戦争映画でしたね。ゾンビから日常を守るために戦う集団に、主人公が取材する様子を描いた作品で、まともな神経では元人間を毎日何百体も殺せないというのがわかっていく。いちばんイカレているのが、若い女ゾンビを捕まえて…のエピソード。感染のリスク高すぎぃ!手ぶれがなければ、社会派ゾンビ映画としてそれなりに観られる作品だったと思います。
8/27「シー・オブ・ザ・デッド」
「ゾンビ沼」と同じ監督さん。相変わらず斬新でBGMが合ってなくて血みどろだったけど、機材がパワーアップしていて映像がキレイ。ブラジルの肉感的な女優さんを楽しめるし、今回はオッパイもいっぱいです。後半ははっちゃけすぎていて意味が分からなかった(汗)
8/27「デス・マングローヴ ゾンビ沼」
Z級ゾンビ映画。見る人は選ぶものの、色々と斬新。一匹かと思ったら沼の中から次々にゾンビが立ち上がって囲まれているという絶望的な状況とか、感染しかけた人をふぐ毒で救うとか。あと、ブラジルの民間療法なのか、焼きレモンが万能薬扱いでウケた。色々と拙い部分が目立ちますが、ゾンビの特殊メイクは力が入っているし、CGなしで頑張っていて好感が持てます。エド・ウッド作品が好きなら楽しめるかも。
8/24「ホステル3」
ホラーおみくじで出たので鑑賞。個人的に拷問系はストレスが溜まるだけだから、パワーダウンしたらしい3でよかったです。それでも最初の犠牲者のシーンは痛々しい…。でも、序盤の展開や、後半のただのアクション映画と化した展開はそれなりに楽しめました。ラストは主人公覚醒しすぎ!ぜったいご近所さんに通報されるだろ(笑)
8/21「シャークネード エクストリーム・ミッション」
なんかついていけないと思ったら3作目か。1も2も観てないよ!しかし、サメ台風という発想は面白いし、チェーンソーでバッタバッタとなぎ倒すノリも好きだけど、89分はさすがに長くないですか?何気に「トリプルヘッドジョーズ」が登場したり、007風のオープニングや、ちゃんと使える金のチェーンソー、ライトセイバー風の改造チェーンソー、ラストの大気圏突入や赤ん坊の登場の仕方などは面白かったです。やはり1作目から見ないとダメか~。

■ Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/29 (Mon) 10:50    

アレ観ましたよ

こんにちは。
皆さんホラーがお好きなんですね〜。
許容範囲が広がる、それは器が広がったということで、喜んでいいこと、かな?笑

鳥好きなら一度は見ておくべきアレを観ました。
31日にアップしますので、よろしくお願いします。
2016/08/29 (Mon) 20:28  ケフコタカハシ編集〕  

No title

こんばんは!!

ホステル3は内容をイマイチ思い出せませんが、
このシリーズは結構好きなんです!!(^^♪

自分の記事を見ると1、2作目と監督が違うようですので、
宵乃さんには是非、1と2を見ていただきたいと思います!(^.^)

1とか面白いオマージュがあり、こうして書いていて
ニンマリしちゃいます(笑)

2016/08/29 (Mon) 22:19  take51  

>ケフコさん

肝試し企画は毎年かなり盛り上がります。やっぱり夏はホラーってことですよね!

> 許容範囲が広がる、それは器が広がったということで、喜んでいいこと、かな?笑

ホラーはお金のない監督がとりあえず撮るジャンルなので、ホント下には下がいるという感じで。許容範囲が広がれば、楽しめる作品が増えますよ~(笑)

> 鳥好きなら一度は見ておくべきアレを観ました。

おぉ!ご覧になられましたか。チャレンジャーですね。
記事、楽しみにお待ちしております♪
2016/08/30 (Tue) 08:03  宵乃〔編集〕  

>take51さん

「ホステル」シリーズがお好きでしたか~。
ホラーがあまり得意ではないと仰っていたので意外です。
もしかして私が思っているより「ホステル」はグロシーン少な目なのかな?

1作目はタランティーノ監督が関わってるんでしたっけ。面白いオマージュがあるということで、ちょっと興味が湧いてきました!
いつか機会があったら観てみようと思います♪
2016/08/30 (Tue) 08:10  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧