忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言感想まとめ(4/21~4/25)

 | まとめ感想  Comment(0) 

え、また!?今回は溜まるの早いなぁ。
linux関係ですが、Ubuntu14.04LTSがリリースされて、linuxbeanも14.04ベースが出たからワクワクしてます。人柱になりたくないから安定するまで3ヶ月は待つけど。今度インストールする時は、homeパーティション別にして、アップグレードも楽に出来るようにするぞ!

4/25「バギークリークの伝説」
これは上級者向けすぎて付いて行けなかったわ(笑)この影響を受けたという「ブレア・ウィッチ・ブロジェクト」も観た事ないしな…。当時は人気だったのか~。
4/24 金田一耕助シリーズ「神隠し真珠郎」
真珠郎ってこんな話だったけ~?と思っているうちに寝落ちしてしまった…。古谷金田一がだいぶ老けてた。
4/24「荒野の七人/真昼の決闘」
今度のクリスはリー・ヴァン・クリーフかぁ。渋いけど、もはや「荒野の七人」でもなんでもないような。奥さんが死んで恋人が出来るまでが早すぎ!
4/24「チャーリーとパパの飛行機」
Gyaoで鑑賞。亡き父のくれた飛行機の模型が命を持つという心温まるファンタジードラマなんだども、中盤、飛行機がちょっと攻撃的で怖い…。しかし、字幕ではきちんと「シャルリ」と書いてるのに、なぜ邦題では「チャーリー」なのか?
4/23「ファンボーイズ」
笑いのツボからことごとく外れていたようで、クスリとも笑えなかった…。
4/23「軍用列車」
殺人の容疑者をいくらなんでも放置しすぎ(笑)西部劇かと思いきやミステリーな展開になったのは驚いたけど、ご都合展開ばっかりで緊張感ないし、アクションも物足りない。
4/22「打倒(ノック・ダウン)」
スポ根ものかと思ったらそうでもなく、なんとなく入り込めなかったなぁ。主人公は前半ボクサーになるのを嫌がっているので、ボクシングのシーンも少ないです。
4/22「さあ帰ろう、ペダルをこいで」
Gyaoで鑑賞。ブルガリアの風景も祖父との自転車ロードムービーも、バックギャモンと絡めた物語もいいと思うんだけど、何故か響かなかった。わたしのツボから外れてたみたい。
4/21「チャップリンの冒険」
こまごまとした笑いが散りばめられ、フィルムの早回しや逆回しを駆使した、楽しいドタバタ劇だった。しかし、溺れていたのは4人だった気がしたんだけど、3人しか救助されてないような?ヒゲが特徴的なキャンベルさんは悪役というより被害者だった(笑)
4/21「チャップリン短編 新米雑役夫」
クビになった後、どうしようかなと迷いつつ助けに行くところがよかった。窓から落ちそうな様子や、犯人から拳銃を奪う動きもコミカルで目を引きました。

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧