忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言感想まとめ(5/15~5/21)

 | まとめ感想  Comment(4) 

漬物を作りまくってたら、野菜室が漬物臭くなった…。ジップロック超便利だけど、たまにもれるから困る。

5/21「L.A.大捜査線/狼たちの街」
こういう登場人物の多いややこしい話は、顔がわかる俳優をたくさん使って欲しい。冒頭の贋札作りが楽しそうなウィレム・デフォーしかわからず、誰が刑事で誰が犯罪者なんだか途中からわからなくなってしまった。
5/21「リターン」
Gyaoで鑑賞。サスペンスとしていい線いってたと思うけど、手術中覚醒後に狂気に目覚める過程をもう少し丁寧に描いて欲しかった。トラウマに苦しみ、暴れてうっかり動物を傷つけたら一瞬トラウマを忘れられたとかさ。
5/20「地平線から来た男」
コテコテなギャグ満載の「夕陽に立つ保安官」の姉妹編。凄腕ガンマンと勘違いされて決闘を申し込まれ、相手が後ろを向いた隙に頭をガツンとやって指を折るくだりが酷い(笑)多少笑えたけども、最後はやっぱり寝てしまった。
5/19「ジャッジ・ドレッド(1995)」
「ロボコップ」とか「ブレードランナー」「ターミネーター」あたりの雰囲気を濃縮したような世界観と美術はいいんだけど、ストーリーが微妙。せめてあと15分長くして、主人公と不運な男との友情、主人公の苦悩などを描いてくれればなぁ。コスチュームがダサいし、ラストの主人公バンザーイな雰囲気もしっくり来なかった。
5/18「ヴァン・ゴッホ(1991)」
Gyaoで鑑賞。楽しみにしてたけど会話は楽しくないし、編集(構成?)が変だしストレス溜まって30分でギブ。後から「ソフィー・マルソーの刑事物語」や「悪魔の陽の下に」の監督だと知って納得…。
5/17「優雅な世界」
Gyaoで鑑賞。ヤクザの世界を描きつつ、父親の悲哀を深く描いているものの、ほぼ自業自得なんだよね…。ラストはある意味「ソーシャルネットワーク」を越えてると思うが、これをみて同情しちゃう人がいるのが信じられない。奥さんは何かあれば夫を見捨てられないと気付いたから、なら夫に本当の幸せについて気付いてもらうしかないと、ああいう手段に出たんだと思う。
5/15「フォー・ウェディング」
なんだこれ…。主演ともに魅力を感じず(他作品ではいいのに!)、あれに惹かれる人がたくさんいるのもわからん。最後までぜんぜん笑えなかった。
5/15ジェシカおばさんの事件簿「ある日ビックリハウスで」
密室劇でなかなか面白かった。ジェシカさんはケーリー・グラントのファンらしいです。最後に見ず知らずの女性(被害者の秘書?)にぽんと報酬の大金をあげてしまうところがセレブって感じ。
5/15「汚れなき悪戯」
少年が可愛すぎて幸せすぎて若干ムカついたんですが、親ばか修道士さんたちの様子は楽しく見られた。最後はそれまでに兆候があると描かれていた方が受け入れやすかったかも。自殺はダメなのにあれはいいの?彼を人間界に使わされた天使だと思えばよかったのかなぁ。個人的には冒頭のこの話を拒む父親の気持ちが一番よくわかる(話してる人の気持ちもわかるけども)
5/15「夏時間の庭」
美術的な価値の高いものばかりが詰まった家で暮らした子供たちが、大人になって、母が亡くなり、その売却を決めるまでのお話。確かに保存して見てもらうのも意義ある事だけど、家具や花器など使ってこその品もあるんだよね…。長年あの家でメイドをしていたお婆さんに貰われた花器と、美術館に展示されたものとの対比と、それを見守る長男が切ない。

■ Comment

こんにちは☆

>5/20「地平線から来た男」
>コテコテなギャグ満載の「夕陽に立つ保安官」の姉妹編

これは両方とも録画してあるので早めに見たいと思っています☆
見たらまたお話いたしましょうネ~♪

>5/15「フォー・ウェディング」
>なんだこれ…。主演ともに魅力を感じず(他作品ではいいのに!)、あれに惹かれる人がたくさんいるのもわからん。最後までぜんぜん笑えなかった。

これは残念な映画でしたね~!

映画の構成、英国風の結婚式のひとつずつの違い、
脇のいくつかのお話、特にお葬式につながるあの二人の件、等は、
ほぼ全部良かったのに、

ド真ん中のお話だけ「サイテ―の駄作」で、
どう考えてもバランスが悪く、
私的には全体をマイナスの方に針がふってしまう・・・

宵乃さんの仰る通りなのですが、
全体の構成とか
あのお葬式のシークエンスなどは良くなかったですか?

無理にでも、主演とあのバカ女を記憶から消して下さい!
そしたらこの映画の良い面が見えるかも???

マジ残念でした! (結局私も、マイナスに・・・)


.
2014/05/21 (Wed) 14:31  miri〔編集〕  

>miriさん

> これは両方とも録画してあるので早めに見たいと思っています☆
> 見たらまたお話いたしましょうネ~♪

ドリフなみのコント映画なので、覚悟してみて下さい(笑)
ぜんぜん笑えない人もいると思います…。

> >5/15「フォー・ウェディング」
> 映画の構成、英国風の結婚式のひとつずつの違い、
> 脇のいくつかのお話、特にお葬式につながるあの二人の件、等は、
> ほぼ全部良かったのに、

そうなんですよね…彼が倒れて、側にいた親しい人が集まって、最後に離れていて気付かなかった親友に彼の死を伝える…。その時のセリフは新郎のスピーチや周りの笑い声などでかき消されて、演技や表情だけで伝えるというくだりは良かったです。
もしかして名作に化けるかも?と一瞬思ったくらいで…残念でした。

> ド真ん中のお話だけ「サイテ―の駄作」で、
> どう考えてもバランスが悪く、
> 私的には全体をマイナスの方に針がふってしまう・・・

構成も様々な結婚式をしっかり描き分けているところも良かったのに、なんでメインがあんなお話になっちゃうんでしょうかね~。
別の脚本家にそこだけ書き直してもらって、撮り直してもらいたいくらいです!

*****************

>女の子の回復は、御都合良いかもしれないけど、妙に納得できましたが、いかがでしたか?

…え、女の子ってあの後回復してたんですか?
ぜんぜん覚えてないです。てっきり亡くなったとばかり…。

>サソリにかまれたときに、本当は死んでいたという考えもあるようです

あぁ、そういう解釈もあるんですね。
わたしもサソリの毒ってあんなものなのかな?と気になってたんです。
特別理屈は必要ない作品だと思いますが、納得しながら再見したら少しは印象も変わるかもしれません。

あと「フェア・ゲーム」は見つからなかったようで残念でしたね。きっといつかオンエアもあるでしょうし、その時にでも。
「最強のふたり」は気になってる作品です。早くオンエアないかな~♪
2014/05/22 (Thu) 07:52  宵乃〔編集〕  

こんにちは☆

>ドリフなみのコント映画なので、覚悟してみて下さい(笑)
>ぜんぜん笑えない人もいると思います…。

えっ! ドリフなみ・・・
それは・・・ちょっと見てから決めなくては(笑)。

>もしかして名作に化けるかも?と一瞬思ったくらいで…残念でした。
>構成も様々な結婚式をしっかり描き分けているところも良かったのに、

あ、やはり共感頂けていたのですね!
良かったです☆

>別の脚本家にそこだけ書き直してもらって、撮り直してもらいたいくらいです!

ははは・・・もう20年早かったら!!!

*****************

>…え、女の子ってあの後回復してたんですか?
>ぜんぜん覚えてないです。てっきり亡くなったとばかり…。

えっ?と思い、今日、最後の方だけ再見しました。
先日のオンエア版と、持っているBDの両方を。

そしたら「ない」ではありませんか~!
私が見た(と思い込んでいた?)あの女の子が回復して
皆が喜んでいた姿が、ない、ないない、、、

これは全くどうしたことでせう???
私の脳はイカレているのでせうか???

・・・でも・・・
そうですね、彼女については序盤以外何の描写もなかったので
どちらにとっても良いのなら、
今の私は「ふん、ご都合良いわね」とちらと思いながらも
回復する事を、願ってしまっています・・・。

*****************

「最強のふたり」は、内容を知らないまま
ご鑑賞される事をお勧めいたします♪


.
2014/05/22 (Thu) 14:00  miri〔編集〕  

>miriさん

> えっ?と思い、今日、最後の方だけ再見しました。
> そしたら「ない」ではありませんか~!
> 私が見た(と思い込んでいた?)あの女の子が回復して
> 皆が喜んでいた姿が、ない、ないない、、、

あ、確認して下さったんですね。
わたしが見逃したわけじゃないとわかって、ちょっとホッとしたり。

> これは全くどうしたことでせう???
> 今の私は「ふん、ご都合良いわね」とちらと思いながらも
> 回復する事を、願ってしまっています・・・。

miriさんの優しい想いが、映画の記憶を上書きしてたんでしょう。
どちらにとるのも視聴者次第ということで、そういう風に見られたのは監督の思う壺だったかもしれませんね~。

> 「最強のふたり」は、内容を知らないまま
> ご鑑賞される事をお勧めいたします♪

了解です。いつかお話しましょう♪
2014/05/23 (Fri) 07:13  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧