忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(4/4~4/11)

 | まとめ感想  Comment(10) 

最近、まともな映画記事をあまり更新してませんが、書きたい記事は3つくらい溜まってます。一つはGyaoのやつだから、早めにイラスト描かないとなぁ…。もう寒くならないで!

4/11「シャーロック・ホームズ 闇夜の恐怖」
GyaOで観賞。ワトソンが完全にホームズの引き立て役で残念。前回は気付かなかったけど、元々モノクロ作品だったのね。盛り上がりに欠け、最後の方は顔が見分けられない私にはよく理解できなかった。
4/11「メン・イン・ブラック3」
三作品の中ではこれが一番楽しめたかも?たぶん敵キャラが一番ふつうのSFっぽいからだと思う。あと、この監督のコミカルなアクションが性に合わないみたいで、コメディ色が薄くなったのもよかった。Kの若い頃を演じてる俳優さんも違和感ないよね。ただ、Jの部屋の背景にあるわんこの写真が遺影みたいで気になる…。
4/10「世にも奇妙な物語 真夜中の特別編 2015年・春」
久々に見てみたけど傑作選的なやつか。その割りに流れが強引で雑に感じる。「すみません、握手して下さい」は流行に踊らされるバカらしさを描いていて良かった。妙に長いライブのくだりに狂気を感じる(笑)
4/9ジェシカおばさんの事件簿「人気キャスターの死」
ジェシカさんは自分が囮になるのに慣れすぎ。テレビスタジオで働く日本人?のおじさんが、有名人の出したゴミをアクリルか何かで固めてコレクションしてるのに笑った。
4/9金田一耕介の傑作推理「女怪」
ながら観してたらトリックとかぜんぜん理解できなかった。犯人は最初からわかったけども、金田一さんの元カノとの微妙な空気を楽しむ作品のような気がする。
4/7「シャーロック・ホームズ 緑の女」
GyaOで観賞。1時間ちょっとの作品。アメリカでは最高のホームズと言われているだけあって、主演のベイジル・ラスボーンさんは品があって素敵。でも、マヌケすぎるワトソン君を見てるとなんだか哀しくなった。
4/6「リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?」再見
GyaOで観賞。続編があまりに酷かったので、1作目はどうだったか確認のため再見&追記。
4/6「ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!」
歌と映像(デジタルリストア版)は良かったけど、笑いのツボが合わなかった。なんであの迷惑じいさん連れてきたの…。
4/5「リトル・レッド2 ヘンゼルとグレーテル誘拐事件!?」
GyaOで観賞。別物すぎる上にまるで面白くなくて悲しい…。監督が違うからって、これは酷すぎじゃないだろうか。
4/4「メン・イン・ブラック2」
う~ん、ぜんぜん楽しめない。設定を活かせてないし、一作目の流れはなんだったのという感じ。わんこはいいキャラしてた。

■ Comment

メン・イン

自分の感想文を読み直したら、アリス・イヴさんが出ているんだ!と驚きました。最近ちょっと売れております。
2015/04/12 (Sun) 22:52  ボー編集〕  

ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!

プロモクリップの先駆けと言われています。

>歌と映像(デジタルリストア版)は良かったけど、笑いのツボが合わなかった。

イギリス映画は日本人から見ると笑いのツボが合わないと言う人が多いです。
第2弾「HELP!四人はアイドル」になると、さらにそう言う意見が多いです。
2015/04/13 (Mon) 06:24  間諜X72〔編集〕  

>ボーさん

> 自分の感想文を読み直したら、アリス・イヴさんが出ているんだ!と驚きました。最近ちょっと売れております。

そうだったんですか~。Oの若い頃を演じていた方ですね。
3作品くらい見てるけど、まだ顔と名前が一致しません(汗)
2015/04/13 (Mon) 07:51  宵乃  

>間諜X72さん

> イギリス映画は日本人から見ると笑いのツボが合わないと言う人が多いです。
> 第2弾「HELP!四人はアイドル」になると、さらにそう言う意見が多いです。

そちらは結構楽しめたんですけどね~、こんかいはあのいじわる爺さんが嫌な感じで…。ビートルズのメンバーもサボって遊ぶことばかり考えてた気がする(汗)
でも気になってた作品だったので見られてよかったです。
2015/04/13 (Mon) 08:02  宵乃〔編集〕  

いじわる爺さん

電車の中でジョージが「That's Paul's grandfather.(あれはポールのお祖父ちゃんだよ。)」と言う場面。
ジョージのリヴァプール訛りが酷くて監督に何度もやり直しをさせられた。その後、ジョンが何かと言うとジョージにその台詞を言ってからかったと言うエピソードが残っています。
その後、ジョン・レノンが準主役の「How I won the war?」やリンゴ・スターが準主役の「Magic Christian」が製作されました。どちらもイギリス流ジョーク満載。日本のお客さん達の反応は・・・・(^^;
2015/04/14 (Tue) 07:56  間諜X72〔編集〕  

Re: いじわる爺さん

> ジョンが何かと言うとジョージにその台詞を言ってからかったと言うエピソードが残っています。

あはは、彼ららしいエピソードですね。スーパースターでも普通の若者という感じです。

> どちらもイギリス流ジョーク満載。日本のお客さん達の反応は・・・・(^^;

それらは未見です。けっこうたくさん撮られてるんですね。
イギリス流ジョークに慣れてないと、映画館まで見に行くのは勇気がいるかも(笑)
でも、ファンなら観に行くだろうなぁ!
2015/04/14 (Tue) 10:33  宵乃〔編集〕  

今、youtubeで見ました。

やっぱりジョージ・ハリスンはリヴァプール訛り・・・(^^;

>スーパースターでも普通の若者という感じです。

その通りです。楽しいです。

さて、この映画を見た時に印象的だった場面。スタジオを飛び出して非常階段を駆け下りる。
「Can't buy me love」が流れる。 広場を走り回る4人。
すると恰幅がいい中年男性が「俺の土地で何をしてるんだ!」「ごめんなさい・・・。」と謝って出て行く4人。
ちょっとほろ苦いです・・・。
2015/04/15 (Wed) 07:55  間諜X72〔編集〕  

Re: 今、youtubeで見ました。

> やっぱりジョージ・ハリスンはリヴァプール訛り・・・(^^;

リヴァプール訛りとかわかるんですね!すご~い!!
字幕なしでもわかると、ソフト化されてない作品でもyoutubeとかで楽しめますね~。

> 「Can't buy me love」が流れる。 広場を走り回る4人。
> すると恰幅がいい中年男性が「俺の土地で何をしてるんだ!」「ごめんなさい・・・。」と謝って出て行く4人。
> ちょっとほろ苦いです・・・。

スターなのにちょっと寂しいですね。
これが女性相手だったら反応も違ったでしょう(笑)
2015/04/16 (Thu) 07:25  宵乃〔編集〕  

こんにちは

「メン・イン~」
1は面白かったけど、2はとんでもなく駄作で、3は終わり方が綺麗でしたと言う印象が。
ただ3は間に一本ありそうな感じもして、そんな設定あったっけ?な部分もなきにしもあらずでしたね
お父さんが~の部分とか。
でもロケットにしがみついてるシーンが楽しいので、
どうでもよくなっちゃった。
2015/04/19 (Sun) 08:46  maki編集〕  

>makiさん

いらっしゃいませ、いつもコメ&TBありがとうございます。

> 1は面白かったけど、2はとんでもなく駄作で、3は終わり方が綺麗でしたと言う印象が。

そうそう、そんな感じ。一貫性がないですよね(笑)
ほとんどノリでつくった作品なんじゃないだろうか?

> でもロケットにしがみついてるシーンが楽しいので、
> どうでもよくなっちゃった。

細かく見ていくとツッコミどころありましたが、そこはこのシリーズの勢いの良さで見せてくれましたね。わたしもビルから飛び降りるくだりと、ロケットでの攻防が大好きなので、まあいいや~と楽しく観られました♪
2015/04/19 (Sun) 10:49  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
メン・イン・ブラック3
トミー・リー・ジョーンズの若い頃を演じるジョシュ・ブローリンが全然違和感ないわ。キャスト決めた人いい仕事しましたな〜。 エージェント“J"と“K"のコンビは今日も奇想天外なエイリアンたちを監視し、その暴走を取り締まるべく奔走していた。だがKの単独行動をJが不審に思っていたある日、突然Kの存在自体が消えてしまった!?しかもエイリアンの侵略が一斉に始まり、地球は未曽有の危機...
いやいやえん|2015-04-19 08:43
メン・イン・ブラック 2
トミー・リー・ジョーンズさん、ウィル・スミスさん共演の第二弾です。 前作のラストで仲間になった検死官の女性は引退し、長い昏睡から目覚めたという設定で再び妻と幸せな生活を取り戻せたはずのKは離婚しちゃうという、前作の良かったところ台無しな設定はどうだろうとは思うものの、コミカルな要素は変わらず、コンビ再結成だし、パグ犬のフランクが非常にいい感じでした。 とはいえ、やっぱり一作目にはかなわな...
いやいやえん|2015-04-19 08:43
「メン・イン・ブラック3」
楽しかったうえに、最後に泣けるとは!
或る日の出来事|2015-04-12 22:46