忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言感想まとめ(5/8~5/14)

 | まとめ感想  Comment(6) 

最近白髪が3~4本あったんだけど、髪を切るときについでに根元のほうから切ったら、根元の方が5cmくらい黒くなってた。石鹸洗髪の効果かな?

5/14「鉄塔武蔵野線」
鉄塔の番号を見て、1番まで辿って行けたら何があるのだろうと冒険に出かけるお話。ノスタルジーは感じたけど、ストーリー的にはまったく面白くない。子役時代の伊藤淳史が今とぜんぜん変わらない顔で驚いた。
5/13「夕陽に立つ保安官」
コントみたいなノリが好きなら楽しめます。立派な監獄を建てたのに、まだ格子が届いてないってのには笑えた。逃げたら死ぬと脅され、出入り自由の監獄に留まらなければいけない罪人の惨めさ(笑)
5/13「刑事マディガン」
真面目な刑事ドラマで、ところどころ観られる人間臭さのある描写がよかった。会いたくない人にばったり出くわして、気まずい感じで道を譲って去ろうとしたら、相手も同じ方向に道を譲ろうとしちゃったり(笑)しかし、夫が消した砂嵐の映るTVを奥さんがつけ直すシーンは何なの?怖いんだけど。
5/12「バッド・ティーチャー」
キャメロン・ディアスも仕事選びなよ…という感じ。多少笑どころはあったものの、個人的に酷い作品だと思う。しかも、ヒロインの吹替えの声がハリセンボンの人そっくりで輪をかけて酷かった。
5/11TVアニメ「ブレンパワード」
なんというか、こう「オーガニック的な何か」が溢れた作品だった(笑)opも良かったよ、裸祭りなのはともかく。電波だけど、何気に名言も多いと思う。
5/10、11「レッド・バロン」
最後まで主人公の顔を見分けられなかったし、ヒロインとの恋愛もなんで惹かれあったのかもよくわからなかった。主人公にオーラが足りない…。空中戦とか街並みなどの背景にCG使ってる感じでノレなかった。実話もので、シャアの「赤い彗星」の元ネタだと思う。
5/9「タラデガ・ナイト オーバルの狼」
中途半端なコメディでノレなかったけど、無法者と化した幼い孫たちを教育しなおすおばあちゃんのエピソードはよかったかな。
5/9「カトマンズの男」
着衣していくストリップが斬新。破産したという主人にどこまでも付き合う執事のキャラが良かった。雪山で突き落とされ、戻ってきたら主人公に「今何時?」と聞かれ、「お茶の時間ですがここでは…」「いいだろう、許してやる」「私も許します、何もわざとやったわけでなし」と突き落とした事をさらっと許してしまうところが凄すぎた(笑)
5/8「シンドバッド黄金の航海」
前のシンドバッドと別人?お姫さまは?魔術師が生み出した小さいガーゴイルみたいなのが可愛かったし、船首像が動き出すのはすごかったけど、いまいちセクシーさに欠けるかも。また途中でうつらうつらしてしまった。
5/8「シンバッド七回目の航海」
評判どおり、骸骨の動きが素晴らしいね~。双頭のロック鳥の雛がかわいい。ただ、ストーリー的にはそんなに盛り上がらなかったかな。

■ Comment

こんにちは☆

フォクすけ、きゃわゆいではありませんか~!!!
しっぽが燃えているのね~?
きっと地球を守る気持ちで燃えているのだわ☆

**************

>最近白髪が3~4本あったんだけど、髪を切るときについでに根元のほうから切ったら、根元の方が5cmくらい黒くなってた。石鹸洗髪の効果かな?

宵乃さんに合うのでしょうね~☆
お若いし、今後は白いのは当分出ないかもね?

>5/13「刑事マディガン」
>真面目な刑事ドラマで、ところどころ観られる人間臭さのある描写がよかった。会いたくない人にばったり出くわして、気まずい感じで道を譲って去ろうとしたら、相手も同じ方向に道を譲ろうとしちゃったり(笑)しかし、夫が消した砂嵐の映るTVを奥さんがつけ直すシーンは何なの?怖いんだけど。

良い映画でしたよね~!
役者も良かったし、演出も良かったし、内容も刑事の個人の事や仕事の辛さや友情等、ホント良かった☆

テレビの件は、夫がちょっと帰れたから喋ろうと思って(いつもテレビばっかり見てやがる的な?)消したのだけど、結局電話が入り、すぐに出掛けることになったから「どうせ私にゃテレビくらいしか(相手にしてくれるものは)ねーよ!」的な?怒りの表現のように思いましたが・・・違っていたらごめんなさい☆

>5/12「バッド・ティーチャー」

未見ですが、かなり評判が悪いですね~。
ブログ友達の人で、褒めてた人は皆無です。
オンエアがあったら・・・でも見てしまいそうだなあああ。。。
(キャメロン・ディアス、らぶ♪)

>5/10、11「レッド・バロン」
>最後まで主人公の顔を見分けられなかったし、ヒロインとの恋愛もなんで惹かれあったのかもよくわからなかった。主人公にオーラが足りない…。空中戦とか街並みなどの背景にCG使ってる感じでノレなかった。実話もので、シャアの「赤い彗星」の元ネタだと思う。

これは残念な映画でしたね~全く良くなかった、良くできたはずなのに、できなかった、しなかった、不作為というか、未必の故意というか・・・
第一は「なんで英語?」が最後まで付きまとい、許せなかった・・・。

顔は見分けられたけど、宵乃さんの仰ることは全部分かります。
シャアは知らないのですが、あちこちで書かれていましたね?
とにかく、実話の人は結構な人のようなので残念です。

>5/9「カトマンズの男」
>着衣していくストリップが斬新。破産したという主人にどこまでも付き合う執事のキャラが良かった。雪山で突き落とされ、戻ってきたら主人公に「今何時?」と聞かれ、「お茶の時間ですがここでは…」「いいだろう、許してやる」「私も許します、何もわざとやったわけでなし」と突き落とした事をさらっと許してしまうところが凄すぎた(笑)

これは面白かったです☆
半年経っているけど今でも笑える「水栓の件」もうバカらしくって!!!
宵乃さんの書かれた部分はよく思い出せないのですが、水栓と同じレベルだと思います((笑))。

あとは色々と思ったけど、監督さんが監督さんだけに、ただの面白いだけでは終わらず、最後にお金があったと知ったときの主人公が・・・非常に何とも言えなかったです。


.
2014/05/15 (Thu) 17:13  miri〔編集〕  

>miriさん

> きっと地球を守る気持ちで燃えているのだわ☆

そうですね♪
フォクすけのようなキャラクターができたのも、ブラウザが愛されている証拠ですしょう。
これからもフォクすけ君には頑張ってもらいたいです!

> **************
> 宵乃さんに合うのでしょうね~☆
> お若いし、今後は白いのは当分出ないかもね?

そうだと嬉しいです。
石鹸に換えただけでこんなに変わるなんて、体質による違いってホント大きいんだなぁと思いました。

> >5/13「刑事マディガン」
> 役者も良かったし、演出も良かったし、内容も刑事の個人の事や仕事の辛さや友情等、ホント良かった☆

たしか「ダーティハリー」の監督さんでしたよね。
事件自体はすごく地味でしたけど、人間がしっかり描かれていて刑事ドラマしてました。
大人向きな作品です。

> 「どうせ私にゃテレビくらいしか(相手にしてくれるものは)ねーよ!」的な?怒りの表現のように思いましたが・・・違っていたらごめんなさい☆

ああ、きっとそういう感じですね!
ただ、砂嵐のままっていうのが女の怖~い嫉妬を感じるというか(笑)

> >5/12「バッド・ティーチャー」
> 未見ですが、かなり評判が悪いですね~。
> ブログ友達の人で、褒めてた人は皆無です。

あ、やっぱり。ホント酷い女としか言えないヒロインで…。
キャメロンらぶなら吹替え版は絶対やめた方がいいです。
イメージ破壊されますから。

> >5/10、11「レッド・バロン」
> 全く良くなかった、良くできたはずなのに、できなかった、しなかった
> 第一は「なんで英語?」が最後まで付きまとい、許せなかった・・・。

ですよね、どうしてこうなっちゃったんだろうという気持ちで観てしまいました。
上手く描けば最近の映画が好きな人にも、昔ながらの映画が好きな人にも満足できるような作品になっただろうに…。
英語を喋ってるのは、やっぱりそこが気になるんですね。miriさんらしいです。

> シャアは知らないのですが、あちこちで書かれていましたね?
> とにかく、実話の人は結構な人のようなので残念です。

元ネタと言っても、赤いロボットに乗ってるところだけなんですけどね(笑)
マミイさんの好きなキャラだから、面白い作品だったらおススメしたかったんですが…。
確かタイトルを検索したら別の作品も引っかかったから、もしかしたら同じ人を描いた作品かもしれません。

> >5/9「カトマンズの男」
> 半年経っているけど今でも笑える「水栓の件」もうバカらしくって!!!
> 宵乃さんの書かれた部分はよく思い出せないのですが、水栓と同じレベルだと思います((笑))。

わたしはそちらの水栓が思い出せない!
みたのはつい最近なのになぁ…。
この手の作品にしては長めな気もしましたが、かなり笑えましたね。

> ただの面白いだけでは終わらず、最後にお金があったと知ったときの主人公が・・・非常に何とも言えなかったです。

一瞬にしてぐだーんとなっちゃって、前髪も復活してね(笑)
ヒロインが可哀相だけど、あのヒロインなら定期的にサプライズを仕掛けて、今回のような冒険を用意してあげられるかも。
…金の力で!(爆)
2014/05/16 (Fri) 13:53  宵乃〔編集〕  

こんにちは☆

この記事と同じ頃に録画した3部作をやっと全部続けて見ました☆
宵乃さんは3作目は???

>5/8「シンバッド七回目の航海」
> 評判どおり、骸骨の動きが素晴らしいね~。双頭のロック鳥の雛がかわいい。ただ、ストーリー的にはそんなに盛り上がらなかったかな。

58年製作と思うと、すっごく良かったです☆
見た事ないと思うけど、もしかして子供の頃に見た事があるのかな~?って思うような、一種の懐かしい感じ??がしました。

骸骨や鳥のひなや主人公(ドがなくて、びっくり仰天!)やお姫様、
全部良かったです・・・結構自分的には盛り上がりました(笑)。

>5/8「シンドバッド黄金の航海」
> 前のシンドバッドと別人?お姫さまは?魔術師が生み出した小さいガーゴイルみたいなのが可愛かったし、船首像が動き出すのはすごかったけど、いまいちセクシーさに欠けるかも。また途中でうつらうつらしてしまった。

う~ん73年製作と見ると、何となく古臭い感じが否めず・・・
まぁ悪いわけではないけど、前作と違って女性も主人公もサブ的で?
あの「てのひらの目」をもっと生かしてほしかったです(笑)。

船首像と6本の腕の像は迫力ありましたね!
一応、寝ずに済みました(笑)。

3作目を鑑賞されたら、またお話しいたしましょうね~♪


.
2014/08/13 (Wed) 11:12  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、コメント返信遅れて申し訳ありません。
家事が出来る程度まで回復したので少しづつコメントとかしていくつもりです。

このシリーズは別の局で三作目を最初に観たんですよね。2013年6月です。
感想は、「お互いに手の内腹の内明かし合う賢者と魔女がマヌケすぎ。後半はなんとなくキャラが死んでいって、特撮で動くモンスターや動物たちは本当に素晴らしかったのに、感動より笑いの方が勝ってしまった」という感じです。
初めて(?)観たレイ・ハリーハウゼンの作品を楽しみにしていたので、ガッカリ感が大きかったみたい。

> >5/8「シンバッド七回目の航海」
> 58年製作と思うと、すっごく良かったです☆
> 見た事ないと思うけど、もしかして子供の頃に見た事があるのかな~?って思うような、一種の懐かしい感じ??がしました。

やはり特撮の素晴らしさと、冒険モノとしての安心感がありましたね。わたしも懐かしさを感じました。当時の人たちはバトルシーンなど歓声あげて観ていたんだろうなぁ。
そうそうシンドバッドだと思ってたので驚きました。何故か1作目だけ名前が違うという。

> >5/8「シンドバッド黄金の航海」
> う~ん73年製作と見ると、何となく古臭い感じが否めず・・・
> あの「てのひらの目」をもっと生かしてほしかったです(笑)。
> 船首像と6本の腕の像は迫力ありましたね!

連続して観たのにそこまで進化してないどころか、脚本的にダメになってましたからね。手のひらの目、もう忘れてしまいました…。像はさすがでしたが。
金持ちのボンボンの方が、主人公たちより印象に残ってます。

>「世界で一番美しい瞬間」の ダイジェストでしたが、アーモンドの再放送がありましたよね~!

最近疲れてて映画以外はチェックしてませんでした…。yahoo番組表のキーワード登録数が10件しかないのが辛い!

あと、たこ焼き器ですが、家族にこれ買おうか~と話したら「そんなの買ったら絶対太るだろ」と言われて悔しい事に納得してしまったんです(泣)
ガス用の方も詳しく調べたら手入れが大変そうで、買うとしたら電気の方だと思いますが、いつになるやら…。せっかく教えてくれたのに優柔不断でごめんなさいね~。
2014/08/16 (Sat) 20:53  宵乃〔編集〕  

こんにちは☆

>5/12「バッド・ティーチャー」
> キャメロン・ディアスも仕事選びなよ…という感じ。多少笑どころはあったものの、個人的に酷い作品だと思う。しかも、ヒロインの吹替えの声がハリセンボンの人そっくりで輪をかけて酷かった。
>> 未見ですが、かなり評判が悪いですね~。
>> ブログ友達の人で、褒めてた人は皆無です。
>あ、やっぱり。ホント酷い女としか言えないヒロインで…。
>キャメロンらぶなら吹替え版は絶対やめた方がいいです。
>イメージ破壊されますから。

宵乃さんのお薦め通りに字幕で見て良かったです。
ネットでの知らない人の感想にも「吹き替えが酷い」って書いてありました。
きっとこんな女の役柄だからって酷い声をあてたのでしょうね~。

大昔にモンローの作品は甲高い変な女の声ですごくイヤでした。
だって彼女は低い甘い声なのですもの・・・。
2009年以降字幕で見る事が普通になって本当に良かったです。

そんなわけで、吹き替えにはもっと気を使ってほしいですよね~!

私もこの作品が良いと思っているわけではないです。
ただ酷いオンナの役柄が主演ではあるけど、
映画としては面白かったと思ったのです(笑)。


.
2014/12/05 (Fri) 10:29  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ♪
そういえば字幕版を勧めてましたね私(笑)

> きっとこんな女の役柄だからって酷い声をあてたのでしょうね~。

悪意を感じるほどでした。てっきりハリセンボンの人かと思ったら、プロの声優でさらにショックですよ。わざと下品な演技してたのかも?

> 大昔にモンローの作品は甲高い変な女の声ですごくイヤでした。
> だって彼女は低い甘い声なのですもの・・・。

それは嫌だわ~。わたしもモンローの甘い声は大好きなので、そんな吹き替えでは観たくないです。
良い吹き替えもあるけど、配給会社などのせいで作品の評価を下げるような真似だけは避けてほしいですよね。

> あのブラジャーを渡す機転は、すごく良かったと思います

あ~、そうそうブラジャー渡してました!
あのシーンで彼女を見直して、結構いい作品かも?と思った気がします。
ただ、自分の感想を見直してみたら「精神病の既往歴があっても頑張って教師やってる女性を陥れるとか最低。」とあったので、そこが致命的だったみたい。
精神病院送りの方は私の記憶違いだったようです。吹き替えでも「異動」と言ってたのを思い出しました。

> ただ酷いオンナの役柄が主演ではあるけど、
> 映画としては面白かったと思ったのです(笑)。

観る人、観る時を選ぶタイプの作品なんでしょうね。全米大ヒットですし。
miriさんが楽しめる時期に観られて良かったです♪

ちなみに、コメントの「元から好きなタイプではなかったかもしれないけど? 」はあのキャラの事です。キャメロンさんは今は特別好きでも嫌いでもないですね~。笑顔はキュートだと思いますが。
コメントありがとうございました。
2014/12/05 (Fri) 13:25  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧