忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(11/24~11/28)

 | まとめ感想  Comment(16) 

題名のない音楽会で「ゲーム音楽史の音楽会」をやってたから見た。ラストのゼルダはよかったな~。でも、FFのリコーダーはその道のプロの方じゃないと音が…。
とりあえず、馴染みの曲すぎるとアレンジを受け付けなくなるのがわかった。チープでもピコピコ音がいい(笑)

11/28 名探偵ポワロ6「砂に書かれた三角形」
今回は登場人物少ないし、事件自体は添え物なのかな。というか、ロードス島の美しい風景を汚す、一点のシミみたいな…。あと、劇中に流れるテーマ曲がトルコの弦楽器(ギターウードかな?)で演奏されてて良い感じ♪
11/27「ダイナマイトどんどん」
途中までは面白かったんだけど、マジで殴りこみに行ったところで切り替えができず無理だった。試合中にデッドボール狙うのも笑えないし…。上手くしゃべれない親分さんや、田中邦衛のキャラ、「ダイナマーイ!」「どん!どん!」の掛け声、監督の「ばっかも~ん!」などは良かったんだけどね~。
11/25「ブラザーサンタ」
どうもサンタクロースを題材にした作品って、人間の負の部分を見せて、それから色々あってクリスマスにはみんな優しい人間に、という流れが多い気がする。夢を忘れた人たち向け?個人的には、クリスマスに夢を見たことがないからこそ、夢いっぱいの作品を見たいんですけど…。とりあえず、この作品は終盤がご都合主義すぎる。
11/25「ドロップゾーン」
雑なところもあるB級アクション映画だけど、スカイダイビング中のトラブルで仲間を必死に助けるシーンや、助けに飛んだ仲間を信じてパラシュートなしで空中に飛び出すシーンなど、グッと来る描写もあったので楽しめた。敵も味方もスカイダイバーなので、最初から最後までスカイダイビングが堪能できます。でも、冒頭で飛行機に載せられたにゃんこたちがどうなったのかが気がかり…。
11/24「野火(1959)」
船越英二の、空腹と疲労で何も考えられないというような表情が素晴らしい。一番人間らしい表情をしてたのが、ラストの銃を向けるシーン。二人の間に存在する境界が印象に残ります。また、兵士たちがノロノロ歩く姿にロメロの「ゾンビ」を連想して(ここで感覚が麻痺 笑)、両者の意外な共通点は面白いと思いました。「オレが死んだら腕の肉食べていいよー」と言われて怖くなって逃げ出す主人公や、使える靴に履き替えて自分の靴を棄てるのを繰り返すくだりもクスリと笑えたり。何気にユーモアのある見やすい作品かも。

■ Comment

こんにちは☆

>11/28 名探偵ポワロ6「砂に書かれた三角形」
> 今回は登場人物少ないし、事件自体は添え物なのかな。というか、ロードス島の美しい風景を汚す、一点のシミみたいな…。あと、劇中に流れるテーマ曲がトルコの弦楽器(ギターウードかな?)で演奏されてて良い感じ♪

よくある内容でしたよね~そっくりなのを見たことあります。
音楽はそういえば仰るとおりでしたネ~!
ポワロさんのお髭が旅行仕様でお洒落でしたね♪

>11/27「ダイナマイトどんどん」
>11/24「野火(1959)」

いつか見ます・笑
その時にお話お願いいたしま~す☆


.
2015/11/29 (Sun) 14:13  miri  

>miriさん

いらっしゃいませ!
今回のポワロはありきたりで物足りなかったですね。
顔のアップでお髭には目がいったけど、旅行仕様でしたか(笑)
さすがこだわり派!気付いたmiriさんもすごいです!

> いつか見ます・笑
> その時にお話お願いいたしま~す☆

はい、お待ちしてま~す♪
2015/11/29 (Sun) 14:35  宵乃〔編集〕  

No title

 宵乃さん、こんばんは

「ダイナマイトどんどん」
>随分昔に一度観たきりで、ハッキリ書けませんが、
観た直後の感覚は今でも憶えています。
全く宵乃さんがお書きになったとおりで、
「途中までは面白かったんだけど」でした。
中盤迄、おバカファンタジーだったのにリアル話に切り替わっちゃって、どっちつかずの中途半端な作品でした。
「ダイナマーイ!」「どん!どん!」の掛け声
>この部分、公開前、TVCMでよく流れてて、声の調子、今でも憶えています。
(今となっては、殆ど「これ」と背番号のコトしか憶えてません(笑))

※昨日の15時にPC起動しようとしたら突然のフリーズ、さっき30時間ぶりに漸く復旧しました。
酷いPC音痴なもんで・・・。(汗)
2015/11/29 (Sun) 20:29  鉦鼓亭〔編集〕  

>鉦鼓亭さん

いらっしゃいませ!
ヤクザものが苦手と仰っていたので未見かと思ってました。
若い頃は割となんでも見られるけど、年を重ねるごとに嫌いなものをわざわざ見ようとは思わなくなりますよね。

> 「途中までは面白かったんだけど」でした。
> 中盤迄、おバカファンタジーだったのにリアル話に切り替わっちゃって、どっちつかずの中途半端な作品でした。

そうそう、冒頭の抗争も”人が死なないコメディ”という雰囲気だったのに、殴りこみでは急に生々しくなってしまって…。怖くなっちゃいました!

> >この部分、公開前、TVCMでよく流れてて、声の調子、今でも憶えています。
> (今となっては、殆ど「これ」と背番号のコトしか憶えてません(笑))

あの掛け声は耳に残りますね。CMで何度も聞いたら一生忘れられなさそう(笑)
そういえば背番号は賭け事に使うカードの模様っぽい感じで、あれも面白かったです。
面白いところもたくさんあったので、途中でついていけなくなってしまったのが残念でした…。

> ※昨日の15時にPC起動しようとしたら突然のフリーズ、さっき30時間ぶりに漸く復旧しました。
> 酷いPC音痴なもんで・・・。(汗)

それは大変でしたね。そういうのって突然なるから困ります。
パソコンの不調の原因は大抵、osやソフトのアップデート、新しいソフトの競合、メモリ不足、埃が詰まってるくらいかな…。
とりあえず、いらないソフトがあればアンインストールして、「アクセサリ」の「システムツール」あたりにある「ディスククリーンアップ」をやってみるといいかも。ファン周りのお掃除も効果的です♪(windowsじゃなかったらわからないです 汗)
2015/11/30 (Mon) 11:33  宵乃〔編集〕  

No title

宵乃さん

コメント途中、お名前が呼び捨てになってたのを漸く気付きました。
大変、失礼な事をしてしまいました。
誠に申し訳ありません。
ごめんなさい。
2015/11/30 (Mon) 12:07  鉦鼓亭〔編集〕  

引っ越しのお知らせ

先ほど引っ越しを済ませました!
細かい部分は追々片づけるつもりですが、当分不慣れで戸惑うのは覚悟・・・。
偶然にもお昼はお蕎麦をゆがいて食べてました。
URLに新居の住所を入れていますがうまくいくでしょうか?
2015/11/30 (Mon) 15:14  しずく編集〕  

>鉦鼓亭さん

ご丁寧にありがとうございます。
気にしなくても大丈夫ですよ〜。
呼び捨てだったことに、まったく気付いてませんでした(笑)
私もどこかでうっかりやってるかも!
2015/11/30 (Mon) 19:45  宵乃〔編集〕  

>しずくさん

お〜、さっそく引っ越してきて下さって嬉しいです。
期せずして引越しそばとはタイムリーですね。
これからもよろしくお願いします♪

> 細かい部分は追々片づけるつもりですが、当分不慣れで戸惑うのは覚悟・・・。

わからないことがあったら気軽におっしゃって下さい。
何でもお答えしますよ。

では、さっそく新しいブログへ伺って、コメントさせていただきますね〜。
2015/11/30 (Mon) 19:53  宵乃〔編集〕  

No title

こんばんは

「ブラザーサンタ」は何となく覚えてる程度ですが、ファミリーコメディと、ほろ苦い大人のファンタジーを両方取り入れようとしてとっちらかった印象でした。
キャストは豪華でしたね。ヒロインがレイチェル・ワイズだし、ケヴィン・スペイシーまで出てる(笑)

「ドロップゾーン」はウェズリー・スナイプスのやつですね。
格闘技系のアクションスターって、どうしても技ばかり注目されて
演技のほうはほとんど言及されない感ですが
(沈黙の人とかヴァンダムとか….まあヴァンダムは母国語がフランス語だから、英語圏の人から見たらぎこちない演技ってことなのかな、ヴァンダム好きだけど)
その点ではスナイプスが一番バランスが良かったように思います。
アクションは抜群で演技もなかなか、コメディもいけたし。

それはさておき、「ドロップゾーン」は巨匠になる前、若い気鋭の作曲家だったハンス・ジマーの音楽がめちゃめちゃかっこいい!
今でもサントラ聞いてますが、全く飽きません。こういう時、映画音楽ファンでよかったな~と実感します。
ゲーム音楽といえば最近はフルオケを使うことも多いそうですが
ピコピコサウンドも独特な魅力がありますよね


2015/12/04 (Fri) 00:20  バーンズ  

>バーンズさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます♪
「ブラザーサンタ」はホント、バランスが悪いというか、脚本が練られてないというか、残念な感じでしたね。
スペイシーは「アメリカン・ビューティー」で素晴らしいなと思ったばかりでしたが、あの眼鏡の調査員を演じてたのが彼でしたか(汗)
せっかくの豪華キャストを活かせないとは…!

> (沈黙の人とかヴァンダムとか….まあヴァンダムは母国語がフランス語だから、英語圏の人から見たらぎこちない演技ってことなのかな、ヴァンダム好きだけど)

ヴァンダムさん、フランス…じゃなくてベルギーの方だったんですか~(ポワロさんと同じだ!)。
彼の作品でパッと思い浮かぶのは「HELL ヘル」です。獄中でストイックに耐える姿が素敵でした。
でも、なぜか他の出演作があまり思い出せない…いくつか見てるはずなんだけどなぁ。

> その点ではスナイプスが一番バランスが良かったように思います。
> アクションは抜群で演技もなかなか、コメディもいけたし。

そうですね、スナイプスの名前に釣られて見たようなものです(笑)
ブレイドシリーズの寡黙な男とはうって変わって、コミカルな演技で魅せてくれました。

> 若い気鋭の作曲家だったハンス・ジマーの音楽がめちゃめちゃかっこいい!
> 今でもサントラ聞いてますが、全く飽きません。こういう時、映画音楽ファンでよかったな~と実感します。

そうそう!音楽がカッコよかったですよね~!
スカイダイビングの爽快感とか開放感が、音楽によってさらに盛り上がってたと思います。
バーンズさんのお気に入りでしたか。もっとじっくり聴いておけばよかった!

> ゲーム音楽といえば最近はフルオケを使うことも多いそうですが
> ピコピコサウンドも独特な魅力がありますよね

共感して頂けて嬉しいです♪
あの少ない音の組み合わせで生み出される中毒性…今になっても忘れられないです(笑)
2015/12/04 (Fri) 12:01  宵乃〔編集〕  

こんばんは

CrystalDiskInfoをDLしてみたら、
HDDは問題なくて、むしろ、内臓HDDのほうに「注意」と出ました^;
うーん、傷でもついているかな?^;

ブラザーサンタ
確かに、夢を忘れた大人が、クリスマスの夢にひっかかる…的な話は多いですね
「ほんとうにあったんだ、サンタランド!子供の頃にさえ信じてなかったのに!」みたいな。
2015/12/08 (Tue) 19:41  maki編集〕  

>makiさん

> HDDは問題なくて、むしろ、内臓HDDのほうに「注意」と出ました^;

あ〜、そっちの方でしたか。
直接の原因かどうかはわかりませんが、思い切って買い換えるか、急がないならこれからもたまにチェックした方がいいかもしれません。「代替処理済のセクタ数」と「代替処理保留中のセクタ数」の生の値が増えていくようなら注意が必要かも。

>工事時にネット繋げてくれる人が変なのはいってますよと消してくれた

あ、そういう意味だったんですね。勘違いしてました、すみません(汗)
アンチウイルスソフトの他に、常駐しないMalwarebytes Anti-Malwareというフリーソフトを併用してますが、軽くて使いやすいですよ。最近は一つのソフトじゃ安心できません。

> 確かに、夢を忘れた大人が、クリスマスの夢にひっかかる…的な話は多いですね
> 「ほんとうにあったんだ、サンタランド!子供の頃にさえ信じてなかったのに!」みたいな。

そうなんですよ、ワンパターンですよね。
だからこそ、質が良くないと楽しめないという…。
たまには正統派を見たいです!
2015/12/08 (Tue) 21:13  宵乃〔編集〕  

おはようございます☆

>11/27「ダイナマイトどんどん」
> 途中までは面白かったんだけど、マジで殴りこみに行ったところで切り替えができず無理だった。試合中にデッドボール狙うのも笑えないし…。上手くしゃべれない親分さんや、田中邦衛のキャラ、「ダイナマーイ!」「どん!どん!」の掛け声、監督の「ばっかも~ん!」などは良かったんだけどね~。

こちらもやっと見ました☆
宵乃さんの仰る良い点はよく分かります。
「切り替えができず」ということも・・・ただ、

私は殴り込みのところは「所詮任侠映画だし」と思ったのですが、最後の試合のあまりの酷さに(一応、野球は多少好きなので)もうガックリでした。

でも、懐かしい、今ではあまりお目にかからない俳優や、この頃からスタイルを確立した俳優や、ちょっと違う感じの女優、何と言っても私たちが一番好きな頃の輝いていた主演の文ちゃん、そしてあの頃の雰囲気の全て・・・そういうノスタルジックなところに惹かれました(私が高2~3くらいの映画です、公開当時の宣伝も覚えています)。

あとラストの感じが好きです♪
でも、お若い方には・・・ねぇ(笑)。


.
2016/01/10 (Sun) 07:45  miri〔編集〕  

>miriさん

> 最後の試合のあまりの酷さに(一応、野球は多少好きなので)もうガックリでした。

ホント酷かったですよね~。スポーツマンシップのかけらもなくて。
嫌になって、半分寝てました(笑)

> でも、懐かしい、今ではあまりお目にかからない俳優や、この頃からスタイルを確立した俳優や、ちょっと違う感じの女優、何と言っても私たちが一番好きな頃の輝いていた主演の文ちゃん、そしてあの頃の雰囲気の全て・・・

こういう菅原文太さんは始めて見たけど、寅さんより好きかも。
懐かしさはわかりませんが、時代の空気は伝わってきました。良く知ってる方にはたまらないでしょうね~。

> あとラストの感じが好きです♪

あのラストは結構良かったです。でも、またあの不毛な野球もどきをやるのかと思うと…(汗)
コメントありがとうございました。
2016/01/10 (Sun) 11:04  宵乃〔編集〕  

こんにちは☆

>11/24「野火(1959)」

やっと見ました。
昨年は10分くらいでギブアップしたのですが
今回はするする~っと見られました☆

> 船越英二の、空腹と疲労で何も考えられないというような表情が素晴らしい。

そうですね~。
でももうちょっと痩せても良かったような?
いや、他の俳優さんがすごく痩せていたし、一応「肺病」なのにね~???

>一番人間らしい表情をしてたのが、ラストの銃を向けるシーン。二人の間に存在する境界が印象に残ります。

ラストよりちょっと前のシーンですネ?
本当に良かったです。
ラストシーンの、野の火に向かって歩く、後ろ姿も素晴らしかったです!

>また、兵士たちがノロノロ歩く姿にロメロの「ゾンビ」を連想して(ここで感覚が麻痺 笑)、両者の意外な共通点は面白いと思いました。

あ、そうなんですか?
私は遠藤の小説の一節(色々な本の中にある、こういうシーン)が浮かびました。。。

>「オレが死んだら腕の肉食べていいよー」と言われて怖くなって逃げ出す主人公や、

実際、あの部分なら食べられても痛くないような???

>使える靴に履き替えて自分の靴を棄てるのを繰り返すくだりもクスリと笑えたり。

ちょっと笑えなかった・・・。

>何気にユーモアのある見やすい作品かも。

でも、良い意見だと思います。
どちらにしても、私たちは現実にその事を知らないので、こういう映画を見て、それぞれに感じるのが良いのだと思います・・・。

私はとにかく怖かったです。。。
でも、見て良かったです。
宵乃さんとお話できるのも、嬉しいです♪


.
2016/04/09 (Sat) 11:01  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ。「野火」へのリベンジ成功おめでとう~!
船越さんの表情は今でも目に浮かびます。もっと痩せていたらよりリアリティ出てたでしょうけど、私的には健康体の人が役のために太ったり痩せたりするのはあまり好きじゃないですね。本人がやる気なら仕方ないとは思うものの、それを周りが求めたらブラック企業に勤める人と同じです。
でも、太りすぎの人が役作りのためにダイエットするのはいいと思います(笑)

> ラストシーンの、野の火に向かって歩く、後ろ姿も素晴らしかったです!

そうそう、あの終盤からラストにかけて素晴らしかったですよね。
最後まで見てよかった~と思えます。

> あ、そうなんですか?
> 私は遠藤の小説の一節(色々な本の中にある、こういうシーン)が浮かびました。。。

あそこからゾンビ映画を見てる気分になっちゃいました。絵空事と思って観ていい作品じゃないですが(汗)

> 実際、あの部分なら食べられても痛くないような???

え、生きてる時にですか?

> でも、良い意見だと思います。
> どちらにしても、私たちは現実にその事を知らないので、こういう映画を見て、それぞれに感じるのが良いのだと思います・・・。

そうですね、観る人によって、そして観たタイミングによって、それぞれの感じ方があっていい作品でした。わたしも10年20年したら再見して、感じ方の変化を確認してみたいです。

> 私はとにかく怖かったです。。。
> でも、見て良かったです。
> 宵乃さんとお話できるのも、嬉しいです♪

miriさんのように怖いと感じる人が大半だと思います。私が戦争映画で感覚が麻痺するのは、拒絶反応なのかな。
これからもこういう作品にもチャレンジして、色々お話したいですね~。
コメントありがとうございました♪
2016/04/10 (Sun) 07:48  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
ブラザーサンタ
こういうの実際あるわ…と思ってしまった、兄弟2人の確執とまではいかないすれ違い。 サンタ村の中の様子や設定などは、やはり面白くて楽しいです。そしてそれら王道の設定をつかったユニークな展開にクスリと笑えちゃいます 意外にも猛スピードのそりも、そりゃそうだよねあのスピードじゃないと世界中を回れないよねと納得!(乗ってみたいな〜〜〜) 兄弟へのちょっとした劣等感みたいなのをうまーく利用したス...
いやいやえん|2015-12-08 19:43