忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ダーク・ウォーター」観た

 | ホラー/パニック  Comment(4) 

ダーク・ウォーター
原題:DARK WATER
製作:アメリカ’04
監督:ウォルター・サレス
原作:鈴木光司
ジャンル:ホラー/サスペンス

【あらすじ】離婚調停中のダリアは、5歳の娘セシリアの親権をめぐって元夫と争っていた。娘と一緒に暮らすため、NYのルーズベルト島にある薄汚く不気味だが安いアパートを見つける。母娘ふたりの新生活が始まるが、寝室の天井にある黒い染みが日に日に大きくなり、黒い水までしたたり落ちてくるようになり…。

きも試し参加第二弾ということで「仄暗い水の底から」のリメイクを再見してみました。
とりあえず、邦画と比べると怖さはかなり薄れてましたね~。といっても、「仄暗~」はかなり前に観たのであまり覚えてませんが、ジャパニーズ・ホラーの十八番であるジメジメ感や不気味さでやっぱり見劣りしてると思います。

ただ、元からこのハリウッド版はホラーより母子愛を中心にしているようで、母親に棄てられたトラウマを抱えながら、必死に娘のよき母になろうと頑張るダリアの様子が健気です。
あんなアパートさっさと引っ越せよとも思いますが、なまじ意思が強いから、親権を得るために耐えねば…と我慢してしまうんですよ。父親が(彼女からみて)信頼ゼロの浮気野郎なのでなおさら。
何より、娘のセシリアちゃんが可愛い。とっても素直な(思ったことはハッキリ言う)お母さん想いの子供らしい子供で、守ってあげたくなります。
転校初日の朝に、髪を結いつつ挨拶の練習をする母子の姿に胸キュン!
そんな彼らの幸せがずっと続いて欲しいと思うからこそ、アパートで起こる不気味な出来事や、いかにも怪しい管理人などの不安要素にハラハラしてしまいました。

クライマックスは、娘を想う母の選択に感動する場面なのかもしれないけど、個人的にはもっとやれることを全部試してからにしてほしかったですね。せっかく強化ガラスにヒビが入ったのに、そこで諦めるの!?みたいな。
オリジナル版に比べて強い母だった気がするので、ここは違和感ありました。たぶんオリジナルの方が納得できる展開だったと思う…。
ただ、その後のエレベーターのシーンはハリウッド映画らしくて良かったです。
口が上手くて、契約のためなら通行人まで利用する大家とか、面倒ごとを避けることしか頭にない管理人など、霊より利己的な人間が怖い作品でした…。

関連記事
「セントラル・ステーション」観ました
B000ELL1OO ダーク・ウォーター プレミアム・エディション (初回限定生産) [DVD]

■ Comment

こんばんは

娘と生きていこうと必死になる母親の姿と
その選択に、涙する物語でしたね
でも…自分が娘だったら、
やだやだおかあさん!!ってなると思います(笑)
母だけ先に行っちゃうなら、
私も一緒に行くってなりそう。
オリジナルの仄暗い~はあとからみたのですが、
このリメイク版はなかなか忠実につくってあったのだと気づいて、あとから好感触でした
2015/08/16 (Sun) 20:09  maki編集〕  

かなり昔に見たので、

かなり昔に見たので、記憶がほとんどありませんが、好印象はあります。
リメイクとしては悪くないと。あ、ナオミ・ワッツさんの「ザ・リング」も好き目だったので、ホラーリメイクは嫌いじゃないのかも?
肝試し大会…私もホラーはたまに見ますけど…。
2015/08/17 (Mon) 09:51  ボー編集〕  

>makiさん

> でも…自分が娘だったら、
> やだやだおかあさん!!ってなると思います(笑)

自分をかばって大好きな母親が亡くなったりしたら一生引きずりそうですよね。ハローキティがほしくて「ここに住みたい!」とか言ってしまったし。
エレベーターのエピソードがなかったら感動どころじゃなかったかも!

> オリジナルの仄暗い~はあとからみたのですが、
> このリメイク版はなかなか忠実につくってあったのだと気づいて、あとから好感触でした

これだけ忠実に作ってあると、Jホラーとハリウッド作品の雰囲気の違いもハッキリわかって面白かったです。オリジナル版へのリスペクトが感じられましたね~。
2015/08/17 (Mon) 11:46  宵乃〔編集〕  

>ボーさん

いらっしゃいませ!
TBだけ送ってコメントに伺うのが遅れてしまって申し訳ありませんっ!
コメントしようと思ったら、もう夕飯の支度をしないと間に合わないということに気付きまして…(汗)
これから伺いますね~。

> リメイクとしては悪くないと。あ、ナオミ・ワッツさんの「ザ・リング」も好き目だったので、ホラーリメイクは嫌いじゃないのかも?

オリジナル版への敬意が感じられるリメイクで、好感触ですよね。
そういえば「ザ・リング」もオリジナルに忠実でした。Jホラーのリメイクは当たりが多いんでしょうか?

肝試し企画は8月いっぱいやってるので、もしホラーを観る機会があればお気軽にどうぞ♪
2015/08/17 (Mon) 11:52  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「ダーク・ウォーター」
鈴木光司・原作、中田秀夫・監督による「仄暗い水の底から」(2001年)のリメイク。 オリジナル版は衛星放送で見て、好印象をもった。その当時の感想を載せてみよう。 「仄暗い水の底から」☆☆☆☆平日に映画を観るのは珍しい。きょうは時間の余裕があったのである。 原作は読んだことがある。基本設定は同じだが、他は、かなり変えているように思う。 けっこう、ぞくぞくした。怖いものチラリズム。 ...
或る日の出来事|2015-08-17 09:41
ダーク・ウォーター
邦画「仄暗い水の底から」のリメイク版。が仄暗い水の底からをまだ見ていません。 ジェニファー・コネリーが良かったですねえ。母子の愛情や、子が母を慕う気持ちがよく表現されていたと思います。が、ラストが納得できません;ナターシャは自分を愛してくれる母親がほしかったのはわかるのです。確かに命を助ける代わりにという展開ではあるのですが、でも、自分の子供を見守っていくことよりも同じ傷をもつ子供と共に逝...
いやいやえん|2015-08-16 20:06