忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(6/18~6/29)

 | まとめ感想  Comment(6) 

最近、観たい映画が少なくて…。またカードワースで新しいシナリオを作っていて、そっちに夢中です。

6/29「トム・ホーン」
実在の人物だったのね。全体的に淡々としていて、その分最後のやるせなさが際立つんだけど、”淡々と”というのが話運びだけじゃなくて登場人物の決断にも言えることで、もうちょっとこの結末を避けるために頑張ったら?と思ってしまったり。低予算で決闘シーンなど撮れなかったらしい。末期がんだったマックィーンが誰だかわからなかった。あと風景がとてもキレイ。
6/27「ソウルメン」
元人気バンドメンバーの二人が、もう一人の追悼コンサートに出ようと車で旅するお話し。犬猿の仲でケンカが絶えないんだけど、周りに迷惑かけすぎで笑えない。先が読める。地味。でも、コンサートのために練習もかねて道中の酒場などで何度か歌っていて、だんだんと勘を取り戻していく感じは良かった。主演の片方は撮影後しばらくして亡くなったようで、EDで彼のインタビューなどが見られる。
6/26 名探偵ポワロ第35話「負け犬」
ミス・レモンの向上心が素晴らしいですね。催眠術でポワロさんの役に立ちたいとは!練習台にされるポワロさんは困り気味でしたが、いざという時は彼女を信頼してるし、ご婦人の直感も信じてます。あと、カーチェイスにゴルフと、ヘイスの見せ場もありました。ミス・レモンと一緒なら、プロも夢じゃない!?(笑)にしても、今回は被害者が最低野郎で、犯人はちょっぴり可哀想でした。
6/22「第九軍団のワシ」
邦題ダッサ!こんな最近の作品だと思わなかった。男の友情が好きならそれなりに楽しめるかもしれないが、名誉回復のためにしなくていい殺し合いをする話だからなぁ。敵民族の死なんてなんとも思ってないラストが…。主人公はともかくエスカはそれでいいのか!?彼の功績により、あの後またローマが調子づいて北に侵攻してそうだ。
6/18 名探偵ポワロ第34話「エジプト墳墓のなぞ」
『ファーラーオー』って感じでした(このゲーム知ってる人いる?)ヘイスとミス・レモンはこういうの結構好きなんだよね~。ポワロさんはいつも通りでしたが、最後はペットロスなミス・レモンのために猫の置物をプレゼント。タイプライターの時はボケかましてたのに!しかし今回の犯人もゲス野郎で…。こういう事件が多いからポワロさんは犯罪者に手厳しくなるんだろうね。とくに男性とビッチに(笑)

■ Comment

こんにちは

「エジプト墳墓の謎」に興味が湧きました。
^^
ゲームは知らなかったですが。

宵乃さんは、主な供給源はテレビってありますが、色んな分野、念弾の映画をご覧になってて、すごいな〜って思います。
映画専用のテレビチャンネルを契約されてるのかな?
2016/07/07 (Thu) 15:16  かえるまま21  

>かえるママ21さん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます♪
「ファーラーオー」は、航海に出て世界地図を完成させる昔のゲームで、ピラミッドを調べに行くと船長が呪われてそれしか言わなくなるんです(笑)
10年以上前からゲームが好きな人じゃないとわからないネタでした。反応して頂けて嬉しいです。

> 映画専用のテレビチャンネルを契約されてるのかな?

普通のBSでも、BSプレミアム、BSジャパン、BS-TBS、Dlife、BS朝日、BS日テレといくらでもオンエアしてますよ。関東なので、地上波でも毎日のようにテレビ東京が映画をやってますし、他の局も合わせると映画をオンエアしてない日はないです。
借りてまで観る暇なんてないくらいで…恵まれてますね。
2016/07/08 (Fri) 06:39  宵乃〔編集〕  

おはようございます☆

あれっ? 私この記事読んでない・・・何故?何故? 謎だ~!!!
かえるママさんのお陰でお話できます、感謝です♪

・・・そういえば先日、ポワロさんのお話が2話飛んでいる?とは思ったのですが・・・あぁやらかしてもうた!!!

>最近、観たい映画が少なくて…。またカードワースで新しいシナリオを作っていて、そっちに夢中です。

以前、教えて頂いたやり方、花粉症が治って、じっくり取り組もうとしたのですが・・・何と言うか、最初の一行目から出来なくて(笑) お恥ずかしいです!
そちらの世界にもお友達はいらっしゃるのですか?

>6/29「トム・ホーン」

この映画については以前お話していて、宵乃さんは未見だったのですが、私は今回BS3なので保存しました。 今月中には再見してお話したいと思います♪

>6/26 名探偵ポワロ第35話「負け犬」
> ミス・レモンの向上心が素晴らしいですね。催眠術でポワロさんの役に立ちたいとは!練習台にされるポワロさんは困り気味でしたが、いざという時は彼女を信頼してるし、ご婦人の直感も信じてます。あと、カーチェイスにゴルフと、ヘイスの見せ場もありました。ミス・レモンと一緒なら、プロも夢じゃない!?(笑)にしても、今回は被害者が最低野郎で、犯人はちょっぴり可哀想でした。

ホント、書かれてある通りです!(笑) ジャップさん、しばらくお目にかかってなくて寂しいです☆

>6/22「第九軍団のワシ」
> 邦題ダッサ!こんな最近の作品だと思わなかった。男の友情が好きならそれなりに楽しめるかもしれないが、名誉回復のためにしなくていい殺し合いをする話だからなぁ。敵民族の死なんてなんとも思ってないラストが…。主人公はともかくエスカはそれでいいのか!?彼の功績により、あの後またローマが調子づいて北に侵攻してそうだ。

邦題ダサいですか? 冒険小説の映画化らしいですね~内容は結局こうなるんでしょうね? しかし私は知りたい、何であの少年を殺したのか?と、あれって殺した人物の息子ですよね? 違っていたら分かるんだけど・・・。

エスカは、でも、アザラシ族のやり方には疑問を持っていたんでしょうね? それにしても残された女子供ジジババが可哀想です! 

ローマはあぁいう風にして世界一大きくなったんでしょうから(当時) 後年のモンゴルとかスペインとかイギリスとか、皆同じで空しいですネ・・・でもまぁ史実ですしね・・・。

>6/18 名探偵ポワロ第34話「エジプト墳墓のなぞ」
> 『ファーラーオー』って感じでした(このゲーム知ってる人いる?)ヘイスとミス・レモンはこういうの結構好きなんだよね~。ポワロさんはいつも通りでしたが、最後はペットロスなミス・レモンのために猫の置物をプレゼント。タイプライターの時はボケかましてたのに!しかし今回の犯人もゲス野郎で…。こういう事件が多いからポワロさんは犯罪者に手厳しくなるんだろうね。とくに男性とビッチに(笑)

このお話は書いてはいけなかったような気がします・・・今に通じますがやはり医療者がそういう事をするとなると、何でもありになるから・・・。 ミス・レモンが宵乃さんと同じでネコちゃんお好きですごく嬉しかったです♪


.
2016/07/08 (Fri) 08:57  miri編集〕  

>miriさん

> あれっ? 私この記事読んでない・・・何故?何故? 謎だ~!!!

実は公開する時に「保存時の日時で~」をチェックし忘れて、下書きで記事を書き始めた日時で公開されてたんですよ。気付いたのが告知記事を公開した後で。すみませ~ん!
気付いて下さってありがとうございます。

> そちらの世界にもお友達はいらっしゃるのですか?

難しかったですか。まあ、とっつきにくいゲームなんで、仕方がないです。
シナリオを公開してコメントはもらいましたが、友達はいないですね~。すごく人見知りなので。

> >6/29「トム・ホーン」
> この映画については以前お話していて、宵乃さんは未見だったのですが、私は今回BS3なので保存しました。 今月中には再見してお話したいと思います♪

わ~、そうでしたか!すっかり忘れてました(汗)
miriさんがご覧になった後に、また伺います!

> ジャップさん、しばらくお目にかかってなくて寂しいです☆

今日の作品には出演してるかな?
楽しみに待ちましょう♪

> しかし私は知りたい、何であの少年を殺したのか?と、あれって殺した人物の息子ですよね? 違っていたら分かるんだけど・・・。

邦題ってある程度、年代を表すものだと思うので、すごく時代錯誤に思えました。古い作品が嫌いなら、まず手に取らないでしょう。
あと、あの父親は部族の長かなんかですよね?
恐らく「部族に仇なす者には死あるのみ」を今まで実践してきたので、自分の息子だからといってひいきはできなかったのでは。仲間と結束しなければ生き残れない世界だったと思うので。

> エスカは、でも、アザラシ族のやり方には疑問を持っていたんでしょうね? それにしても残された女子供ジジババが可哀想です!

疑問を持っていたというのは同感ですが、手放しで喜んでいた感じがちょっと。もう少し、死んだ子供ふたりのことも思い出してやれよと思いました。

> ローマはあぁいう風にして世界一大きくなったんでしょうから(当時) 後年のモンゴルとかスペインとかイギリスとか、皆同じで空しいですネ・・・でもまぁ史実ですしね・・・。

それをカッコよく描いてみました感が鼻につきました。たぶん最近流行りの?ブロマンスを意識した作品だと思うので。お金のために作ったのかなぁと。

> >6/18 名探偵ポワロ第34話「エジプト墳墓のなぞ」
> このお話は書いてはいけなかったような気がします・・・今に通じますがやはり医療者がそういう事をするとなると、何でもありになるから・・・。

でもまあ、現実に危険な手術で患者が何人も死んでいるのに、知らんぷりして続けていた医者がいたくらいですし…。医者を信頼しすぎるのも問題だと注意喚起にならないこともないかも?
2016/07/09 (Sat) 12:05  宵乃〔編集〕  

「トム・ホーン」を再見しました☆

> 実在の人物だったのね。全体的に淡々としていて、その分最後のやるせなさが際立つんだけど、”淡々と”というのが話運びだけじゃなくて登場人物の決断にも言えることで、もうちょっとこの結末を避けるために頑張ったら?と思ってしまったり。

そうですね~再見して一番思ったのは
実際、その少年を撃ったのは誰?ということで・・・
モヤモヤしてしまいました。

あれだけ投げやりだと(一度は逃げたけど)
少し疑ってしまいました。。。

>低予算で決闘シーンなど撮れなかったらしい。末期がんだったマックィーンが誰だかわからなかった。

いろいろな意味で痛々しい作品でした。。。

でも、俳優は、本当に死ぬまで(に近く)現役で
ご遺作がこれで良かったような気もします。。。

>あと風景がとてもキレイ。

本当に短い時間ですが、あの空と山は、美しいですネ~
ハワイ生まれの彼女が流れ着いたのが故郷と真逆の土地と思うと
感慨深いです。

再見のチャンスを、有難うございました~♪


.
2016/07/19 (Tue) 18:58  miri〔編集〕  

>miriさん

> 実際、その少年を撃ったのは誰?ということで・・・
> モヤモヤしてしまいました。

ですよね、トム・ホーンを嵌めるためにしては酷過ぎるし…(やりかねない風には描かれていましたが)。
逃げるのも軽率でした。あれがなかったら心証も良くなってたのに。

> でも、俳優は、本当に死ぬまで(に近く)現役で
> ご遺作がこれで良かったような気もします。。。

あれだけ顔色が悪くても最後まで役者でいたというのは本当にすごいことだと思いました。
ある意味、印象に残る作品でしたね。

> 本当に短い時間ですが、あの空と山は、美しいですネ~
> ハワイ生まれの彼女が流れ着いたのが故郷と真逆の土地と思うと
> 感慨深いです。

ハワイ生まれでしたっけ。確かに人生の不思議な縁みたいなものを感じます。何かに導かれてやってきて、彼と出会ったんですかね~。

> 再見のチャンスを、有難うございました~♪

こちらこそ、お話しできてうれしかったです。
コメントありがとうございました♪
2016/07/20 (Wed) 07:18  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧