忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「リプリー」観ました

 | 犯罪  Comment(2) 
Tag:パトリシア・ハイスミス

リプリー
原題:THE TALENTED MR. RIPLEY
製作:アメリカ’99
監督:アンソニー・ミンゲラ
原作:パトリシア・ハイスミス
ジャンル:★ドラマ/青春/犯罪

【あらすじ】アメリカ人の富豪の依頼で、放蕩息子ディッキーを連れ戻しに憧れの地ヨーロッパへやってきたトム・リプリー。彼は大学時代の友人と偽りディッキーに近づくが、やがて彼の魅力に惹かれていく。だが永遠に続くかと思った幸せも、ディッキーの心変わりによって終わりを迎え…。

やたらと人気の「太陽がいっぱい」はあまり好きじゃないんですが(主に若かりしアラン・ドロンが)、先に観たこちらは好印象だったので、確認のためにも久しぶりに再見しました。
これって140分もある作品だったんですね…たぶん初見はテレビカット版で、改めてこの作品の濃厚さにやられました。とくに「リプリーズ・ゲーム」で彼のその後を知ってるので、そんな業の深い人生の始まりとして観ると、ますます切ない!

評判をみると、この作品を「太陽がいっぱい」のリメイクと勘違いして、こちらの方が原作に忠実なのを知らずに批判してる人が多くて悲しいです。
同一原作でも「太陽がいっぱい」は一つの作品として完成されてると思うし、こちらはこちらで原作をリスペクトした映像化作品として十分見応えあるものになってたと思うんですけどね。どちらの主演俳優も、彼らじゃなければ成り立たないくらい、見事にその作品のリプリーになりきっていました。

<以下ネタバレという名の妄想>
印象に残ったのは、ディッキーを殺した後、ホテルに戻った彼が、「グリーンリーフ様ですよね?」と尋ねられ、この先の人生が決まったシーン。
おそらく愛する人をその手で殺した彼が、フラフラしながら戻ってくるまで頭の中でぐるぐる回っていたのは、「何故あんなことを」という後悔と、「どうして彼が死んで、僕は生きている」という疑問だったと思うんですよ。
もしかしたら、ボートの上で殺されたのは自分かもしれない。けれど実際に生き残ったのは自分。答えなんか出ないはずだった疑問に、ディッキーと間違えられた瞬間「自分はディッキーを蘇らせることができるから生き残ったんだ!」という答えと、”自分の中に愛する人が生きている”という安心感を覚えたんじゃないでしょうか。

ディッキーに成りすまし、結構行き当たりばったりで保身に徹するリプリーの様子が(最初は)やけに楽しそうなのも、自分の身を守ることが、唯一この世にディッキーを蘇らせる方法であり、ディッキーの死を否定することで罪の意識から逃れられたからだと思います。
そうやって嫌な記憶を地下室に押しやって鍵をかけていたのが、ピーターの存在によって再び掘り起こされるんですよね。
彼に惹かれれば惹かれるほど、(同化したことで)ディッキーへの憧れが薄まるほど、そしてピーターが他の誰でもない”リプリー”を愛するほどに、犯した罪がリプリーを苛みます。
もしメレディスに連れがいなかったら、殺されたのは彼女の方だったかも。
静かで残酷な結末に、ピーターが最期に何を想ったのか(きっとディッキーを殺したかもしれないと一度は思いつつも、彼を信じただろうに)…それを考えると泣けました。

ところで、他の方のレビューの中に”ディッキーもゲイだった”というのがあったので、巻き戻しつつ自分なりに検証してみた結果、「どちらともとれる」という答えしかでませんでした。
いちおうリプリーを気に掛けていると思われる点としては…

  1. 1、風呂場でのことや列車で何度も「ぶきみ」なことをされても拒絶しないどころか、その後も平気で肩を組んだり、隣に座ったりしていた。
  2. 2、列車での「ぶきみだ」は自分に言い聞かせるみたいだったし、ボートでの「退屈だ」はこれ以上、リプリーのたわごと(ディッキーは心を偽っている)を聞きたくないという感じだった。
  3. 3、切れやすく、相手を病院送りにしたことがあるディッキーが、ボートでリプリーを殴ろうとして我慢した。

あと、ちょっと自信ないんですが、「太陽がいっぱい」のようにお金はリプリーが引き出していたなら、シルヴァーナが妊娠した時に堕胎手術費用を用意しなかったのは、リプリーに知られたくなかったからかも?と思ったり。
まあ、どれも友情なのか恋愛感情なのかは、観る人によって違ってきそうです。

でも、重要なのはゲイかどうかよりも、ディッキーにとってリプリーが特別だったかどうかですよね。
彼の周りに集まるのは、表面上は仲良くしてても裏ではフレディのように「彼に音楽の才能はない」と悪口を言っているような人ばかりで、みんな金目当てや良家のお坊ちゃまだから仲良くしてるだけだったんだと思います。
でも、リプリーはわかりやすいくらいディッキーが大好きで、「君のためならなんでもする」とさえ言っていました。
たとえそれが恋愛感情によるものだったとしても、ディッキーにとっては(初めての?)本音で話せる相手だったのではないでしょうか。

しかし、それもフレディによって(たぶん裏でも色々吹き込んでいた)、彼も金目当てなのではないかという疑念が生まれてしまった。実際リプリーは上流階級の暮らしというものに強い憧れを持っていたし、その正体は同級生などではなく、貧しい調律師でした。
一度は特別だと思った相手だったからこそ邪険にはしなかったし、失望も大きく、最終的には激しい怒りに繋がってしまったのかもしれません。

そう考えると、やはり冒頭の「最初に上着を借りていなければ…」というモノローグがやるせないんですよね。
リプリーとディッキーが出会ったことで、本当に多くの人が不幸になってしまいました。きっと幸せになれたのは探偵さんくらいのものでしょう。(父親もなんだかスッキリした表情をしてる気がするけど)
メレディスのその後は知りませんが、彼はその後ハープシコード奏者の奥さんと暮らすので(原作では違うかも?)、利用した後は別れたんでしょうね。さすがに殺してはいないと思いたいですが、やはり彼と出会って不幸になったひとりだと思います。
…色々と妄想が膨らんで楽しめる作品でした。

関連記事
「リプリーズ・ゲーム」観た(パトリシア・ハイスミス)
B00QTFIB1Uリプリー [Blu-ray]

■ Comment

こんばんは☆

深い海の色が哀しいです。
素晴らしいイラストです!

>同一原作でも「太陽がいっぱい」は一つの作品として完成されてると思うし、こちらはこちらで原作をリスペクトした映像化作品として十分見応えあるものになってたと思うんですけどね。

おっしゃる通り!
「一番正しい、その2作品の見方」です、キッパリ☆
色々という人々の言葉は、もう私の耳には入りません、キッパリ!

>やはり冒頭の「最初に上着を借りていなければ…」というモノローグがやるせないんですよね。
>リプリーとディッキーが出会ったことで、本当に多くの人が不幸になってしまいました。

本当に「温かい目線の記事」を有難うございます♪
素晴らしい!です!!

後日談?という作品は未見なので、いつか見ますね☆
この作品の詳細は分からないところが多いので・・・この辺で失礼いたします(ペコリ)。

あ、あのアナソフィアちゃんの2作品の記事は、あちらでアップし続けています。 もしかしてその記事でタイトルを記憶なさっていたのなら嬉しいです。。。 違うかなぁ~?(笑)


.
2015/07/18 (Sat) 20:27  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、行き違いになってしまいましたね。
先ほどmiriさんの記事にコメントしてきたところです。

> 深い海の色が哀しいです。
> 素晴らしいイラストです!

ありがとうございます!
このシーンといい、マージが海に向かっていくシーンといい、「太陽がいっぱい」に負けないくらい海が印象的な作品でした。

> 色々という人々の言葉は、もう私の耳には入りません、キッパリ!

ですね〜、先入観を持って観てしまった不幸な方々だと思って、聞き流しましょう。

> 本当に「温かい目線の記事」を有難うございます♪
> 素晴らしい!です!!

いえいえ、miriさんのおかげで再見できたようなものですから。
良い作品を再見する勇気ときっかけを下さってありがとうございました♪
「リプリーズ・ゲーム」は本作と比べると見劣りしますが、「リプリー」を再見する前に観るとちょうどいいかも。マルコビッチさんのリプリーを楽しんでください。

> あ、あのアナソフィアちゃんの2作品の記事は、あちらでアップし続けています。 もしかしてその記事でタイトルを記憶なさっていたのなら嬉しいです。。。 違うかなぁ~?(笑)

たぶんそれだと思います!
アナソフィアちゃんと言えば、私の中ではmiriさんなので(笑)
コメントありがとうございました。
2015/07/18 (Sat) 21:30  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧