忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ネイビーシールズ」観ました

 | アクション  com(4) 

ネイビーシールズ
原題:ACT OF VALOR
製作:アメリカ’2012 110分
監督:スコット・ウォー 、マウス・マッコイ
ジャンル:アクション

【あらすじ】医師を装ってコスタリカに潜入したCIAエージェント、モラレスが何者かに拉致された。すぐさまネイビーシールズのローク大尉率いる“チーム7”が急行し、鮮やかに任務を遂行する。だが、彼女が探っていた南米の麻薬王クリストと東南アジアの国際テロリスト、アブ・ジャバールが、史上最大規模のテロを計画していると判明し…。

相変わらず顔が見分けられないので、きちんと観られたとは言い難いんだけども、映像がクリアで観やすく、話の流れもわかりやすかったので楽しめました。
拉致されたエージェントの救出作戦のくだりは本当に映像がきれいでドキュメンタリーかと見紛うほど。水の中からちょこっと顔をだして川を渡る様子や、おもちゃのような飛行機に取り付けられたカメラからの映像など、下手なSF映画よりもクール。
やけにリアルだと思ったら、本物のネイビーシールズの全面協力を得ていたんですか…そういえばどこかで聞いた気がする。
現在では兵器もかなりハイテク化が進んでいるみたいだから、リアルに描けばそれだけでSFっぽくなってくるんですね~。

作戦開始時はロボットみたいに見えた隊員たちも、仲間の負傷やピンチにはとても人間らしい感情を見せてくれるし、そもそも最初に家族との時間を大切にする姿をしっかり映していたので、見分けがつかなくても彼らに寄り添って観られるところもよかったです。
彼らも本物の隊員さんで役者としては素人だったそうですが、むしろ演技ではなく普段から想っている本当の気持ちだからこそ伝わるのかも。
また、何気に悪役も印象的で、大量殺戮の兵器で金儲けをしているくせに家族愛は強かったり。彼がエージェント?との駆け引きに見事に破れるくだりは人間くさかったです。
もう一人も、自爆テロを唆す時の優しい話し方がね…悪人も魅力的じゃないと人を動かせないんだろうなぁと思いました。

冒頭の爆破テロや中盤の拷問など惨いシーンでは、戦争モノを観ていて感覚が麻痺するいつもの感じになってしまったけど、上記のような描写で引き戻されました。
おかげで終盤の仲間を想う気持ちや、必死に自分の役割を果たそうとする姿にホロリ。
棺に金バッチみたいなのを刺していくのはどういう意味なのか気になって調べたところ、あれはトライデント(バドワイザー)というシールズ隊員の証で、これを棺に打ちつけるのは、敬意や「いつまでも忘れない」という思いを表しているそうです。
そして原題の意味は「勇気ある行動」。ローク大尉の行動と、手紙に綴られた「勇気あるところ常に希望が存在する」の一文にかかってるのかな。邦題はもうちょっと何とかしてほしかった気がします。似たタイトルの作品もあるし…。

ネイビーシールズ [Blu-ray]

■ Comment

よろしくお願いします

こんにちは。
この作品、その方面に詳しい人たちには重火器類の描写がリアルだと評判のようですね。
私にはさっぱりわかりませんでしたが。
22日から月末まで月曜火曜以外、全てブログDEロードショーの記事をアップする予定です。
あっっ、まだ火曜日の記事ができてない。汗
2016/04/21 (Thu) 21:42  ケフコタカハシ編集〕  

>ケフコさん

こちらもコメントありがとうございます♪
私も重火器などは詳しくないのでそこら辺はサッパリでしたが、リアルな緊迫感は伝わってきました。
わかる人にはより楽しめる作品なんでしょうね~。

> 22日から月末まで月曜火曜以外、全てブログDEロードショーの記事をアップする予定です。

おぉ、ありがとうございます!
たくさん観て下さって嬉しいです。無理のない程度に記事の更新がんばって下さいね~。
お互いファミリー映画を楽しみましょう♪
2016/04/22 (Fri) 10:39  宵乃〔編集〕  

こんばんは☆

この映画を見ました☆
緊張感続くシーンが多い中、ホッとするというか
「あぁもう大丈夫かも?」と思える良いシーンのイラストですネ~!

>映像がクリアで観やすく、話の流れもわかりやすかったので楽しめました。

仰る通りの作品でした☆

>とても人間らしい感情を見せてくれるし、そもそも最初に家族との時間を大切にする姿をしっかり映していたので、見分けがつかなくても彼らに寄り添って観られるところもよかったです。
>彼らも本物の隊員さんで役者としては素人だったそうですが、むしろ演技ではなく普段から想っている本当の気持ちだからこそ伝わるのかも。
>また、何気に悪役も印象的で、大量殺戮の兵器で金儲けをしているくせに家族愛は強かったり。彼がエージェント?との駆け引きに見事に破れるくだりは人間くさかったです。
>もう一人も、自爆テロを唆す時の優しい話し方がね…悪人も魅力的じゃないと人を動かせないんだろうなぁと思いました。

書かれたとおりの良い映画でした・・・が、
ちょっとキレイ過ぎたというか・・・
良いのですがね~~~

「ゼロ・ダーク・サ―ティ」という映画が
けっこうドキュメンタリー調で、しかも綺麗ではなく
その映画と見比べてしまったというか・・・
まぁどちらもそれぞれの良い味は出していたと思います☆

>そして原題の意味は「勇気ある行動」。ローク大尉の行動と、手紙に綴られた「勇気あるところ常に希望が存在する」の一文にかかってるのかな。邦題はもうちょっと何とかしてほしかった気がします。似たタイトルの作品もあるし…。

手紙を誰が誰に書いているのか、ハッキリと分かるシーンが好きです♪
原題通りの邦題の方が良かったですネ!

・・・「恐怖のメロディ」のご返信有難うございました。
私は年齢だけ上ですが、いろいろと勉強不足でお恥ずかしいです(笑)。
今後もいろいろと教えてくださいね~!!!


.
2016/07/05 (Tue) 18:44  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ!
いつもイラストにもコメントありがとうございます。
紙飛行機というのが、男の子の心をくすぐりそうですよね~。

> ちょっとキレイ過ぎたというか・・・
> 「ゼロ・ダーク・サ―ティ」という映画がけっこうドキュメンタリー調で、しかも綺麗ではなく、その映画と見比べてしまったというか・・・
> まぁどちらもそれぞれの良い味は出していたと思います☆

確かに、本物が出演しているだけあって、あまり汚い部分は映せなかったのかなぁという感じでした。「ゼロ~」は観たことがなくて「ブラックホーク・ダウン」とは比べてしまったかも。あっちは臨場感はあったけど、誰が誰だか見分けられなくて困りました。

> 手紙を誰が誰に書いているのか、ハッキリと分かるシーンが好きです♪

あのシーンは心に残りますよね。戦争ドラマは感情が麻痺しやすく、こういうシーンがあると戻ってきます。

> ・・・「恐怖のメロディ」のご返信有難うございました。
> 私は年齢だけ上ですが、いろいろと勉強不足でお恥ずかしいです(笑)。
> 今後もいろいろと教えてくださいね~!!!

いえいえ、私のはただの受け売りなので。
こちらこそmiriさんには教えられたことがたくさんあります。いつもありがとうございます♪
2016/07/06 (Wed) 07:41  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
ネイビーシールズという名の二作品見比べてみた
リメイクというのでもないようだけど、やたら似通ってます。 リアルさで言うなら2012年の物に、面白さで言うなら1990年の物に、私なら軍配を上げます。 映画「ネイビー・シールズ」作品情報 1990年の物は過去に一度観た覚えがあります。 特殊部隊という物にスポットが当てられた、最初の映画作品ではなかったかと記憶しています。 チャーリー・シーンとマイケル・ビーンというイケメ...
鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ|2016-04-21 20:12