忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(7/20~8/11)

 | まとめ感想  Comment(8) 

ホラー映画もぼちぼち観てるけど、記事にしたいと思うほどのものに当たらないなぁ。まだ暑くてやる気が出ない!

8/11「キャスパー」
全体的にコミカルで可愛いんだけども(とくにクリスティナ・リッチがキュート)、物語を進めるためだけに簡単に人を死なせて生き返らせるのは…。命の扱い、軽すぎ!悪役の二人組みや、意地悪なクラスメイトも影が薄いし。ホロリとするところもあったんだけどね。
8/10「ゾンビ・ウォー101」
GyaOで9月6日まで。素人がつくったみたいなチープなゾンビ映画だけど、おふざけかと思いきや真面目だったり、ヒャーハーだったり後半は意外と楽しめないこともない。とくに改造車と弟の扱いが(笑)感染源に接触(摂取or噛まれる)した2秒後ぐらいにはゾンビになってしまうスピード感も割といい。
8/6「パロウッド ハリー・ポッター」
Gyaoで10月5日まで。出だしのところ、初めてまともに笑えた!(慣れ?)まあ、その後はハリポタ最終章を観てないからよくわからなかったし、相変わらずグダグダだったけどね…。
8/5「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」
GyaOで9月4日まで。日記の「自分を信じてる」という言葉が自分に言い聞かせてるみたいで痛々しい。私も劣等感の塊みたいな人間なので、そういう部分は共感。赤い口紅のマリリンのイメージは苦手だけど、このドキュメンタリーで彼女自身のことは以前よりもっと好きに。マリリンを真正面から丁寧に描いた作品。でも、故人の言葉を朗読する俳優たちを映像的に強調しすぎてて、ちょっとうざかった。
7/31「リトル・フォレスト 秋」
GyaOで夏・秋編をやってたので、未見の秋編を観て過去記事に追記しました。
7/30「パイレーツ・ロック」
なんかノリが合わなかったなぁ。ラジオにそこまで思い出ないので、彼らの情熱とか何をやってるのかとかイマイチ伝わってこない。酷い女に騙されたDJの「苦しい時に音楽に救われた。だから音楽のために死ねる」にはグッと来た。
7/22「遠すぎた橋」
良く出来た映画っぽいけど、やはり軍服だと顔が見分けられない!観終わってからキャストを確認したら「みんなどこに出てたの!?」状態だったし…。戦闘シーンは相変わらず何も感じなくって、戦争ってホント虚しいなぁとしか思わなかった。一人で仲間を拾ってきて、医者を脅して診させるくだりや、一般人の命や生活が脅かされる描写が印象的。
7/20「スーパーヒーロー ムービー!! -最'笑'超人列伝-」
「スパイダーマン」のパロディでトンボに噛まれて超人になるお話。すごくくだらないし不謹慎なネタも満載だけど、ちょっと笑えた。「スパークス」の直後だったからな…。
7/20「スパークス」
ヒーロー映画特集でやってたんだけど、子供向け枠だと思われるのになぜこんな作品を…。ヒーローものとは言い難い内容だし、久しぶりにぐったりするほどつまらなかった。
7/20 トイ・ストーリー トゥーン「レックスはお風呂の王様」
とくに面白くはないんだけど、お風呂でフィーバーしてる様子は派手で、楽しんでCGを作ってるのが伝わってきました。

■ Comment

今日はコメントを頂き、有難うございました☆

>7/30「パイレーツ・ロック」
> なんかノリが合わなかったなぁ。ラジオにそこまで思い出ないので、彼らの情熱とか何をやってるのかとかイマイチ伝わってこない。

そうですね~説明なしで知ってて当然という態度はいけませんよね~!

>酷い女に騙されたDJの「苦しい時に音楽に救われた。だから音楽のために死ねる」にはグッと来た。

ハイ、音楽というモノ、と、彼の関係を現わしていますよね~。
私も映画の為になら死ねると言いたいです!
(今はハッキリとは言えないかも?です)

>7/22「遠すぎた橋」
> 良く出来た映画っぽいけど、やはり軍服だと顔が見分けられない!観終わってからキャストを確認したら「みんなどこに出てたの!?」状態だったし…。戦闘シーンは相変わらず何も感じなくって、戦争ってホント虚しいなぁとしか思わなかった。一人で仲間を拾ってきて、医者を脅して診させるくだりや、一般人の命や生活が脅かされる描写が印象的。

これは高校生の時に大宣伝で封切り公開していたのですが、見られず、昨年1月にやっとオンエアで見ました。 顔の見分けはついたのですが・・・期待も無残に外れて・・・史実も読んだら酷くって、知らなくって驚きでした! まぁとりあえず見たことは、良かったです~くらいな感じでした。


.
2015/08/12 (Wed) 20:11  miri〔編集〕  

マリリンほか

「瞳の中の秘密」は、スターがマリリンの言葉を語る、というのが「売り」でもあるので、スター自身をばっちり映すのは、しょうがないなーというところですね。本音のマリリンを知りたい人には見てほしいです。

「パイレーツ・ロック」、例によって記憶は薄れていますが(笑)、いろんな人が出てたなあと。(それだけかい!)

「遠すぎた橋」は映画館で観ました。HPを始める前なので感想はなし。リチャード・アッテンボロー監督でしたっけ。当時、この人は俳優だという認識があった(「大脱走」とか)ので、へー、監督なんだ!?と思ったものでした。
2015/08/13 (Thu) 09:22  ボー編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ!
返信遅れてすみません。家族が使ってるPCがポンコツで、リカバリしたりしてたんですよ。
時間かかったけど、ビックリするほど快調になって頑張ったかいがありました。

> そうですね~説明なしで知ってて当然という態度はいけませんよね~!

やはりちょっと説明不足でしたよね。miriさんにそう言って頂けてホッとしました。

> ハイ、音楽というモノ、と、彼の関係を現わしていますよね~。
> 私も映画の為になら死ねると言いたいです!
> (今はハッキリとは言えないかも?です)

大好きなものでも、あの状況であそこまで言い切れる人は少ないでしょう。
私も映画のために…と思えるかどうか。
でも、感謝の気持ちはしっかり持って、いつか私も…と思います!

> これは高校生の時に大宣伝で封切り公開していたのですが、見られず、昨年1月にやっとオンエアで見ました。 顔の見分けはついたのですが・・・期待も無残に外れて・・・史実も読んだら酷くって、知らなくって驚きでした! まぁとりあえず見たことは、良かったです~くらいな感じでした。

割りと評判はいいと思ってたけど、キャストの力でしょうか?
宣伝に力入ってそうな作品ですよね(笑)
こちらもちょっとわかりにくくて全体像が把握できないし、ひたすら負け戦に突っ込んでいく話なので気が滅入りました。顔が見分けられないからかと思ったけど、miriさんもダメでしたか~。
こんなことが起こりえるのが戦争…と反戦の気持ちは湧いてきますが…。終盤はもう忘れ始めてます(汗)

コメントありがとうございました♪
2015/08/14 (Fri) 16:39  宵乃〔編集〕  

>ボーさん

いらっしゃいませ!
返信遅れてすみません、ちょっと絶不調だったサブPCと格闘してました(汗)

> 「瞳の中の秘密」は、スターがマリリンの言葉を語る、というのが「売り」でもあるので、スター自身をばっちり映すのは、しょうがないなーというところですね。本音のマリリンを知りたい人には見てほしいです。

売りですか~。そういうところで「自分はあくまでマリリンの引き立て役だから…」とちょっと控えめに朗読したら、好感度もアップするだろうに。…日本人の感覚とは違うのかな。
まあ、彼ら目当てに観て、マリリンが好きになった人もいるかもしれないですね。

> 「遠すぎた橋」は映画館で観ました。HPを始める前なので感想はなし。リチャード・アッテンボロー監督でしたっけ。当時、この人は俳優だという認識があった(「大脱走」とか)ので、へー、監督なんだ!?と思ったものでした。

映画館ですか。やはり豪華キャストで観客は多かったのかな?
リチャード・アッテンボローさんは『ジュラシック・パーク』が印象に残ってます。俳優業から監督、プロデューサーと広げていった方みたいですね。多才!

>もしかして、記事にしていないけど見ている映画が、いーっぱいあるんですね?

そうなんですよ、短編も含めてエクセルに記録してたんですけど、3千超えてエクセルで開くのが重くなってきて。
なんとなくブログに移行したけど、こうやってブロ友と好きな映画についてお話できるようになって、ブログを選んで本当によかったと思ってます♪
2015/08/14 (Fri) 16:56  宵乃〔編集〕  

「遠すぎた橋」

初めて見ました。
3時間は長いです。

>観終わってからキャストを確認したら「みんなどこに出てたの!?」状態だったし…。

同感です。

行って来ます!
2016/05/31 (Tue) 08:01  間諜X72〔編集〕  

>間諜X72さん

やっぱり長すぎますよね~。せめてあと30分は削ってほしいです。
間諜X72さんもスターがどこに出ていたかわからなかったということは、顔が見分けられない私の問題ではなく、映画の見せ方の問題もあるのかな?
お金をかけても、それに頼ってはダメですね~。

では、今日もお仕事頑張って下さい!
2016/05/31 (Tue) 10:41  宵乃〔編集〕  

やはり

オールスター映画って難しいんです。

>映画の見せ方の問題もあるのかな?

そうです。役者さん達に見せ場を与える。そして戦争映画だから、同じようなコスチューム(軍服)。

>お金をかけても、それに頼ってはダメですね~。

金をかければ、いいと言うものではありません!

>では、今日もお仕事頑張って下さい!

ありがとうございます。もうクタクタです・・・。
そして、家事に追われる主婦の皆さんのご苦労もよくわかります。
2016/06/03 (Fri) 19:33  間諜X72〔編集〕  

>間諜X72さん

> オールスター映画って難しいんです。
> 役者さん達に見せ場を与える。そして戦争映画だから、同じようなコスチューム(軍服)。
> 金をかければ、いいと言うものではありません!

映画って仕事の結果がずっと残るものだから、手抜きはできませんね。
でも昨夜「アメリカの夜」を観たら、現場も大変なんだろうなぁと思いました。
オールスターだと、アクの強い人が集まっていそうだし(笑)

> ありがとうございます。もうクタクタです・・・。
> そして、家事に追われる主婦の皆さんのご苦労もよくわかります。

私は手抜きしまくりなので(汗)
お疲れのご様子ですが、休養が必要な時はしっかり休んで下さいね。
今やらないと後が大変と思っても、体は一つしかないんですから。10年後20年後のことも考えて大切にしないとだめですよ~。
いつもコメントありがとうございます♪
2016/06/04 (Sat) 11:40  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」(1回目)
マリリンが書き残した言葉を、いまの女優たちがカメラの前で語る。並行して、マリリンや周辺関係者自身のフィルムなどを映しつつ、マリリン・モンローという女優の人生が描かれていく。
或る日の出来事|2015-08-13 09:13
「パイレーツ・ロック」
個性的なヤツらのロックンロールな生き方、おもしろかったぜ!
或る日の出来事|2015-08-13 09:12