忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「私のように美しい娘」観ました

私のように美しい娘
原題:UNE BELLE FILLE COMME MOI
製作:フランス’72
監督:フランソワ・トリュフォー
原作:ヘンリー・ファレル
ジャンル:★コメディ/犯罪/ロマンス

女性犯罪についての論文を書くため、服役中の女性を取材しにきた若き学者スタニスラフ。彼は手始めに、カミーユという囚人から話を聞くことに。悪びれもせず自分の悪行を語りだすが、やがて彼はその自由奔放な彼女に惹かれていき…。

たぶん小学生の頃に初めて観て、わたしの”悪女キャラ好き”を決定付けた作品です(笑)
とにかく面白いんですよね~。実際にこんな女性が目の前にいたら、作中の女性たちのように毛嫌いしそうですが、傍から見ている分には面白いし、男たちが次々と彼女の虜になっていくのもわかります。…だって可愛いんだもん!
ムカつく父親の使うはしごを外した事を”賭け”だといい、父親が死に”賭けに勝った”と誇らしげに語る彼女。行く先々で男と出会い、まるで”挨拶”するかのように気軽に関係を持ち、障害となる者がいれば”賭け”にでる…それを自然に気楽にやっちゃうものだから、いつの間にか観ている方も彼女の思考回路につられて、普通に楽しんでしまうんですよね。
義母さんに仕掛けたトラップや、害虫駆除の道具の使い方を簡単に覚えてしまうなど、その短絡的な行動の割りに、賢くて物覚えがいいところも魅力的。どこまでが計算なのやら(笑)
スタニスラフも見る間に彼女の蜘蛛の巣に絡まっていき、恐ろしい女だとわかっていても「あんたは別よ」という甘い言葉に騙されてしまいます。何を聞いても「愛のない家庭で育ったために…」と同情する姿が滑稽。まさに恋は盲目!
それを心配そうに見守る秘書の切ない事…(ある意味、彼と同類?)。彼の事が好きだから手伝ってしまうけど、彼はカミーユの無実を晴らす(他にも殺人未遂があったけどね…)ことしか頭にありません。証拠が見つかって、喜びのあまりキスするも、ふとそれに気付いて憂い顔をする秘書が印象的でした。
ちなみに、タイトルはカミーユのデビュー曲の名前。
大好きな作品です。

関連記事
「突然炎のごとく」観ました
B0006B9ZU4 私のように美しい娘 [DVD]

■ Comment

No title

宵乃さんのお好きな映画なんですか♪
軽くて、トゲもあって、面白いですよね。
7年前に書いた記事、TB致しました。
腹に一物かかえてるカミーユの表情がばっちりのイラストですね。
2013/07/21 (Sun) 09:39  十瑠〔編集〕  

>十瑠さん

> 宵乃さんのお好きな映画なんですか♪
> 軽くて、トゲもあって、面白いですよね。

そうなんですよ、フランソワ・トリュフォーの描く悪女に弱いらしくて(笑)
子供でも楽しめたというのが凄いです。

> 7年前に書いた記事、TB致しました。
> 腹に一物かかえてるカミーユの表情がばっちりのイラストですね。

ありがとうございます!
大好きな作品なので、お話できるのが嬉しいですよ~。
後で伺いますね。
2013/07/21 (Sun) 10:38  宵乃〔編集〕  

こちらにもお邪魔します☆

7月に見ました☆
明後日に、この映画も含めた、トリュフォーさんの映画いくつかのまとめ記事で、ミニ感想をアップします。
(この夏オンエアが続いて、それとは知らずに見たのです)

>たぶん小学生の頃に初めて観て、わたしの”悪女キャラ好き”を決定付けた作品です(笑)
>とにかく面白いんですよね~。
>大好きな作品です。

ごめんなさい、この映画はもう全くダメでした。
なので良い事は書いていないので、この映画の部分はスルーして下さいネ~(笑)。


.
2013/09/29 (Sun) 15:08  miri〔編集〕  

>miriさん

こちらもどうも!
まったく合いませんでしたか~。まあ、好き嫌いがハッキリ分かれる作品ですよね。

> なので良い事は書いていないので、この映画の部分はスルーして下さいネ~(笑)。

あはは、了解です。
他のトリュフォー作品の感想を楽しみにしてます♪
2013/09/30 (Mon) 10:57  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
私のように美しい娘
(1972/フランソワ・トリュフォー監督・共同脚本/ベルナデット・ラフォン、アンドレ・デュソリエ、シャルル・デネ、ギイ・マルシャン、フィリップ・レオタール、クロード・ブ...
テアトル十瑠|2013-07-21 09:32