忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言感想まとめ(6月21日~6月27日)

 | まとめ感想  Comment(6) 

漬物に嵌っていろいろなものを漬物にしてみたけど、結局、白菜、かぶ、だいこんが鉄板。あと、キャベツの千切りを塩漬けにして発酵させたザワークラウトが予想以上に美味い。もしかして一番かも。

6/27「秘剣ウルミ バスコ・ダ・ガマに挑んだ男」
タハーン ~ロバと少年~」の監督なので観たけど、普通の歴史もののアクション?1回ダンスシーンがあるところがインドっぽいものの、他はどっかで観た事あるような感じだった。
6/26「ユナイテッド ミュンヘンの悲劇」
Gyaoで鑑賞。脚色は一切ないんじゃないかと思えるくらい地味な内容だったけど、グッとくるシーンもあったし、マンチェスター・ユナイテッドを襲ったミュンヘンの悲劇を知るにはよかったと思う。
6/26 ジェシカおばさんの事件簿「授賞式はしめやかに」
友達や身近な人を守るためだといつもより積極的なジェシカさんだけど、そんな友達や親戚ばっかりなのは探偵の宿命か(笑)にしても、現代では拳銃型のライターなんてもう使えないんだろうな。射殺されかねない!
6/24「バーレスク」
かなり王道なサクセスストーリーで安心して観られます。音楽もダンスもパワフルでセクシーだし、彼女の普段の声と歌い出した時のハスキーで迫力ある歌声のギャップが良かった。最後はちゃんと頭使って解決したし。ただ、個人的にヒロインが好みじゃないし、周りの人たちとの関係もアッサリ描写で、印象には残らなさそうです。
6/24「ビッグ・ダディ」
ロースクールを卒業したにもかかわらず弁護士にならず、ダラダラ遊んで暮らしてた主人公が、気まぐれで養子をもらうコメディ。前半の彼流の子育ては観てられないし、後半は甘っちょろい。「50回目のファースト・キス」のアダム・サンドラーが好きなら観ない方がいいです。
6/22「チンパンジー 愛すべき大家族」
群れのボスが母親を亡くした子供を育てるのは驚くべき事だと紹介されていたけど、ネコ歩きや他のドキュメンタリー見てたら、余裕のある時や包容力のあるボスならどんな動物でもやってる事だとわかった。しかし、縄張り争いは生死がかかってるし、食料やメスが欲しくて戦うし、戦争と何が違うんだろう?
6/22シャーロック・ホームズの冒険「銀星号事件」
ホームズがろうそくとマッチを泥の中から見つけるシーンがすごい。推理は終盤に披露されるので、センサーでもついてんのかという感じです。そんなお人が羊の鳴き真似しちゃうとか(笑)
6/22「下校するにはまだ早い」
Gyaoで鑑賞。オムニバス「+1 プラス ワン vol.3」の中の一本で篠原哲雄監督の作品。中途半端にグランドホテル形式で、舞台が放課後の学校な上に、登場人物が数人の教師と保護者しかいないから不自然さが目立つ。演技も劇団員って感じ。
6/21「花嫁と角砂糖」
ん~、観る前にちらっと「伏線が最後に回収される」とか見かけたのだけど、何のことだかわからなかった…。あと、結局埋まってたのって何だったの?おしゃまな女の子が可愛かった。
6/21「ガリバー旅行記」
最初の一瞬で、後輩の中での主人公の評価が決まるところらへんまではクスクス笑えた。一緒にいて楽しいけど尊敬とか信頼はない、みたいな。後は小学校低学年くらいなら雰囲気で笑えるかもしれない。

■ Comment

こんばんは☆

>6/17「アパッチ(1954)」
>6/27「秘剣ウルミ バスコ・ダ・ガマに挑んだ男」

この2本は録画済みです。 なるべく早く見たいと思います☆

6/17「あるスキャンダルの覚え書き」
ひたすらキモい。シーバがキモすぎて、せっかくのジュディ・デンチの怪演も霞んでしまった。あのヘンタイに比べたらバーバラなんて可愛いもんです。見ごたえあったけど外見がガキすぎる少年がミスキャスト。

コメントを有難うございました。
少年のことは多分、鑑賞時はそう思ったかもしれませんが、私的にはどうしても、デンチさんに将来の自分を見てしまうので(笑)・・・宵乃さんは、だから、まだずっとお若いのだと思います☆ ずっと先に今の私の気持ちが分かって頂ける日も来るかも?です(笑)。

>6/24「バーレスク」
かなり王道なサクセスストーリーで安心して観られます。音楽もダンスもパワフルでセクシーだし、彼女の普段の声と歌い出した時のハスキーで迫力ある歌声が良かった。最後はちゃんと頭使って解決したし。ただ、個人的にヒロインが好みじゃないし、周りの人たちとの関係もアッサリ描写で、印象には残らなさそうです。

コメントを有難うございました☆
印象には残らなくても、とりあえず好感で嬉しいです!

>6/22「チンパンジー 愛すべき大家族」
群れのボスが母親を亡くした子供を育てるのは驚くべき事だと紹介されていたけど、ネコ歩きや他のドキュメンタリー見てたら、余裕のある時や包容力のあるボスならどんな動物でもやってる事だとわかった。しかし、縄張り争いは生死がかかってるし、食料やメスが欲しくて戦うし、戦争と何が違うんだろう?

これは一連の作品群の最後として、エンドロールの撮影秘話が一番胸に来ました。 書かれている事ですが、独身で気楽なオス猿の彼があの子を引き取ったのは、やっぱり覚悟がいると思うので、私は感激しました。 戦争・・・でしょうね、同じだと思います。 前に宵乃さんが書かれていたように、人間も動物の一種だと思うので・・・。

なお、この作品群では、「花粉がつなぐ地球のいのち」の出来が、ずば抜けていましたので(私の感想ですが)是非、再放送を鑑賞されますように~!と思います☆

>6/21「ガリバー旅行記」
最初の一瞬で、後輩の中での主人公の評価が決まるところらへんまではクスクス笑えた。一緒にいて楽しいけど尊敬とか信頼はない、みたいな。後は小学校低学年くらいなら雰囲気で笑えるかもしれない。

半年前に見たのに、もうほぼ忘却のかなたです(笑)。 書かれている事、仰る通りでしたね~結構期待して見たのに、全然面白くなかったです。 こういうのを見たい時には良いかもですが・・・以下、感想文抜粋です。
「せめてあの国での色々のうち、もう少しマトモな出来事があれば・・・お姫さんは良かった。 現実界が特に嫌だった。 真面目な人を愚弄する内容です。」


************************


ところで、今月の企画ですが、参加できませんでした。
今の私には見る事が出来ない作品でした。
また来月、ご一緒しましょうネ~♪


.
2014/06/28 (Sat) 20:05  miri〔編集〕  

No title

こんばんは!!
バーレスクは好きな映画です。
音楽が素晴らしいですよね!!(^^♪

内容はベタですけど、それはそれで
いいかな、、、と(笑)

この映画に出てたニッキが「アナと雪の女王」の
アナでブレイクしてるのが妙に嬉しくて!
今ではアギレラよりメジャーになってるのでは??

変なことばっかり気にしてます(笑)

2014/06/28 (Sat) 23:44  take51  

>miriさん

> この2本は録画済みです。 なるべく早く見たいと思います☆

「アパッチ(1954)」はかなり白人目線で描いてるので鼻につくかもしれません。復讐モノにしては爽やかな後味でしたが。
あと「秘剣ウルミ」は40分カットバージョンなんだとか。どうりでヒロインの行動がいまいちわからなかったわけだ(笑)

> 6/17「あるスキャンダルの覚え書き」
> 少年のことは多分、鑑賞時はそう思ったかもしれませんが、私的にはどうしても、デンチさんに将来の自分を見てしまうので(笑)・・・宵乃さんは、だから、まだずっとお若いのだと思います☆ ずっと先に今の私の気持ちが分かって頂ける日も来るかも?です(笑)。

結局どちらもマジで気持ち悪いんですよね(笑)
デンチさんの孤独感とひねくれ方は意外と共感できました。あれに保身のための冷静さが加われば最強です。あまりにも自分を抑えられなくて迂闊なことをしてるから、怖さが半減してるのかも。
観る時期もかなり関係ありそうです。

> >6/22「チンパンジー 愛すべき大家族」
> これは一連の作品群の最後として、エンドロールの撮影秘話が一番胸に来ました。 書かれている事ですが、独身で気楽なオス猿の彼があの子を引き取ったのは、やっぱり覚悟がいると思うので、私は感激しました。 戦争・・・でしょうね、同じだと思います。 前に宵乃さんが書かれていたように、人間も動物の一種だと思うので・・・。

撮影秘話よかったですよね~。あれも本編と一緒にもっとたくさん見せてもよかったかも。
養子にしたこと事態にはわたしも感動しました。ただ、あれしか見た事がないひとは、チンパンジーだけが特別だと受け取りそうで、伝え方としてはどうなのかなと引っかかったり。
以前「戦争をするのは人間と蟻だけだ」と聞いた事があって、この世にはデマが横行してるから気をつけないとと思いました。人間を悪に仕立てることで、利益を得る人がいるんでしょうか。

> なお、この作品群では、「花粉がつなぐ地球のいのち」の出来が、ずば抜けていましたので(私の感想ですが)是非、再放送を鑑賞されますように~!と思います☆

やっぱりそうですよね!
記事を書く予定です♪

> >6/21「ガリバー旅行記」
> 「せめてあの国での色々のうち、もう少しマトモな出来事があれば・・・お姫さんは良かった。 現実界が特に嫌だった。 真面目な人を愚弄する内容です。」

主人公が考えなしのお調子者すぎて、パクリのところからもうダメダメでしたね。
最後の反省と奮闘を描きたかったんだろうけど、それならラストは真面目に一からやり直させるべきだったと思います。
お姫様は可愛くていいキャラしてました。

> ところで、今月の企画ですが、参加できませんでした。
> 今の私には見る事が出来ない作品でした。
> また来月、ご一緒しましょうネ~♪

けっこう血みどろで、見る人を選びそうな作品でした。
タイミングも重要ですよね。
では、来月をお楽しみに♪
2014/06/29 (Sun) 11:14  宵乃〔編集〕  

>take51さん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます♪
「バーレスク」お好きなんですね。
確かに音楽も映像も素晴らしくて、take51さん好みって感じです。

> 内容はベタですけど、それはそれで
> いいかな、、、と(笑)

見てて安心感のある内容でした(笑)

> この映画に出てたニッキが「アナと雪の女王」の
> アナでブレイクしてるのが妙に嬉しくて!
> 今ではアギレラよりメジャーになってるのでは??

お~、そうだったんですか!
金髪赤い口紅が苦手な私的に、ニッキの方が好みでした。
描き方が雑だったのが玉に瑕ですが。
「アナと雪の女王」は気になってる作品です。
いつか観る時は、ニッキを思い出して観てみますね♪
2014/06/29 (Sun) 11:42  宵乃〔編集〕  

「秘剣ウルミ バスコ・ダ・ガマに挑んだ男」 見ました☆

>「タハーン ~ロバと少年~」の監督なので観たけど、普通の歴史もののアクション?1回ダンスシーンがあるところがインドっぽいものの、他はどっかで観た事あるような感じだった。
>あと「秘剣ウルミ」は40分カットバージョンなんだとか。どうりでヒロインの行動がいまいちわからなかったわけだ(笑)

40分カット・・・今でさえ長いのに(笑)。
たしかに仰るように、どこかで見たような感じが多かったですネ~!
それをインド風に味付けしていたような・・・
まぁ面白くない事はないのですが、鼻につくような気もしました。

現代のシーン、特にラストをもうちょっと工夫してほしかったです☆
しかし、ガマさんって、あんなに悪人だったのでしょうか?
まぁ時代だしね~。
歴史は見る方向で全く変わるしね~仕方ないか!

>6/26「ユナイテッド ミュンヘンの悲劇」

これ先日オンエアしていたけど、宵乃さんのこの記事で興味を覚えてちょっと内容調べてしまい、見るのをやめました。 やっぱツライです。。。 そういうのもちゃんと見ていかないといけないのでしょうけど・・・。


.
2014/07/09 (Wed) 20:08  miri〔編集〕  

>miriさん

> たしかに仰るように、どこかで見たような感じが多かったですネ~!
> それをインド風に味付けしていたような・・・
> まぁ面白くない事はないのですが、鼻につくような気もしました。

この作品はわたしも長く感じました。これより40分長いって…。
「ロバと少年」とはかなり趣が違いましたよね。
やや説教くさいところもあって、若者の教育のために作った映画ですという感じ。
終盤は簡単に考えが変わりすぎで、時間配分を間違えている気がします。

> しかし、ガマさんって、あんなに悪人だったのでしょうか?
> まぁ時代だしね~。
> 歴史は見る方向で全く変わるしね~仕方ないか!

ここは面白かったですね。
ウィキペディアを読むと、ガマさんはすれ違いの結果、けっこうひどい事をしていたみたい。この時代に命の危険を冒して航海に出るという事は、成功するための一番の近道だったのかも。実際、手柄を立てるたびに金持ちになって、ポルトガル有数の金持ちになったみたいです。

> >6/26「ユナイテッド ミュンヘンの悲劇」
> これ先日オンエアしていたけど、宵乃さんのこの記事で興味を覚えてちょっと内容調べてしまい、見るのをやめました。 やっぱツライです。。。 そういうのもちゃんと見ていかないといけないのでしょうけど・・・。

こういう事実があったと知ったなら、別にこの映画を観なくても大丈夫だと思います。映画的にはかなり地味な部類ですので。
当時の人たちのショックは計り知れないですよね…。
2014/07/10 (Thu) 14:04  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧