忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

第50回ブログDEロードショー「仁義なき戦い」

 | ブログDEロードショー  Comment(22) 
Tag:日本

製作:73年日本
監督:深作欣二
期間:2014/6/27~6/29
仁義なき戦い
日本暴力団抗争史上で最も多くの血を流したという「広島ヤクザ抗争」を、美能組元組長の獄中手記を基に描いた実録ヤクザ映画のシリーズ一作目です。
ポール・ブリッツさんからリクエストいただきました。
日本画史上に残る傑作といわれていて、
シリーズ化もされていて、
たいていのレンタルDVD店に置いてありながら、
見ないタイプの人はまず絶対に見ないから。
とのことです。

企画内容については、サイドバーにある「ブログDEロードショー」欄の”企画概要+参加者名簿”のリンク先をご覧下さい。

→Read More

<みなさんの記事>

クリスタルの断章 「仁義なき戦い」見た
子育て時々映画 切るに切れない関係
おもしろい本が読みたい!! 仁義なき戦い
サラウンドに嵌った男のブログ 「仁義なき戦い」をブログDEロードショーで見ました!
****************

<追記感想:2014/6/28>

指をつめて、小指がなくなって皆で探すシーンがシュールで面白かったです。
あと、「ちゃらら~、ちゃらら~~♪」の曲をパロディとかでしか聞いた事がなかったので、この曲がかかると人が死んでても本気にとれないというか、コントみたいに感じてしまいました。
…なんかもう色々と申し訳ない。
実は冒頭から登場人物が多くてすぐについていけなくなってしまったんですよね。有名な俳優さんでも若い頃の顔は馴染みがなくて、主人公が菅原文太だということも気付けなかったです(笑)
あと、怒鳴り声とか大きな音が苦手で(すぐ耳が痛くなる)、いつも作中で一番大きい音が不快にならない音量に合わせてるので、こういう作品だと普段のセリフが聞き取れないという。しかも標準語じゃないし!
…なんか感想じゃなくて言い訳になってしまいましたが、いつか気力のある時にまた挑戦したいと思います。
ポールさん、リクエストありがとうございました!

関連記事
「忠臣蔵外伝 四谷怪談」観ました

■ Comment

こんにちは☆

>見ないタイプの人はまず絶対に見ないから。

その通りですね~(笑)。
何となく知っていたり、音楽に聞き覚えがあったりしても、今まで映画として見たことはありませんでした。
では、来週末、ご一緒に~!


追伸:どうしても見たくなって「ニューイヤーズ・イブ」再見しました。 こちらの記事もコメントも再び読ませて頂きました。 あの歌声に乗せて、終盤はもう涙いっぱいでした! これからも夏だろうが花粉期だろうが、見てしまいそうです♪


.
2014/06/20 (Fri) 13:42  miri〔編集〕  

>miriさん

> 何となく知っていたり、音楽に聞き覚えがあったりしても、今まで映画として見たことはありませんでした。
> では、来週末、ご一緒に~!

わたしもタイトルは知っていたけど、一度も観た事がないんですよ。
音楽もイラストを描くために動画で聞いて「あれか!」と(笑)
来週が楽しみですね。

> 追伸:どうしても見たくなって「ニューイヤーズ・イブ」再見しました。 こちらの記事もコメントも再び読ませて頂きました。 あの歌声に乗せて、終盤はもう涙いっぱいでした! これからも夏だろうが花粉期だろうが、見てしまいそうです♪

お、再見されたんですね。
群像劇は何度観ても飽きないというか、むしろ細部が見えてきて面白くなるかも。
こちらの記事なども読み返してくださってありがとうございます♪

鍵コメもありがとうございました。
機会があったら警戒しつつ見ちゃうかも?
あと、あのアニメはmiriさんが子供の頃に観てたら確実にトラウマですから、観なくてよかったです…。
2014/06/20 (Fri) 14:40  宵乃〔編集〕  

No title

かえるままも一度も見た事ないです....
誰が出てるか分からないのですが、宵乃さんのイラストは、高倉健さんですか?(だとすればウマすぎます!)
音楽、聴いたら分かるかしらね?

もう来週なんですね。
見てみたいです!
2014/06/20 (Fri) 22:38  かえるママ21  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/20 (Fri) 23:57    

>かえるママ21さん

> 誰が出てるか分からないのですが、宵乃さんのイラストは、高倉健さんですか?(だとすればウマすぎます!)

恥ずかしながら、描いておいて誰だかよくわかってないんですよ(笑)
いつも予告動画とかから描くシーンを探してるんですが、人数が多くてどれが重要なシーンかわからずタイトルで検索して作品紹介ページで使われてる画像を参考にしました。
しかめっ面でわたしには誰だかわからなかったです…。

> 音楽、聴いたら分かるかしらね?

ヤクザもののパロディとかで必ずかかる「ちゃらら~~~、ちゃらら~~~~♪」の曲です。もはやわたしの中ではコメディのイメージになってます(笑)
では来週♪
暴力描写が怖い時はお互い無理しないようにしましょう。
2014/06/21 (Sat) 12:11  宵乃〔編集〕  

No title

書き忘れてましたが、シリーズは山ほど出ていますけど、いちおう第一作目ということで。いきなり第二部以降を見ると話がまったくわかりませんから……。
2014/06/21 (Sat) 22:28  ポール・ブリッツ編集〕  

>ポールさん

> 書き忘れてましたが、シリーズは山ほど出ていますけど、いちおう第一作目ということで。いきなり第二部以降を見ると話がまったくわかりませんから……。

あ、そうでしたね(汗)
書き加えておきます。
今週も盛り上がるといいですね~♪
2014/06/22 (Sun) 12:52  宵乃〔編集〕  

グッドタイミング!

ご無沙汰しております。

ちょうど、姉のパートナーからおすすめされて
シリーズのDVDをもらっていて
観ようかなぁ・・・・と思っていたところだったんです!

私は岡山出身なんで、広島はちょっと身近に感じます。
(お隣の県でも広島市は西寄りにあるから
結構遠くにあるんですけど。)
2014/06/23 (Mon) 08:14  マミイ編集〕  

>マミイさん

いらっしゃいませ!
お仕事と幼稚園の役員お疲れ様です。

> ちょうど、姉のパートナーからおすすめされて
> シリーズのDVDをもらっていて
> 観ようかなぁ・・・・と思っていたところだったんです!

お~、それは映画の神様が舞い降りましたね!
存分に楽しんで下さい。

> 私は岡山出身なんで、広島はちょっと身近に感じます。
> (お隣の県でも広島市は西寄りにあるから結構遠くにあるんですけど。)

出身地に近いと気になりますよね~。
リアリティも増すかも!?
わたしは西の方はほとんど馴染みがなくて、言葉がわからなかったらどうしようかと不安になってたりしてます(笑)
今月も盛り上がりましょう♪
2014/06/23 (Mon) 11:17  宵乃〔編集〕  

No title

うーんやっぱりハマる人とそうでない人の温度差が激しい映画ではありますね(^^;)

わたしはマイベストに入れるほど好きな作品なのですが……。

ほかのかたはどう見るんだろう。どきどき……。
2014/06/28 (Sat) 14:14  ポール・ブリッツ編集〕  

>ポール・ブリッツさん

> うーんやっぱりハマる人とそうでない人の温度差が激しい映画ではありますね(^^;)
> わたしはマイベストに入れるほど好きな作品なのですが……。

いやいや、今回は顔を覚えられませんでしたが、何度か見てわかるようになったら楽しめるかもしれません。
「飢餓海峡」の時も、二回目で大好きな作品になりましたし♪

> ほかのかたはどう見るんだろう。どきどき……。

ゆっくり待ちましょうね~。
わたしも再見の時のために色々な見方を参考にしたいです。
2014/06/29 (Sun) 10:12  宵乃〔編集〕  

No title

こんばんは!!
例の音楽がこの映画だとは知らなかった
ので、冒頭から熱かったです!!(^^♪

僕はこの手の映画は平気な口だったので、
普通に楽しめました!菅原文太がカッコ良かったです!!(^.^)

人間関係が解りにくかったので、きっちり
頭に入るともっと楽しめるかも?そんな感じでした!!(^.^)
DVDのメニューに関係図が入ってるのも納得でした(笑)

イラストも迫力が伝わっていいですね!!(^^♪
2014/06/29 (Sun) 19:20  take51  

>take51さん

いらっしゃいませ♪
楽しまれたようで良かったです。
この曲は作品を知らなくても誰でも知ってる曲ですよね~。
わたしも「おぉ、これか!」と興奮しました。

> 僕はこの手の映画は平気な口だったので、
> 普通に楽しめました!菅原文太がカッコ良かったです!!(^.^)
>
> 人間関係が解りにくかったので、きっちり
> 頭に入るともっと楽しめるかも?そんな感じでした!!(^.^)
> DVDのメニューに関係図が入ってるのも納得でした(笑)

やっぱり人間関係は把握できないと付いていけなくなっちゃいますよね。
わたしも今度こそは置いていかれないようにしたいです!

> イラストも迫力が伝わっていいですね!!(^^♪

ありがとうございます♪
誰だかわからず描いてました(笑)
2014/06/30 (Mon) 16:29  宵乃〔編集〕  

No title

こんばんは!!

>あと、怒鳴り声とか大きな音が苦手で(すぐ耳が痛くなる)、いつも作中で一番大きい音が不快にならない音量に合わせてるので、こういう作品だと普段のセリフが聞き取れないという。

そ、それは大変だったですね。
音の7割ぐらいは怒鳴り声や大きい音ですものね・・・この作品。

お疲れ様でした!!
2014/06/30 (Mon) 22:01  きみやす  

>きみやすさん

いらっしゃいませ、コメントしづらい感想にありがとうございます!

> そ、それは大変だったですね。
> 音の7割ぐらいは怒鳴り声や大きい音ですものね・・・この作品。

再見する時は、キリのいいところで何度か休憩を挟もうかと思います。
邦画にも必ず字幕を用意してほしいですよ(笑)
耳の悪い人だってたくさんいるのになぁ。

いつかちゃんと見直したら、まともな感想書きますね~。
2014/07/01 (Tue) 07:26  宵乃〔編集〕  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/02 (Wed) 17:21    

毎回遅れてます(^^;

ご無沙汰しています。

やっと記事にできました。
あわない人はまったくダメな映画ですね~。
私は結構ハマりました!

タイトルは仁義なき戦いだけど、
主人公は仁義にあふれた人物なんですよね。
主人公が仁義を重んじれば重んじるほど
結局は多くの血が流れてしまう・・・・・そのジレンマにしびれました。
2014/08/10 (Sun) 12:35  マミイ編集〕  

>マミイさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
「仁義なき戦い」の方に参加して下さったんですね~。
ポールさん、きっと喜びますよ♪

> あわない人はまったくダメな映画ですね~。
> 私は結構ハマりました!

マミイさんは結構好きかもと思ってました!
わたしもいつか再挑戦したらもっと楽しめる気がします。

> タイトルは仁義なき戦いだけど、
> 主人公は仁義にあふれた人物なんですよね。
> 主人公が仁義を重んじれば重んじるほど
> 結局は多くの血が流れてしまう・・・・・そのジレンマにしびれました。

お~、そういう話だったんですね!(汗)
再見する時は、その哀しいジレンマに注目してみたいと思います。
では、今からそちらに伺います♪
2014/08/10 (Sun) 16:48  宵乃〔編集〕  

先ほど見ました。

宵乃さん。こんばんは。こちらにお邪魔してもよろしいでしょうか?

>日本画史上に残る傑作

もう40年以上前から、皆さんご存知の映画。先ほど見ました。

>有名な俳優さん

石原裕次郎や小林旭の映画等で悪役を演じた金子信雄。
ここでも、いい味を出しています。

まだ無名だった頃の川谷拓三も出ていますね。
2016/11/23 (Wed) 21:09  間諜X72〔編集〕  

>間諜X72さん

いらっしゃいませ、こちらをごらんになったんですね。
私は見分けがつきませんでしたが、間諜X72さんならよく知る俳優さんたちが多くて楽しめたでしょう。
川谷拓三さん…は名前を聞いても分かりません(汗)
邦画が好きな方にはたまらない作品みたいですね~。
2016/11/24 (Thu) 08:25  宵乃〔編集〕  

仁義!

>川谷拓三さん…は名前を聞いても分かりません

やっぱり宵乃さん。若いです!

>主人公が菅原文太だということも気付けなかったです

年を取ってからの文太さんの方が印象的ですか?

もう故人になってしまった役者さんが多いです。
シンミリします・・・。
2016/11/25 (Fri) 07:54  間諜X72〔編集〕  

Re: 仁義!

> やっぱり宵乃さん。若いです!

あはは、それだけじゃなくて邦画が苦手だというのもあると思います。とくに任侠ものは訛りや怒鳴るシーンがあって聞き取りにくいので(汗)

> 年を取ってからの文太さんの方が印象的ですか?

そうですね、文太さんと言えば白髪の渋いおじ様というイメージでした。
もう彼の新しい作品が見られないと思うと寂しいです…。
2016/11/25 (Fri) 13:08  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「仁義なき戦い」見た
 今月のブログDEロードショーは「仁義なき戦い」である。淑女の多いこの企画には珍しい、下品で暴力的な実録やくざ映画である。誰だこんな作品推薦したの……わたしだった(笑)  推薦したのは、この映画が掛け値なしに「面白い」からである。充満する生命力と、それを象徴する、ディフォルメされた広島弁。粗い粒子とがくがく動く手持ちカメラの映像はこれがドキュメンタリーではないかとすら錯覚させる。つかみ...
クリスタルの断章|2014-06-27 23:25