忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」観ました

 | 青春  Comment(12) 

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
原題:GOOD WILL HUNTING
製作:アメリカ’97
監督:ガス・ヴァン・サント
ジャンル:★青春/ドラマ

【あらすじ】ボストンに住む青年ウィルは、幼い頃から天才ゆえに周囲から孤立していた。だが、彼の才能に気付いた数学教授のランボーは、ウィルに精神分析医のショーンを紹介する。辛抱強く接するショーンにウィルはしだいに心を開き…。

ところどころ何気ない普段の会話(デート時とか?)がしっくりこなかったんですが、前よりも深い感動を味わうことができて、再見できて本当によかったです。
ショーン役のロビン・ウィリアムズと、ウィル役のマット・デイモンの演技が素晴らしいですね。繊細な表情、仕草が言葉より雄弁に語ってます。ただでさえ心に響くセリフが多いのに、彼らの名演も相まって感情移入せずにはいられません。
絵から精神分析をしてショーンを傷つけ、自分がインテリ軟派男の”ひけらかし”と同じ事をしていたと気付かされる公園のくだりや、「君は何も悪くない」と何度も何度も繰り返し、やっとウィルが正直な感情を吐き出すくだりは、胸に迫りました。
でも、今回もっとも印象に残ったのは、親友の友情がひしひしと伝わってくる終盤。
一緒にバカばっかりやってた親友が、ふと「20年後もここにいたら許さない」と本音をぶつけ、「一番のスリルは、お前の家の玄関に行く10秒前…」と告げるシーンは、ここを観るために再見したんだ!としみじみ思いました。
それがラストに繋がり、晴れ晴れとした表情でウィルの家を去るシーンは爽やかな感動が。ささっと仲間のひとりが助手席に移るところも良かったです。
まっすぐな道を車で走るEDに、迷いが晴れたウィルの気持ちが表れているようでした。

関連記事
「ジェリー」感想
B006OQ0IFQ グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち [Blu-ray]

■ Comment

こんにちは☆

先ほどはコメントを有難うございました☆

>ショーン役のロビン・ウィリアムズと、ウィル役のマット・デイモンの演技が素晴らしいですね。

本当に仰るとおりです!
でも素晴らしいイラストの、この彼も、本当に良かったです☆

>「君は何も悪くない」と何度も何度も繰り返し、やっとウィルが正直な感情を吐き出すくだりは、胸に迫りました。

ハイ、胸に迫ります・・・。忘れられないです。

>でも、今回もっとも印象に残ったのは、親友の友情がひしひしと伝わってくる終盤。・・・略・・・ここを観るために再見したんだ!としみじみ思いました。

ホントに、そのシーンだけのためにでも再見したい作品ですね☆

>まっすぐな道を車で走るEDに、迷いが晴れたウィルの気持ちが表れているようでした。

まっすぐに、大好きな女性の元へ・・・
(序盤の感じでは)とってもそういうキャラではなかったので、
しみじみと(驚きながらも)応援したくなりますね。
ときどき再見したくなる素晴らしい作品です♪


.
2014/02/10 (Mon) 13:15  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、さっそく来て下さって嬉しいです♪
ベン・アフレックも本物の友情に裏打ちされた自然体な演技でよかったですよね。
最初はウィルと先生のシーンを描こうと思ったんですが、どうしても彼に惹かれるものがあってこちらにしました。

> ホントに、そのシーンだけのためにでも再見したい作品ですね☆

ですよね~!
このシーンがなかったら、まるで違う作品になっていたと思います。
なのに観るまで忘れていて…初見のように感動できました(結果オーライ!)

> まっすぐに、大好きな女性の元へ・・・
> (序盤の感じでは)とってもそういうキャラではなかったので、
> しみじみと(驚きながらも)応援したくなりますね。

彼の変化をみると、人との出会いって本当に大切なんだなぁと思えました。
一つ一つの出会い、友情を大事にしていきたいですね~。
彼には、今まで苦しんだ分、これからは幸せに飛び込んで、しっかり掴み取ってほしいです!
2014/02/10 (Mon) 16:07  宵乃〔編集〕  

こんばんは☆

>ベン・アフレックも本物の友情に裏打ちされた自然体な演技でよかったですよね。
>最初はウィルと先生のシーンを描こうと思ったんですが、どうしても彼に惹かれるものがあってこちらにしました。

もう、いてもたってもいられず、サーッと流し見して、
(だいたいの位置は分かっていたけど、最初から流しました)
イラストのシーン、止めて、ガン見しました☆

もう本当に、シーンも素晴らしいけど、イラストがすんばらすいくて、
「うおー!」っと叫びました♪
(主婦叫ぶ この部屋一人 画をガン見  ・・・字余り?笑)

このイラストは、「ミッシング」「父帰る」の次くらいかな~?
(私的順位です・(笑))

そしてそのシーン以降は、ゆっくりとエンディングを楽しみました☆
本当に良い時間を有難う!
(いつか)次はちゃんと再見しますね!

そうそう、助手席に移るシーンは覚えていなかったので、マジ感激しました。
彼らは彼らの人生を、
でもきっとウィルとも、べたべたしない友情が続くと信じられます。

マット・デイモンと、ベン・アフレックは、
あるべくして今の地位があるのでせう。
大好きな俳優というだけではなく、本当に良い作品です、有難う~☆


.
2014/02/10 (Mon) 18:53  miri〔編集〕  

No title

横入りですみません。

>「君は何も悪くない」と何度も何度も繰り返し、やっとウィルが正直な感情を吐き出すくだりは、胸に迫りました。

本当に、心の壁が決壊して思いが溢れてくる所が目頭を熱くしてくれます。

>ベン・アフレックも本物の友情に裏打ちされた自然体な演技でよかったですよね。

ふと「20年後もここにいたら許さない」と本音をぶつけ

そう、ここなんですよね!!
彼の事をわかっていて、それでいて
もちろん、寂しさや諸々の感情は有るだろうけども友人の背を押す姿に・・・

思い出しただけでぐっ、ときますね!!

2014/02/10 (Mon) 20:38  きみやす  

No title

この映画、すごく大好きな映画です。
心理描写、変わっていく2人....
もう、語り始めると、多分記事分くらい書き続けそうなので、やめておきます。
マッドデイモンを好きになった映画でもあります。

「飢餓海峡」見ました。
面白いですが、内容がかなり深いので記事はまだかかりそうです。
2014/02/11 (Tue) 10:10  かえるママ21  

Re: こんばんは☆

再びのお出ましありがとうございます。
miriさんの心も動かすベン・アフレックの魅力!
わたしのイラストでそれが伝わって嬉しいです♪

> (主婦叫ぶ この部屋一人 画をガン見  ・・・字余り?笑)

miriさんの叫びが聞こえてきそうです(笑)
座布団一枚!

> このイラストは、「ミッシング」「父帰る」の次くらいかな~?
> (私的順位です・(笑))

ありがとうございます!!
そちらの二作品と違って、機能の少ない愛用ソフトで描いたので、top3に入ってなんだか感慨深いかも。

> そしてそのシーン以降は、ゆっくりとエンディングを楽しみました☆
> そうそう、助手席に移るシーンは覚えていなかったので、マジ感激しました。
> 彼らは彼らの人生を、
> でもきっとウィルとも、べたべたしない友情が続くと信じられます。

何度見ても素晴らしいですよね~。助手席に移るシーンも、彼らの関係がよく表れていて。
きっと「ビッグ・ウェンズデー」みたいに、昨日別れて今日また会ったような感じで再会することでしょう♪

> マット・デイモンと、ベン・アフレックは、
> あるべくして今の地位があるのでせう。
> 大好きな俳優というだけではなく、本当に良い作品です、有難う~☆

本当に実力のある俳優さんだという事を、今回改めて確認できました。
間を置いてまた再見したいです♪
こちらこそ、たくさんお話して下さってありがとうございました。
2014/02/11 (Tue) 11:46  宵乃〔編集〕  

>きみやすさん

横入り大歓迎ですよ~。
いつもコメントありがとうございます♪

> 本当に、心の壁が決壊して思いが溢れてくる所が目頭を熱くしてくれます。

ここの演技は本当に目を瞠るものがありましたよね。
こんな才能ある俳優がそれまで埋もれていたなんて!
ロビン・ウィリアムスに一切引けを取ってませんでした。

> 彼の事をわかっていて、それでいて
> もちろん、寂しさや諸々の感情は有るだろうけども友人の背を押す姿に・・・
> 思い出しただけでぐっ、ときますね!!

真の友情とは何かを見せてくれましたね!
きっとずっと前から思っていた事で、ウィルの準備が出来るまで、やきもきしたり変わらぬ毎日にほっとしたりしつつも、この時を待っていたのかなぁと想像してみたり。
このシーンはこれから何度も観る事になりそうです♪
2014/02/11 (Tue) 12:00  宵乃〔編集〕  

>かえるママ21さん

いらっしゃいませ♪
かえるママさんの大好きな作品だったのですね!

> 心理描写、変わっていく2人....
> もう、語り始めると、多分記事分くらい書き続けそうなので、やめておきます。

ホント、語りだしたら止まらなくなりそうですよね。
心に響く秀作でした。
いつか再見する事があれば、その時はぜひかえるママさんの記事を読ませていただけたら…と思います。

> マッドデイモンを好きになった映画でもあります。

この作品で彼を好きになったという人は多いでしょうね~。
自分で脚本を書いただけあって、本当に心から演じたい役だったというのが伝わってきます。輝いてました☆

> 「飢餓海峡」見ました。
> 面白いですが、内容がかなり深いので記事はまだかかりそうです。

嬉しいです♪
ゆっくりお待ちしてますね~。
2014/02/11 (Tue) 12:09  宵乃〔編集〕  

僕も・・・

“宵乃さん”の感想を観て僕も再見したくなりました(^^ゞ
2014/02/11 (Tue) 21:52  |―|/‐\|\/|  

>HAMさん

> “宵乃さん”の感想を観て僕も再見したくなりました(^^ゞ

おかげさまで、終盤だけでも時々再見していきたい作品になりました。
HAMさんも、お休みが取れて、ゆっくり映画を観たい気分になったらぜひ♪
2014/02/12 (Wed) 11:25  宵乃〔編集〕  

No title

>今回もっとも印象に残ったのは、
>親友の友情がひしひしと伝わってくる終盤。
私も初見時はロビン・ウィリアムスとの事しか見えていなかったんですが
再見時はベン・アフレックとの友情にグッときました!
幼いころからの友情、離れていても変わる事のない友情って
うらやましいです。

2014/02/12 (Wed) 21:34  マミイ編集〕  

>マミイさん

> 私も初見時はロビン・ウィリアムスとの事しか見えていなかったんですが
> 再見時はベン・アフレックとの友情にグッときました!

お仲間がいて嬉しいです♪
それだけロビン・ウィリアムスが印象的ってことかもしれませんね~。
この作品は再見するたびに深く染み渡っていく気がします。

> 幼いころからの友情、離れていても変わる事のない友情って
> うらやましいです。

臆病になっていた彼が、心から安心して過ごせる相手というのが伝わってきました。
本当にかけがえのない友情でしたね。
彼らの幼い頃も観てみたかったなぁ、
2014/02/13 (Thu) 11:53  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧