忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

イラストの途中経過を晒してみる、落とし水 Excellent編

 | イラスト関係  Comment(4) 

新しくフリーソフトを導入したので、備忘録もかねてご紹介。
愛用のペイントソフト「AzPainter2」では、どうもアナログの透明水彩の色が滲むような感じが再現できないので、現在、そういうフリーソフトを探し中で、とりあえずインストール不要の「落とし水 Excellent」を使ってみる事にしました。
昨日の「ピーター・パン」の記事のイラストで使用してます。

水彩着色に特化しており、基本的に他のソフトで描いた下書き(bmp)を読み込んで、それに着色していきます。
画材の種類も、設定項目も必要最低限(以下?)な感じなので、説明書を読むのが苦手なタイプの初心者でもすぐに使えそう。詳しい説明書もついてるし。
そんなに大きくない風景画などを描くに適したソフトです。
でも、他のソフトに慣れているので、レイヤー、拡大・縮小、バケツなどのツールが無いのと、アンドゥは2回までというのが辛いですね…。

→Read More

<前回のイラストの制作過程>
まずは線画を用意し、細かいところを塗るため、1200×880まで拡大してビットマップ保存しました。
ピーター・パン1
ソフトを起動し、ファイル→新規作成→ビットマップを下絵に白紙作成(下絵読み込みの時、「黒い部分をマスク」にチェック)、で下絵を読み込みます。
ピーター・パン2
マスキングインク(エアブラシ)でマスクする部分を丁寧に塗っていきます。ここで丁寧にやらないと綺麗に塗れません。編集→マスクのネガ反転も駆使して、効率よく順番を考えつつマスキングと着色を繰り返します。
ピーター・パン3
マスクした部分は保護されるので、まだ塗りたくないところと、塗り終わったところをマスキングしながら着色して、完成させます。

というわけで、綺麗に塗るにはマスキングを丁寧にやらねばならないのですが、バケツツールがないのでやたらと時間がかかるんですよね~。他のソフトではささっとできるので、余計に辛く感じます…。

そこで(うっかりMSペイントで描いたギザギザ線画のままだったのを直すついでに)、バケツツールなどほしい機能がついているAzPainter2と組み合わせて塗る方法を考えたところ、以前イラストブログの「Love Illustration」で、random walkさんがグリザイユ技法について書いていたのを思い出しました。モノクロで明暗を描いて、その後に色をのせていく技法です。

元々、このソフトに求めていたのは水彩独特の質感だし、モノクロなら色が混ざる恐れも無いのでマスキングもほとんど使わずに描けます。
ピーター・パン4
化粧部分とクマのヘアバンド?を塗る時だけマスキングしました。
これを線画とは違う名前でビットマップ出力します。
ピーター・パン5
それをAzPainter2で読み込み、レイヤーを追加して線画も読み込みます。
線画レイヤーは「輝度から線画抽出」をした後、「塗りつぶし判定元」に。
モノクロ画の上にオーバーレイのレイヤーを追加し、それぞれの色をバケツツールで流し込めば、簡単に彩色できます。

水彩のフリー素材をソフトライトなどで重ねるだけでも水彩塗りっぽさは出せますが、思い通りにやりたいなら自分で描く方がいいですよね。
機能がほぼ水彩塗りのみというのも、「AzPainter2」との相性ばっちりで場所もとらないしちょうどよかったです。
時間があれば、ブラシカスタマイズが出来る高性能なソフトも試したいな~。

関連記事
イラストの途中経過を晒してみる、グリッド編
イラストの途中経過を晒してみる、AsPainter2編II

■ Comment

No title

水彩画のタッチが見事に出てますね!
すごいです。
ピーターパンの世界観ともマッチしてますね。

確かにAzPainter2の水彩って色の混ざりがビミョ~というか
まだ濃度とかよくわからないので、色々いじった割りに
思ったとおりに塗れないなぁと思う事がよくあります。
(塗ってるうちにだんだんとどうでもよくなってきて、
そのままUPしちゃいますが(^^;)
でも、使い勝手のいいソフトですよね。無料なのに。
すでに愛着がわいてます♪
2013/04/26 (Fri) 09:04  マミイ編集〕  

>マミイさん

こちらもコメントありがとうございます。
ある意味使いづらいソフトですが”落とし水”での描画の美しさは他に類を見ないと思います(他のソフトはまだあまり使った事がないけど)

> ピーターパンの世界観ともマッチしてますね。

絵本風に仕上がって満足です♪
アニメ映画の時はこれでいこうかな。

> 確かにAzPainter2の水彩って色の混ざりがビミョ~というか
> まだ濃度とかよくわからないので、色々いじった割りに
> 思ったとおりに塗れないなぁと思う事がよくあります。

そうなんですよ。使いやすいソフトだけど、水彩筆はずっと不満で、使い方も未だによくわかりません。落とし水との相性はいいけど、もしかしてAzDrawing2でブラシを作れば、これと似たようなのができるかも…。新しいソフトより、まず持ってるソフトを使いこなさないと!

> でも、使い勝手のいいソフトですよね。無料なのに。
> すでに愛着がわいてます♪

仲間ができて本当に嬉しいです。アズペは講座サイトも多いし、メイキング動画もけっこうあります。時間のある時は勉強したいですね~。
2013/04/26 (Fri) 10:51  宵乃〔編集〕  

No title

どうもです。

いろいろなソフトがあるものですね。このソフトは全く知りませんでした。色の滲みがそれらしくて良いですね。最近のデジ絵では、このような本当のアナログ風の水彩タッチと、デジ絵らしい滲みの少ないタッチのものがありますね。ただ、昔、透明水彩をやっていた私としては、どうも、本物の水彩とは感じが違いすぎる気がするのも事実です。結果はそれらしいのですけど、塗る過程がかなり違和感を感じます。まあ、デジタルだからしゃーないか。

ピーターパンのイラスト雰囲気が出ていてよかったです。ちょうど絵本に出てきそうな感じですね。まさに、水彩がぴったりと言う感じです。

2013/04/29 (Mon) 07:21  random walk  

>random walkさん

水彩・絵本風のイラストが描きたくて、探しちゃいました。
最終更新が2005年なので、もう忘れられかけているソフトだと思います(笑)
もう少し改善したら、とってもいいソフトなのに!

>最近のデジ絵では、このような本当のアナログ風の水彩タッチと、デジ絵らしい滲みの少ないタッチのものがありますね。

そうなんですよ。水彩風をやりたくて検索しても思っていたのと違うのが出てきたり。でも、苦労のかいあって、AzPainter2で水彩境界を再現するテクニックを見つけました!

> 結果はそれらしいのですけど、塗る過程がかなり違和感を感じます。まあ、デジタルだからしゃーないか。

あはは、それは違和感ありますよね~。
アナログ水彩を忠実に再現したフリーソフトでは「ゆめいろえのぐ」が有名ですが、いちいち水分を含ませる作業が面倒で…。
まあ、わたしが使ったのは随分前なので、色々と改善されているかもしれません。

> ピーターパンのイラスト雰囲気が出ていてよかったです。ちょうど絵本に出てきそうな感じですね。まさに、水彩がぴったりと言う感じです。

ありがとうございます!
こういうのを描きたかったんですよ~。
背景用に水彩のフリー素材を集めてたんですが、その中にこのソフトで描いたと思われるものがあってびっくりしました(笑)
2013/04/29 (Mon) 11:09  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧