忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ハプニング」観た

 | ホラー/パニック  Comment(10) 

ハプニング
原題:THE HAPPENING
製作:アメリカ’08
監督:M・ナイト・シャマラン
ジャンル:サスペンス/ミステリー

【あらすじ】ある日、NYのセントラルパークで突然、人々が自らの命を絶った。その不可解な出来事は、やがてアメリカ全土へ拡がっていく。人々がパニックに陥るなか、フィラデルフィアの高校教師エリオットは、妻のアルマたちと共に安全な場所を求めて避難を開始するが…。

ミステリー企画第一弾の作品は、なにやら巷では評判の悪いらしいこの作品にしてみました。普通に面白かったです。
まあ、人に勧められる作品じゃないし、何度も見返したい作品かというとそうでもない…。でも、ホラースイッチ入った私的には、悪趣味ながら十分ハラハラさせられ、最後まで引っ張ってくれる(妄想を掻きたてる)ホラー寄りミステリーでした。
残酷描写が苦手な人や、シャマラン監督と聞くと反射的に”どんでん返し”を期待するような人には向かないでしょう。あと、残酷描写目当てにホラーとか見る人には、逆に物足りないようで…。
確かにB級っぽさはあって、自殺に至るまでが想像できないようなシーンがあったり(ロープを手に外に出て木に登ってから首吊った?)、みんなまるで経験者のようにテキパキと確実に死んでいく様子は、その画を撮りたい気持ちが先行してる感じがしました。私はB級作品好きだからいいけど。

良かったところは、目に見えない何かに怯え、必死に生き残る道を考える主人公たちや、恐怖から保身的で攻撃的になる人々の姿、何かが起こっていると感じさせる風の不気味さなどかな。自分でもよく分からないけど、終末モノって妙に惹かれるんです。
危機を乗り越えていくうちに心のわだかまりを解消し、夫婦の絆を取り戻す展開はベタながらホッとしました。通信管ごしの会話がロマンティック!
ラストは意味深な感じで収束するんだけども、そんなことより妊娠したとわかって家の前でルンルンしながら待ってる奥さんが可愛すぎて、これだけでも観る価値あるかなぁと思ってしまいました。
「生半可な気持ちで娘の手をとるな」というようなことを言われ、それに応えるように最後まで頑張った奥さんなら、愛する家族と一緒にこれから起こる危機も乗り越えられると思えます。

<以下、ネタバレ>
植物が攻撃を仕掛けるのは、人間がたくさんいる場所か、怒りを発している人間の周りだけだったので、最後に彼らが助かったのは”丁度収束した時だったから”だけではなかったと思うんですよ。
エリオットとアルマが忘れてしまったという”愛の色”は、おそらく黄色でしょう。前半でジェスに「黄色は笑いたいときの色だ」と言っていたけれど、あれは彼女を元気付けるための出まかせで、あの時の彼女の感情は”母親に会いたい。ずっと一緒にいたい”というものだったはず。
それはエリオットのムードリングが黄色だった終盤も同じですよね。
人間が愛を感じた時、誰かと一緒にいたいと強く望んだ時に起こる体の反応こそが、毒を中和する特効薬だったのかもしれません。

<書き忘れ>昔から「グリーン・レクイエム」という作品が大好きで、その中に「植物は太古の昔、地球を支配するほど繁栄していたが、その時代の生物には有毒な酸素を大量放出して死の星にするところだった」というような台詞があるんですよ。
それが印象に残っていたのでこの映画の設定もすんなり受け入れられたし、太古の生物が偶然ミトコンドリアを細胞に取り込み酸素を無害化できたように、偶然よくわからないまま主人公たちが生き延びたとしてもおかしくないと思えました。
また、”わからない”ことはとても恐ろしくて、強引でもいいから推測と憶測に基づいた推理を展開し「助かるための行動をとっているんだ」と自分を安心させる主人公には共感できます。

関連記事
「アンブレイカブル」観ました
B003QUCYJG ハプニング [Blu-ray]

■ Comment

No title

なるほど、そんな裏事情?もあったのかもしれませんね。
色々と想像が出来る本作ですけど、悪くなかったですよね
不気味で、淡々としていて絶望的ながら、
最後まで手を離さなかった愛も感じられて。
正直きちんとは覚えていないのですけれど、
なかなか見ごたえが合ってスリリングで、
私は好きだったのは覚えています
シャマランさんの新作も楽しみです★
2015/10/24 (Sat) 11:47  maki編集〕  

>makiさん

いらっしゃいませ!
そうそう、観る人によってさまざまな解釈が出来る作品なので、「オチがねー!」と怒る前に色々想像してみた方が楽しいのになぁと思います。

> 不気味で、淡々としていて絶望的ながら、
> 最後まで手を離さなかった愛も感じられて。

死体ばかり積みあがって行って最初はどうなることかと思ったけど、最終的には愛が感じられる作品でしたね。やはり絶望のなかでこそ、愛とか希望とか普段口にするのはちょっと恥ずかしいようなものが輝いて見えて、それがとても映画らしくてよかったです。

> シャマランさんの新作も楽しみです★

お、新作が出るんですね!?
楽しみです~♪
2015/10/24 (Sat) 13:26  宵乃〔編集〕  

シャマラン

だか、シャラマンだかの映画、わりと好み。
ミステリーとホラーに近いところですよね。
神秘主義っぽい感じも。
公開されたもの、けっこう観に行ってるんじゃないかなあと思います。
明日「ヴィジット」観てきますよ。
2015/10/24 (Sat) 20:14  ボー編集〕  

>ボーさん

結構ぼろくそ言われてることが多い監督さんですけど、ファンも多いですよね。
再見するようになったら私も好きになってきて、この作品はジャンルが好みなのもあって、なおさら楽しめました。

> 公開されたもの、けっこう観に行ってるんじゃないかなあと思います。
> 明日「ヴィジット」観てきますよ。

おぉ~、新作をご覧になるんですね!
彼の作品は映像もキレイだし、劇場の大きな画面で映えそうです。
存分にシャマランワールドを堪能してきて下さい♪
2015/10/25 (Sun) 14:12  宵乃〔編集〕  

No title

コメントありがとうございます

これに限らず、終末パニック映画は
序盤の「何かやばそうな事態になりつつあるんだけど」っていう
どれも面白いというか、わくわくさせられます

いざパニックが始まると盛り下がっちゃう作品もあるけど。
キアヌの地球のやつはそうだったな。

シャマラン監督の作風はサスペンスと同時にファンタジーでもあるように思います。スピリチュアルというか目に見えないものを毎回取り上げてる。リアルな犯罪ものとかは想像できない(笑)
2015/10/27 (Tue) 11:44  バーンズ  

>バーンズさん

いらっしゃいませ!
そうそう、不穏な空気が漂ってる序盤が一番ワクワクしますよね。
キアヌの「地球が静止する日」でしたっけ?
確かに、あれは酷かった…(笑)

> シャマラン監督の作風はサスペンスと同時にファンタジーでもあるように思います。スピリチュアルというか目に見えないものを毎回取り上げてる。リアルな犯罪ものとかは想像できない(笑)

色んなジャンルに挑戦しているけど、基本的にはそういうのが好きなんでしょうね。
彼の持ち味の一つだと思います。

新作の評判はどうなんでしょ。私の苦手なPOVということで観る気があまり起きないです…。
2015/10/27 (Tue) 14:10  宵乃〔編集〕  

グリーン・レクイエム

>植物は太古の昔、地球を支配するほど繁栄していたが、その時代の生物には有毒な酸素を大量放出して死の星にするところだった

タイトルは知っていたんだけどこんな小説だったとは思いもしませんでした。
新井素子さんのSF小説なんですね。
興味が湧いて早速図書館へ予約を入れましたよ。

ありがとう!
2015/10/28 (Wed) 14:31  しずく〔編集〕  

>しずくさん

いらっしゃいませ!
大昔の記憶を手繰り寄せて書いたので、実際の台詞とはかなり違うかもしれませんが、とても衝撃を受けた台詞だったんですよね。植物がないと困るけど、植物も増え続けたら生態系のバランスを崩すんだから、人間と植物のどっちが良いとか悪いとかじゃないんだ!と気付かされました。
(”人類は地球にできた癌”みたいな気持ちが強かった頃なので…)

> 興味が湧いて早速図書館へ予約を入れましたよ。

嬉しいです♪
家のどこかにあると思うので、私も再読してみますね。
2015/10/28 (Wed) 15:31  宵乃〔編集〕  

こんにちは。

>人間が愛を感じた時、誰かと一緒にいたいと強く望んだ時に起こる体の反応こそが、毒を中和する特効薬だったのかもしれません。

この特効薬、ステキだと思います。
この作品では謎が明確には打ち出されていないため、あとであれこれと考えることができるのが楽しかったです。
そのためにいろいろな人の見かたが発見できるのもよかったですね。

植物世界って佐々木淳子さんの漫画「ダークグリーン」にもありましたね。

トラックバックさせて頂きました。
2015/11/19 (Thu) 16:57  白くじら編集〕  

>白くじらさん

> この特効薬、ステキだと思います。
> この作品では謎が明確には打ち出されていないため、あとであれこれと考えることができるのが楽しかったです。

ありがとうございます♪
そうそう、あれこれ想像(妄想)して楽しむタイプの作品でしたよね。私はどちらかというと、映画だけで完成してる作品より、見る人がいて初めて完成するような作品が好きなので、この作風はツボでした。
他の人の色んな感想を読むのも楽しくて、一粒で二度おいしい作品です。

> 植物世界って佐々木淳子さんの漫画「ダークグリーン」にもありましたね。

面白そうなマンガですね!
昔から樫の木おじさん(byおかあさんといっしょ)が大好きだったので、意思をもつ植物に惹かれるんですよ。機会があれば読んでみたいです。
コメントありがとうございました♪
2015/11/20 (Fri) 07:41  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
ハプニング
科学で理由付けしても、それは理論でしかない。 2008年(The Happening) 製作国:アメリカ 監督:M・ナイト・シャマラン 製作:M・ナイト・シャマラン、サム・マーサー、バリー・メンデル 撮影:タク・フジモト 音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード amazon.co.jpで詳細を見る…
MOVIE-DIC|2015-11-19 16:41
「ハプニング」
ある日、突然、人々が次々と死んでゆく。 その理由は不明。
或る日の出来事|2015-10-24 20:06
ハプニング
M・ナイト・シャマラン作品です 「なにか」が起こってるわけではない、見えない恐怖が襲ってくる作品。人々が集団で淡々と次々に死んでいく様がなかなかに怖い…。特に集団首吊りはあれはやばいよ… けっこうハラハラさせられました。そう長い作品でもないですし緊迫感が続くのもよいですね。 「軽い気持ちでこの子の手を触るなよ」親友のここのシーン、ハッとしてしまいました。この人、本気なんだ、と思って。当...
いやいやえん|2015-10-24 11:48