忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(7/18~7/20)

 | まとめ感想  Comment(8) 

ニコニコ動画でホラー特集やってるのと、連休にDlifeでアニメ短編をやってたので、すぐに溜まってしまった…。暑くて頭回らないです。

7/20 トイ・ストーリー トゥーン「ニセものバズがやって来た」
ちびっこいバズが可愛い。捨てられたハッピーセットのおもちゃたちがグループセラピーしててウケた。
7/20 トイ・ストーリー トゥーン「ハワイアン・バケーション」
ハワイに行き損ねて落ち込むケンとか、最後に足がぴょンとなるところが可愛い。子供の遊びに付き合ってるだけあって、みんなごっこ遊びのプロですね。
7/20 ピクサー短編「メーターと恐怖の火の玉」
ウザ可愛いメーター。実際に側にいたらキレそうだけどね(笑)
7/20 ピクサー短編「ルクソーJr.」
これ可愛いよね~。さすがピクサーと思えるCGで、電気スタンドに命が吹き込まれてます。
7/19「インクレディブル・ハルク(2008)」
「アベンジャーズ」観た後だから、主演俳優の違いに戸惑った。まあ恋愛絡めるならエドワード・ノートンの方が合ってるかな?ハルクって、ほかのマーベルヒーローに比べて、地味だし、ヒーローっぽくないし、スケールが小さい感じがする…。ユーモアがちりばめられていて、華やかな「アベンジャーズ」での方が本領発揮できてるかも。
7/19「フッテージ」
ミステリアスで重苦しい雰囲気に前半は引き込まれたし、後半は真面目にホラーしててじわじわ怖かったです。欲にくらんだ主人公が、本能的に危険を察知しつつもずるずると…。奥さんは子供をつれてさっさと実家に帰ればよかったのに!(その場合、どう判断されるんだろう?)ラストはもっと思い切りよく印象的なカットだけ見せた方が怖かった気がする。
7/19「ATM」
思いっきりツッコミ入れながら観られる人なら、大爆笑のB級サスペンスですね。もうホント主演3人がおバカで、何度「今だ、はよ行け~!」と思ったか!終盤はもはやコント並みの展開で笑うしかなかったです。ストレス解消にはなりました。
7/19「アパートメント(2006)」
ジャパニーズホラーをかなり意識してるみたいな韓流ホラー。わりと重い内容なんだけど、効果音が変で笑ってしまった。主人公は部屋に幽霊が出ても布団被って耐えるし(笑)怖くはない。
7/18「トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド」
相変わらず生き生きしたおもちゃたちが楽しませてくれました。でも、出荷したてに、おもちゃの自覚がないのはどうにかならないのか。こんなんじゃ、しょっちゅうトラブル発生してそうなんですが…。新キャラのクリスマス飾り”エンジェル・キティ”は可愛かった。可愛い見た目に反して?、中身は悟りを開いた聖人みたいなのがまた(笑)最後、ロミオとジュリエットみたいなセリフも面白かった。
7/18「アイアン・ウィル 白銀に燃えて」再見
過去記事「アイアン・ウィル 白銀に燃えて」に追記しました。一部訂正あり!

■ Comment

こんにちは

→フッテージ
前の家に戻る→引っ越したとみなされる ため、
どちらにせよ惨劇は起こりうる話だったのじゃないかなーと。
そういう意味ではフッテージを観ただけで呪われるような感じの話なので逃げ場がなく恐ろしいです!
これは私も大好きなホラー♪

→インクレディブル・ハルク
「ハルク・スマーッシュ」に吹きましたが、そうそう、こんな技名があった、と…。
ハルクって基本知的学者→変身なので、確かに地味なんですよねえ
でも、キャップの1作目よりはこっちのほうが好きだったなあ。冒頭5分で経緯がわかるあたり、「ハルク」とつながってつくられているのかもしれませんね!

→アパートメント
アパートものってホラーに多いけど、これはいまひとつの作品でしたね
途中で(禁止ワードにひっかかっちゃうかな?)自殺の意味がわからない…やっぱりあれは闇部分を追加したかったのでしょうか

→ATM
とりあえず、はよ、逃げろと(笑)
逃げるチャンスは結構あったので、やきもきしちゃう話でした!
2015/07/21 (Tue) 16:39  maki編集〕  

ハルク

主演は変わらないでほしいですよね。「アベンジャーズ」とか、いろいろ他にもあるのですから。
ギャラのアップを要求したとか、仕切りたがりなので嫌われたとか、ウワサがあるみたいですけども!?
2015/07/21 (Tue) 22:36  ボー編集〕  

>makiさん

いらっしゃいませ!
あ~、やっぱりフッテージを観た時点で逃げ場はないですかね。
邪神は誘惑することから始めるというような事を言っていたけど、今回は子供じゃなくて功名心の強い主人公を狙ったのかな?
事故物件に住みたがる人なんてあまりいないし、彼みたいな人が増えると邪神もやりやすいでしょうね。
満足度の高いホラーでした♪

> 「ハルク・スマーッシュ」に吹きました

真面目な学者さんが、いつあの技名を考えたのやら(笑)
変身までの流れは「ハルク」をご覧下さいって感じでしたよね。「アベンジャーズ」でやりたいのはアクションで、「ハルク」は「ジキルとハイド」みたいな内面の葛藤がメインですから、うまく役割分担できてました(勝手にだろうけど)。
「キャプテン・アメリカ」は未見ですが、あまり面白くなかったですか。彼も真面目なタイプだからなぁ。

> 途中で(禁止ワードにひっかかっちゃうかな?)自殺の意味がわからない…やっぱりあれは闇部分を追加したかったのでしょうか

てっきりユヨンがとり憑いていたのかと思っていたけど、具体的なことは何も描かれてませんでしたね。
この監督さん、考えるより感じろ!タイプだと思います(笑)

> とりあえず、はよ、逃げろと(笑)

その一言に尽きますよね~。
完全にドリフのコントと思って観てました。警備員が襲われた時に、そっと扉を閉じるとか…おまえらそれでも男か!
大勢でツッコミ入れつつ観るためのB級作品という感じでした。「リミット」の監督さんというのが驚きです…。
2015/07/22 (Wed) 12:56  宵乃〔編集〕  

>ボーさん

> ギャラのアップを要求したとか、仕切りたがりなので嫌われたとか、ウワサがあるみたいですけども!?

俳優が突然降板したりすると、大抵そういう噂が流れますよね。
まあ、実際そういうことが多い業界なんでしょうが…。

私は俳優の顔を覚えるのが苦手なので、こう何度も替わるとまったく覚えられないです(泣)
せめて「アベンジャーズ」のシリーズでは、ずっと同じ方にやってもらいたいですよね~。
2015/07/22 (Wed) 13:26  宵乃〔編集〕  

暑中お見舞い申し上げます☆

【フッテージ】
映像の雰囲気や小物使いなどはヨカッタですね!
いかにも正統派ホラーって感じでした。
【インクレディブル・ハルク】
旧作よりは好きですが、ノートン君の知的な雰囲気と変身後の緑の巨人がビジュアル違いすぎて違和感がありました。
【ATM】
なんじゃ!こりゃ!!って映画でしたが、今でもかなり内容を覚えています。実は好きなのかも・・・・。

益々暑くなりますがご自愛くださいね(*^▽^*)

2015/07/22 (Wed) 15:24  mia☆mia  

>mia☆miaさん

暑中お見舞い申し上げます♪
毎日暑いですよね~、バテないようにお互い気をつけましょう。

そうそう、「フッテージ」は雰囲気重視のホラーらしいホラーで、「ATM」は(ホラーというよりスリラーですが)奇をてらいすぎて笑い話になっちゃった感じでしょうか(笑)
ホラー映画も出尽くしたところがありますし、新しいものを作るのは難しいんでしょうね。

> 旧作よりは好きですが、ノートン君の知的な雰囲気と変身後の緑の巨人がビジュアル違いすぎて違和感がありました。

確かに!変身前後の違和感のことを考えるとラファロさんの方が合ってましたね。
今度こそ定着してほしいところです。

ではでは、夏バテと熱中症にお気をつけて!
2015/07/23 (Thu) 10:49  宵乃〔編集〕  

No title

こちらにもコメントします。

「フッテージ」は奥さんが可愛かったことはよく覚えてる(笑)
あの女優さん、舞台中心なのか映画の出演情報がググってもあまり出てこなくて残念

ハルクは、不幸オーラを纏った優男が我慢するけど、しきれなくなって、ついに...!という、その瞬間が好きです。
緑色の目でカッと見開くとこ。くるぞくるぞー、って気分になる。
最初のハルクは、我慢パートが長すぎて失敗したんでしょうから、
インクレはドラマとアクションのバランスをよくして作り直しましたが、興行的にはそんなに変わらなかったんじゃないかな。
ハルク一人で主役張るとちょっと暗めの話になるんですよね。

だから、仲間がいる状況で安心して(?)暴れられる「アベンジャーズ」のほうが本領発揮できると思う。

アベンジャーズのハルクの人は「恋人はSEX依存症」の主役のマーク・ラファロですね。この人、作品のたびに全然印象違う。いい役者です。「エイジ・オブ・ウルトロン」早く見たいなぁ。
2015/07/28 (Tue) 01:00  バーンズ  

>バーンズさん

こちらもコメントありがとうございます♪

>「フッテージ」は奥さんが可愛かったことはよく覚えてる(笑)

ホント、あの旦那にはもったいないくらいです。旦那が欲に目がくらんだばかりに、あんな目に遭って可哀想でした。
映画にはあまり出演してない方だったんですね。どうりで見覚えがないわけだ(顔覚えられないだけ)。

> 緑色の目でカッと見開くとこ。くるぞくるぞー、って気分になる。

ヒーローモノの変身シーンとは一味違いますよね~。
抑圧→解放がCGによって大迫力で描かれるんだけど、やっぱりちょっと暗い(笑)
「アベンジャーズ」で一番化けたのが「ハルク」かも。

> アベンジャーズのハルクの人は「恋人はSEX依存症」の主役のマーク・ラファロですね。この人、作品のたびに全然印象違う。いい役者です。

あ~、そうだったのか!
本当に印象違いますね。さすが役者さん。
これからも良い作品にたくさん出て、活躍してほしいです♪
2015/07/28 (Tue) 11:33  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「インクレディブル・ハルク」
「アベンジャーズ」の予習のために観賞。思いのほか、おもしろかった。
或る日の出来事|2015-07-21 22:30
インクレディブル・ハルク
以前もハルクって映画化していましたよね。エドワード・ノートンさん主演です。ハルクは他のアメコミヒーローと違ってとにかく怪力で力任せにぶっ倒すといったアクションなので、斬新さはないけれど、迫力がありました! 科学者が事故でアドレナリンが高くなると怪物ハルクになってしまい、その力をめぐって軍と対立という、ベタなアメコミです。ただその経緯的なものはOPの数分で映像で説明されるので、まあ最初からそ...
いやいやえん|2015-07-21 16:32
ATM
深夜の極寒の中、ATMから出ようとしたらドアの付近に知らない男が立っていて、犬の散歩をしてた男性がたまたま通りかかったらその男に殺されてしまい、3人は恐ろしくなりATMから出られなくなったって話です。 オチがいまいち。結局主人公が誤解されて逮捕されてしまう…。 投資会社に勤務する主人公らという事なので誰かが恨みを買っているのかと思ったら、全然違った。 夜間はカードが無いと正面扉は表から...
いやいやえん|2015-07-21 16:17
フッテージ
イーサン・ホークは作家と言うのが結構似合う。「イリュージョン」でもそうでしたよね。 スランプ気味の主人公は家族に内緒で一家惨殺があり末娘だけが行方不明になった家に引っ越してきます。ある日屋根裏部屋で見つけた古い箱。中には古びたフッテージ(8mmフィルム)が何本かあって、写っていたのはかつてこの家に住んで居た家族の記録など。何気なくそれらを見ていたエリソンはやがてそのフィルムに焼きつけられて...
いやいやえん|2015-07-21 16:16
アパートメント
うーん?? 霊登場時の効果音は呪怨ですし、アパートと赤い服の女の霊との関連性がなかなかみえてこない。 主人公がのめりこんでいく過程が不自然なので、見ている私も「あれなんで今こんなことになってるんだっけ?」と思散してしまう 霊の主が誰かは後半までわかりませんでした。それは話の途中でまさに現在行われているかのような描写になっているからです。ラスト周辺の「叫び」と「血に染まっていく白いドレス」...
いやいやえん|2015-07-21 16:16