忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(9/29~10/10)

 | まとめ感想  Comment(9) 

とりあえず、感想を書いてから更新までの期間を短くすべく(記憶が薄れる前に)、半分の5作品でまとめることにしました。いつも読んでくれている皆さん、本当にありがとうございます♪

10/10「ブロークン・トレイル 遥かなる旅路」
再見して過去記事に追記しました。
10/5「無法松の一生(1958)」
序盤で松五郎が暴れだして、不快すぎて観るのやめようかと思ったけど、仲裁に入ったおじさんが言いたいこと全部言ってくれたのでスッキリした。あと、まるで家族のように「坊やが発表会で1番よかった」と誇らしげにしてる松五郎と、(数年後)息子のことを「吉岡さん」と呼んでと悪気なく言ってしまう奥さんの残酷さが泣ける。旦那一筋なのはわかるけど、せめて下の名前で呼ばせてあげて…。祇園太鼓もよかった。
9/30ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~ 「落胆するのも人生の糧 グレース・ケリー」
彼女のこと、ぜんぜん知らなかったので、一気に見る目が変わったかも。強い女性だったんですね…。「落胆することも人生の糧。大切なのは、悔やまず前に進むこと。」というセリフが胸に沁みます。このセリフは彼女の遺作で未完の「Rearranged (1982)」のもの。観てみたかったなぁ。
9/29「メリダとおそろしの森」
得体の知れないものを食べさせた母親が倒れても心配せず、自分の行いを悔いるのも遅すぎなヒロインで、嫌いというより現実感がなかった。お姫様の責任とか以前の問題ですよねー。でも、弓を射るヒロインは好きです。これをもっと物語に活かせてたらなぁ。
9/29「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」
行き当たりバッタリ感のあったTVシリーズより、上手にまとめてあって見やすく楽しめた。職業ヒーローという設定を生かしつつ、悩み苦しんでる時に家族や仲間の絆がきっかけで立ち直る王道展開も熱い。ただ、ネイサンが立ち直るくだりはあっさり描きすぎかも。なんかハリウッドで実写化するらしいですね。この作品とロン・ハワードの名前が並ぶ日が来るとは思わなかった(笑)

■ Comment

こんにちは

→メリダとおそろしの森
地味ですが、世界観は作りこんであって、質感も素晴らしいし
「歌がないアナ雪」よりはストーリーが好きかもしれません
母娘って難しいよね…
そこをうまく描いた作品だったと思います
同性嫌悪とかありますしねー同じ女だからこそわかることも、憎む事も、色々ありますもの
メリダの自分の運命を決める一矢がかっこよかった
2015/10/10 (Sat) 16:14  maki編集〕  

こんばんは☆

>とりあえず、感想を書いてから更新までの期間を短くすべく(記憶が薄れる前に)、半分の5作品でまとめることにしました。

わーい、わーい、嬉しいなっと☆
記憶が大切なら、作品数よりも、時間で決めるのも良いかも?
どちらにしても、楽しみにしています♪

>10/10「ブロークン・トレイル 遥かなる旅路」
> 再見して過去記事に追記しました。

いずれ見て、本記事にお邪魔させて頂きますね~♪

>10/5「無法松の一生(1958)」
> 序盤で松五郎が暴れだして、不快すぎて観るのやめようかと思ったけど、仲裁に入ったおじさんが言いたいこと全部言ってくれたのでスッキリした。

ほほほほほ・・・。

>あと、まるで家族のように「坊やが発表会で1番よかった」と誇らしげにしてる松五郎と、(数年後)息子のことを「吉岡さん」と呼んでと悪気なく言ってしまう奥さんの残酷さが泣ける。旦那一筋なのはわかるけど、せめて下の名前で呼ばせてあげて…。

旦那一筋ではなく、息子一筋、松の事は便利屋さん程度の認識なので仕方ないですが、アレがラストへ向かうターニングポイントになったように思いますね~。

>祇園太鼓もよかった。

ハイ、自分の能力というか、そこまでは思わなかったのかもしれないけど、自分を現わしたかったように思いますね~。 こころの叫びのように☆

私は、えらいこと気に入ってしまいました☆ 記事にはしないと思いますが、やはり三船さんは凄い俳優でしたのねと再確認、デコちゃん(高峰秀子)のこういう役柄の似合う事! 稲垣監督は上手だなぁ・・・と、思いました☆

>9/30ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~ 「落胆するのも人生の糧 グレース・ケリー」

見なかったんですけど、この前見た映画で同じような事を多分言っていたと思います。 あの映画でも今まで思われていたような人間ではなかったと、ほとんどの人が思うと思うし・・・。 まぁスクリーンで生きる彼女の役柄は永遠に不滅なので今後も楽しみたいと思います♪


.
2015/10/10 (Sat) 18:59  miri〔編集〕  

>makiさん

あはは、「歌がないアナ雪」ですか。未見ですが、それは観る気が起きないかも!
世界観自体は面白かったですよね。伝説と魔女の関係とか、謎の人魂がいる森とか、個性的な王族とか。
案外、続編をつくったら成功するかも。あの三つ子の冒険とか見てみたい気がします。

> 母娘って難しいよね…
> 同性嫌悪とかありますしねー同じ女だからこそわかることも、憎む事も、色々ありますもの

ですね~、中世ファンタジーでありながら、現代にも通じるテーマを描いていたと思います。
最初にもう少し母親のことを心配する描写があれば、入り込めた気がするんですが…。

> メリダの自分の運命を決める一矢がかっこよかった

真ん中の真ん中を射抜く!
神業でしたね。
2015/10/11 (Sun) 11:33  宵乃〔編集〕  

>miriさん

> 記憶が大切なら、作品数よりも、時間で決めるのも良いかも?
> どちらにしても、楽しみにしています♪

週一とどちらにしようか迷ったんですが、1本しか書くことがない時とか寂しすぎるなと思って(笑)
こんな拙文を楽しみにしていただけるなんて、ありがたくて涙が出ます!!

> 旦那一筋ではなく、息子一筋

確かにそうなんだけど、旦那さんを愛すればこそなのかなぁと。息子の成長を旦那さんが見ていてくれると、常に意識していたように感じました。
あの一言で、それを見ないようにして寂しさを紛らわしていた自分に気付いたのかな…。それを”汚れている”と思ってしまう彼の純粋さが切ないです。

> ハイ、自分の能力というか、そこまでは思わなかったのかもしれないけど、自分を現わしたかったように思いますね~。 こころの叫びのように☆

ホント、彼の気持ちが一打一打に込められていました。それが聴いている人たちの心にも届いたんでしょうね~。

> 三船さんは凄い俳優でしたのねと再確認、デコちゃん(高峰秀子)のこういう役柄の似合う事! 稲垣監督は上手だなぁ・・・と、思いました☆

miriさんのお気に入り作品になりましたか。オリジナルもいいらしいけど、やはり三船さんのも観ておきたいと観たかいがありました。私も女優さんがはまり役だったと思います!

> 見なかったんですけど、この前見た映画で同じような事を多分言っていたと思います。 あの映画でも今まで思われていたような人間ではなかったと、ほとんどの人が思うと思うし・・・。 まぁスクリーンで生きる彼女の役柄は永遠に不滅なので今後も楽しみたいと思います♪

グレース・ケリーというと”金髪の女優さん”という認識しかなかったので、いろいろ知ることができて良かったです。そちらの映画はmiriさん的に女優さんがイマイチだったんでしたっけ?
こういうのはドキュメンタリーの方が万人に受け入れやすいと思います。まあ、こっちはコメンテイターの一人が嫌な感じでしたけど(汗)
彼女の演技力を世に認めさせたという「喝采」を観てみたいです!
2015/10/11 (Sun) 12:00  宵乃〔編集〕  

>miriさんへ2

大事なことが抜けてました(汗)

> 旦那さんを愛すればこそなのかなぁと。

これは、女手一つで息子を育てたことについてです。
彼女なら再婚も望めばすぐできたと思うので。
2015/10/11 (Sun) 21:21  宵乃〔編集〕  

No title

こんにちは!
メリダは随分、前に見ていて内容の記憶が全くありません(汗)
確か、寝オチしたような・・、と自分の記事を調べると
当たってて嬉しかったです(笑)

>でも、弓を射るヒロインは好きです。これをもっと物語に活かせてたらなぁ。

確かに!!
弓をいる姿がカッコ良かったことは覚えてます!!(^.^)
いろいろ難しいですね、、(^▽^;)
2015/10/12 (Mon) 11:41  take51  

>take51さん

あはは、寝落ちしてしまいましたか。
ピクサーだけあってCGは素晴らしかったんですが、残念。
きっとお仕事で疲れてらしたんですね!

> 弓をいる姿がカッコ良かったことは覚えてます!!(^.^)

ですよね!
冒険ファンタジーを期待してたので、もう少し弓で活躍してほしかったです。
いっそのこと、姫の珍道中とか描いた続編がほしいです(笑)
2015/10/12 (Mon) 15:16  宵乃〔編集〕  

こんにちわ

「メリダとおそろしの森」
映像の美しさは素晴らしかったですね。
母が熊になっちゃったときは「はぁぁ???」って感じでしたが、全体的に楽しく見ることが出来ました☆^^
2015/10/14 (Wed) 15:30  mia☆mia  

>mia☆miaさん

いらっしゃいませ!
母がクマになるくだりは、子供だったらすんなり受け入れられるのかな?
斬新すぎる展開です(笑)
良いところもたくさんある作品なので、ディズニーみたいにOVAやテレビアニメで続きをやっても良さそうですよね~。
2015/10/15 (Thu) 12:46  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
メリダとおそろしの森
あっそうなんだ…これは邦題から誤解が生まれますね。てっきり北欧の森が舞台の魔女と魔法のファンタジック・アドベンチャーになるものと思い込んでしまう。実際のところは森自体はそんなに重要なファクターじゃない。 赤毛のふわふわとした髪の質感が素晴らしいです。メリダは馬を駆って弓矢を射る勇ましい王女で、お転婆。運命を自分の力で取り戻そうとするのは格好良かった。 教訓的なストーリーを軸に、同性で...
いやいやえん|2015-10-10 16:11