忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

ファミリー映画まとめ感想(4/25~4/29)

 | まとめ感想  Comment(6) 

ファミリー映画企画で観た作品4本の感想をまとめて。たぶん次の記事でファミリー映画は最後です。

4/29「サマータイムマシン・ブルース」再見
過去記事「サマータイムマシン・ブルース」観たに追記しました。
4/28「ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船」
ティンクが成長してだいぶ影が薄くなったような(笑)「ピーター・パン(1953)」に繋がるストーリーはそれなりに楽しめたけれど、こんなに良い子になったティンクが、ピーターに恋をして、以前より問題児になってしまうのがイマイチ納得できない。人格変わるほど酷い目にでも遭ったんだろうか。とくにザリーナの過ちを知っていて、自分も同じことしちゃうなんてね~記憶喪失?ザリーナの海賊姿はオシャレで可愛かったです。テレンス君の出番が少なかったのは残念!
4/26「ピノキオ(1940)」
おじさんが演じた実写版とは違って、原作のいいところだけ抽出してる感じですね。ピノキオがふつうにいい子で可愛い(笑)”肝心な時に仕事をしない良心”を具象化したジムニーが良い味出してました。アニメーション(とくに猫)も歌も素晴らしい。子供には良い子になろうというメッセージと誘拐の手口を伝え、大人には送り迎えの必要性を伝えている良いアニメだと思いました。にしても、ロバになった子供たちのことを考えると…ブルブル!
4/25「ホーム・オン・ザ・レンジ/にぎやか農場を救え!」
乳牛たちが、自分たちの農場を救うために賞金首を狙う西部劇風ファミリーアニメ。ディズニーだけあって悪役が歌(ヨーデル)で牛達を操るというのが面白かったけど(美声!)、全体的に地味。主人公は牛だからな~。セル画ではないものの、昔ながらのアニメ。サイケなミュージカルシーンもあります。

■ Comment

こんばんは☆

>4/28「ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船」

録画したので、見たらコメントさせて頂きます☆

>4/26「ピノキオ(1940)」
>おじさん が演じた実写版とは違って、原作のいいところだけ抽出してる感じですね。

実写版は見た事ないです。 そちらは厳しいのかな?

>ピノキオがふつうにいい子で可愛い(笑)”肝心な時に仕事をしない良心”を具象化 したジムニーが良い味出してました。アニメーション(とくに猫)も歌も素晴らしい。子供には良い子になろうというメッセージと誘拐の手口を伝え、大人には 送り迎えの必要性を伝えている良いアニメだと思いました。

そういう作品でしたね~製作年度を考えると凄いです!

>にしても、ロバになった子供たちのことを考えると…ブルブル!

怖かったです! 思い出すだけで・・・ブルブル!!!


.
2016/04/30 (Sat) 20:30  miri〔編集〕  

>miriさん

> 実写版は見た事ないです。 そちらは厳しいのかな?

厳しいというか、観ててイラッとくるピノキオになってます(苦笑)
オッサンが演じてるだけでも可愛くないのに、たぶん原作のピノキオは最初”思いやりの心”を持ってないんですよね。おじいさんがいなくなり、自分の居場所がなくなって初めて家族の大切さに気付いたという感じだったような…。かなり前に観たので間違ってたらスミマセン。
それを多くの人に愛されるキャラクターに仕上げたディズニーはすごいと思います。

> 怖かったです! 思い出すだけで・・・ブルブル!!!

リメイクしたら、きっと救出する流れになるでしょうね~。
おそらく子供の誘拐を防ぎたいという想いの込められた作品だと思うので、こういう恐ろしさを残してあるのはよかったと思います。誘拐は本当に恐ろしい…!
2016/05/01 (Sun) 10:49  宵乃〔編集〕  

こんにちは☆

宵乃さん、「白い肌の異常な夜」再見でしたのね~!
今回は落着いて見られましたのね~☆

実は私は中3の時にチラッとは見たんですよ~笑。 
ノートには書いてないけど、新聞の切り抜きが貼ってあって
チラッというか多分時間がないか何か他の事をしないいけなくて
見られなかったのです・・・当時はテレビだけだったので。

それでずっとタイトルが胸にあったのに
全く機会がなく、昨年やっとだったのでNHKさまさまです(笑)。

>4/28「ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船」

見ました!

>ティンクが成長してだいぶ影が薄くなったような(笑)
>ザリーナの海賊姿はオシャレで可愛かったです。
>テレンス君の出番が少なかったのは残念!

これら全く同感です☆
このお話はシリーズの回数を重ねた事によって、彼女だけではなく
全体のお話にならざるを得ない状況になっているようですね~♪

>「ピーター・パン(1953)」

こちらは未見なので(2002年の「2」は見ています)アレですけど、
だいたい普通の知識的に、あの妖精はそういう子でしたよね~

なので、こちらに繋がる話と言っても
今回の作品は前日譚という感じにとらえない方が良いのではないでしょうか?

まぁこういう感じだと良いな的に作ってみました、的な?
フックさんも昔は痩せていたんですネ(笑)。


.
2016/05/05 (Thu) 13:35  miri〔編集〕  

>miriさん

> 宵乃さん、「白い肌の異常な夜」再見でしたのね~!
> 今回は落着いて見られましたのね~☆

あ、再見だと記事に書いてませんでした。
おかげで初見時よりは冷静に観られましたよ~。ひぇ~とは思いましたが(笑)
miriさんは、本当に念願のオンエアという感じでしたか。中途半端にしか観れなかった作品って、すごく心残りになりますもんね。BSプレミアムのキレイな映像で見られてよかったですね♪

> >4/28「ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船」
> このお話はシリーズの回数を重ねた事によって、彼女だけではなく
> 全体のお話にならざるを得ない状況になっているようですね~♪

最初は4作くらいで完結する予定だったそうです。人気が出たのか?だんだんとティンクじゃなくて、ピクシーホロウの妖精たちが主役という感じになってきました。

> まぁこういう感じだと良いな的に作ってみました、的な?

たしかにそんな感じですよね(笑)
その割にフックとワニのエピソードを盛り込んだり、どっちつかずですが…。
でも、若かりしフックさんの外見が意外とイケメンで驚きました。年を取るにつれて、だんだんと内面の邪悪さが表にでちゃったのかな。
コメントありがとうございました♪
2016/05/06 (Fri) 11:24  宵乃〔編集〕  

こんばんは☆

コメントにあった「実写版ピノキオ」(正確には「ピノッキオ」)が
オンエアしたので、見ました☆

>厳しいというか、観ててイラッとくるピノキオになってます(苦笑)

ホントにね~笑。
作品全部がそうなっていました・笑。

>オッサンが演じてるだけでも可愛くないのに、

もう、突っ込む気にもならない・笑。
他の人形には紐が付いていて、ピノッキオにだけは付いていないのに
出逢う人、出逢う人、皆「お人形さん、どこから来たの?」とか
言っちゃっているんですよ~!!!

ロベルト・ベニーニって知った瞬間、見るのをやめようかと思ったけど
(「ライフ・イズ・ビューティフル」の人」
まぁ本当に何と言って良いか???

>たぶん原作のピノキオは最初”思いやりの心”を持ってないんですよね。おじいさんがいなくなり、自分の居場所がなくなって初めて家族の大切さに気付いたという感じだったような…。かなり前に観たので間違ってたらスミマセン。

仰る通りだったと思います。
あれこれ同じようなエピソードは入っているけど、
実写版は多分、原作に近いんだと思います☆

>それを多くの人に愛されるキャラクターに仕上げたディズニーはすごいと思います。

そうですね~実写版とは比べ物にならなくて、
ある程度多くの人に受け入れられる、
あのキャラはもうピノキオそのものですし、
製作年度を考えると本当に凄い作品でしたね~。

忘れないうちにオンエアがあったので、お邪魔いたしました~♪


.
2016/10/05 (Wed) 19:35  miri〔編集〕  

>miriさん

あはは、こちらをご覧になりましたか。
ホント、イラっとしたでしょう?(笑)

> 他の人形には紐が付いていて、ピノッキオにだけは付いていないのに
> 出逢う人、出逢う人、皆「お人形さん、どこから来たの?」とか言っちゃっているんですよ~!!!

そうそう、「ただのオッサンだろ!」って突っ込みたくなりますよね。
これを見たのが「ライフ・イズ・ビューティフル」の後だったので、この主演の人が妙なこだわりがあるのは伝わってきました。
なんか、ディズニーのピノキオが原作と違うのに有名になりすぎて、自国の童話をないがしろにされたと思って作ったとか聞いたような気がしたんですが、完全にこれは失敗だったと思います。せめて可愛らしい子供を使っていれば…。

> あのキャラはもうピノキオそのもの

ですね~。オリジナルを越えてしまった罪なキャラクターです。
一応、他にも実写版の評判のいいドラマがあるそうで、そちらのピノキオは10歳くらいの可愛い少年が演じているらしいから観てみたいんですよ~。NHKでオンエアしないかしら。

> 忘れないうちにオンエアがあったので、お邪魔いたしました~♪

覚えていて下さって嬉しいです!
コメントありがとうございました♪
2016/10/06 (Thu) 08:09  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧