忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「バニシング IN 60”」観た

 | アクション  Comment(5) 

バニシング IN 60”
原題:GONE IN 60 SECONDS
製作:アメリカ’74
監督:H・B・ハリッキー
ジャンル:★アクション

【あらすじ】元カーレーサーのペイスは、交通事故や車両窃盗を調べる保険調査員。だが、裏では盗難保険に入った車だけを狙う窃盗団のボスをしていた。ある時、希少な高級車の大口依頼が舞い込むが、黄色の1973年型フォード・マスタング「エレノア」に手こずり…。

gyaoで鑑賞。★をつけつつも、後半うつらうつらしてしまったんですが、なんだか凄い作品でした。後半40分くらい延々とカーチェイスしてる作品とか、他にないでしょう(笑)
マックイーンのレーシング映画並みに走ってる映像ばかりだったけども、ルール無用な分、こちらの方が退屈しないかも?
アメ車の頑丈さをとことん見せてくれて、アメ車とカーチェイス好きにはたまらない作品だと思います。

で、それらにあまり興味がない私がどこに惹かれたかというと、まず冒頭の車が走るシーンがBGMも含めて大好きなゲーム「ウィッシュルーム」の雰囲気まんまだったんですよ。実際、1970年代後半という時代設定も、舞台となる場所もネバダとカリフォルニアでほぼ一緒。
一度ゲームを連想したら、ホテルや厨房、バーにビリヤード台、その他の風景、建物、内装、車…とあらゆるものが見覚えある気がしてきて、ストーリーに集中できませんでした(笑)
…このゲームを知らない人にはまったくわからない感想ですね(汗)

あと、前半の車を盗みまくるところは見事な手際で感心したり、コミカルな失敗もあって面白い。盗もうとしたら後ろの席にとんでもないものが乗っていたり!
好感が持てたのは、激しいカーチェイスに巻き込まれて女性が血を流して倒れているシーンなどもしっかり映しているところです。
大抵のアクション映画では、主人公が正義や無実を証明するために街中で暴走しても、怪我人なんて映しません。でも、映さなくたってあんな乱暴な運転をしてれば必ずけが人は出てるはずですよね~。
若干(車)酔いましたが、ラストは妙な爽やかさもあって満足感もありました。

ちなみに、原題の意味は「60秒有ればあなたの車は走り去っている」で、劇中の電光掲示板に表示される注意喚起の言葉。
一方、邦題は「60秒で車が消える」という意味で、「60秒で盗めるよ」という事でしょうか。なんで変えたんだろ?

B00JOBHEJ6 バニシング IN 60" HDニューマスター<コレクターズ・エディション> [Blu-ray]

■ Comment

こちらは今週見ました☆(初見)

さっき書き忘れましたが「犯人に告ぐ」のイラスト良いですよ~! 余計な事抜きで、主人公のひととなりも現わしていて、モノクロがピッタリでした♪

こちらの映画のイラストは黄色い車ですか?(笑)
いつかずっとあとで結構ですよ~!

この映画、むかしからタイトルは知っていたんですけどね~初めて見ました。 半年くらい前に録画していたのですが、やっとでした(笑)。

>後半40分くらい延々とカーチェイスしてる作品とか、他にないでしょう(笑)

たしかにないですしね・・・お好きな方にはたまらない一種のカルト映画なのではないでしょうか?

>あと、前半の車を盗みまくるところは見事な手際で感心したり、コミカルな失敗もあって面白い。盗もうとしたら後ろの席にとんでもないものが乗っていたり!

このあたりはまぁまぁでしたね~。

>好感が持てたのは、激しいカーチェイスに巻き込まれて女性が血を流して倒れているシーンなどもしっかり映しているところです。

好感・・・まぁそうかもしれません・・・。

全体の感想としては、70年代に作りたい人が作りきった作品という感じで、私的には何一つ残るものもなく、無残な映画でした。 泥棒のやり方を教えるとか??? 最後は上手に逃げてオシマイ、他人を逮捕させて??? ちょっとイミフでした。 もちろん誤認逮捕はすぐに分かるでしょうけど、そういう野暮ったい事考える人は見てはいけない作品なのでしょうね~???


.
2015/03/12 (Thu) 19:33  miri〔編集〕  

>miriさん

> さっき書き忘れましたが「犯人に告ぐ」のイラスト良いですよ~! 余計な事抜きで、主人公のひととなりも現わしていて、モノクロがピッタリでした♪

ありがとうございます♪
確か観た後にネットで画像を探して、めぼしいのがあのシーンしかなかったので、パッとみてイラストとわかるようにした気がします。言われて見れば、主人公のキャラに合ってたかもしれません。miriさんに言われるまで気付きませんでした!

> こちらの映画のイラストは黄色い車ですか?(笑)

ずばり、その通りです!お見事!
ちょうど「犯人に告ぐ」みたいなシンプルな絵にしようと思ってたので、早めに取り掛かるかもしれません。…まあ、最近また寒くてサボってますが。

> お好きな方にはたまらない一種のカルト映画なのではないでしょうか?

でしたね~。相当な車好き、カーチェイス好きじゃないとなかなか見ないと思います。半年寝かせる気持ちもわかりますよ(笑)

> 泥棒のやり方を教えるとか??? 最後は上手に逃げてオシマイ、他人を逮捕させて???

確かに冷静に考えるとアンモラルな作品ですよね。ただ、一般人が見れば「こんなに簡単に盗まれるなんて!自分も気をつけないと!」となると思います。
わざわざ危険を冒して盗んだものを返しにいくという、よくわからないポリシーに従ってるところも憎めないし…。
個人的には、カーチェイスがいかに危険なものかしっかりと伝えていて、ただカッコよく痛快なものとして描くアクション映画よりもよっぽど良心的な作品だと感じました。
2015/03/13 (Fri) 07:48  宵乃〔編集〕  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/03/18 (Wed) 08:53    

1970年代後半

先日見ました。

>後半40分くらい延々とカーチェイスしてる

凄いです!そして、なかなか捕まらない(笑)。

>盗難保険に入った車だけを狙う

彼のポリシーでしょうか?
2016/06/15 (Wed) 07:11  間諜X72〔編集〕  

>間諜X72さん

いらっしゃいませ、こちらをご覧になりましたか。
ホント、これほどカーチェイスがメインの作品も珍しいですよね。
ある意味、印象に残ってます。

> >盗難保険に入った車だけを狙う
> 彼のポリシーでしょうか?

そういうことでしょうね。良心というより、免罪符的なものかもしれませんが。
カーチェイスに巻き込まれた一般人が可哀想でした!
2016/06/15 (Wed) 08:03  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧