富野由悠季(富野喜幸) 忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

TVアニメ「無敵超人ザンボット3」シリーズ観たよ

無敵超人ザンボット3
製作:日本’77~78 全23話
監督:富野喜幸
原作:鈴木良武、富野喜幸
ジャンル:★ロボットアニメ/ドラマ

謎の宇宙人ガイゾックに母星を滅ぼされ、地球に移住したビアル星人の生き残りの子孫、神(じん)ファミリー。その魔の手を地球に伸ばしてきたガイゾックに対し、彼らは先祖伝来の巨大ロボットザンボット3で立ち向かう。だが、地球の人々は彼らのせいで宇宙人が攻めてきたと思い…。

家族が観ていたのを横で”ながら観”してただけなのに感想なんて申し訳ないんですが、これはホント泣ける…けど、子供の頃に観てたら完全にトラウマ!
宇宙人とロボットが闘うアニメなんだけども、戦えば崩れた瓦礫や爆風や津波などに巻き込まれて物凄い勢いで一般人が死んでいくし、回を重ねるごとに背景が廃墟になって更地になって…と普通なら描かないところが恐ろしくリアルなアニメでした。
その一方で、敵はおふざけばっかりの幼児みたいな性格にも関わらず、嬉々として女子供も人間爆弾にするなどのギャップが怖い…。ティム・バートンの「マーズ・アタック!」ってこれの影響受けてる?

そんな恐ろしくて悪趣味な面もある作品だけど、勝平と香月の成長や友情、あれだけ迫害されてきたのに人類のために命を張る神(じん)ファミリーと勝平の叫びががもう…(涙)
勝平の声優が大山のぶ代さんで、最初はドラえもんにしか聞こえなくて勝平がそれっぽいセリフを喋るたびに笑ってたんですよ。でも、後半は外見も中身も成長した勝平と声優が一心同体になってて、最終回にはアドリブもあったらしいんだけど、まったくわからないくらい勝平の心からの言葉のようでした。
「おれたちは、つまらないことなんか、しなかったよな。なあ、アキ」
戦いを終え親族の大半を失った勝平の、人間爆弾にされて散った好きな女の子への言葉に、もう涙が止まらなくて…。
しかも、戦いのために家族に睡眠学習装置を使われていて恐怖を感じなくなっていた勝平が「怖いよぉ…父ちゃん」とうなされるところもアドリブだという噂で、これで本来の少年の心を取り戻せたんだと思えるんですよ(泣)

それに香月君も素晴らしかったです。
戦闘で街が津波に飲まれ家族と離れ離れになった彼は、「勝平たちのせいで宇宙人が地球にやってきた」と人々を扇動し、ザンボット3を破壊しようと何度も何度も衝突を繰り返して最後には「お前(ミチという女の子)、勝平の事好きなんだろう?」「いいじゃねえか、俺だって好きなんだ、こいつに惚れてんだ」と言うまでに…。
戦いを終えた勝平の元に、地球の人たちが(今更)感謝の気持ちをもって駆け寄ってくるシーンとか、やっと神ファミリーの想いが報われたのかと…。
あと、こんな内容をまったく予想させない明るいOP(ザッザッザーザザ♪)と、次回予告の渋すぎる「さあて・・・どう戦い抜くかな・・・?」のセリフも素敵でした。

B00423BFIM無敵超人ザンボット3 コンプリート DVD-BOX [Import]

一言感想まとめ(5/23~5/31)

 | まとめ感想  Comment(10) 
Tag:富野由悠季(富野喜幸)

ゴーヤを庭に植え替えたので、40cmくらい離れたところにバナナの皮を設置。ダンゴムシの大好物らしくてゴーヤから気をそらせます。
ただし、ゴーヤに食いついてくる奴もいるから毎朝チェックは必要だし、バナナの皮が少なくなるとゴーヤが狙われるので少しづつ追加するといいです。余りにも増えてきたらちりとりで取って庭の離れたところに捨てるべし。

5/31 ジェシカおばさんの事件簿「クラリネットのすすり泣き」
いつも通りだけど、最後はちょっと切なかったね。考え事しながら見てたから、いつどうやってクラリネットを綺麗にしたのかわからなかった。
5/31「ワイルド・ギース」
Gyaoで鑑賞。登場人物が個性的で軍服でも見分けられたし、親子のドラマや鬼軍曹の豹変振りが面白かったんだけど、戦闘シーンが始まったら拍子抜け。せめてアフリカ生まれの白人とアフリカ大統領のやり取りはもっと丁寧にやってほしかった。
5/27「天国の門」
観始めて3時間半にビックリして、最初からセリフのないところは早送りしてしまった。見ごたえある映像もあったけど、2時間にまとめられただろ…。三角関係はいらないと思うものの、彼女が残りたいという気持ちはわからないでもない。
5/27「ソードフィッシュ」
ぽけーっと見るにはちょうどいい。ヒュージャックマン主演だと忘れてた。トラヴォルタは悪役だったのね。バス宙ぶらりんのくだりは派手で面白い。しかし、父娘の関係が薄っぺらくて残念。
5/26「フェイシズ(2011)」
顔の見分けがつかなくなっちゃう話。主人公の目に映る顔が見るたびに初めてのように感じるというのを映像的に表現してるんだけど、たまにわたしも見分けがつかなかった(笑)
5/25 TVアニメ「聖戦士ダンバイン」
巨大昆虫の外骨格を利用して作ったロボットというのがカッコいい。でも、この世界の人たちはよその世界に迷惑かけすぎ。誘拐を犯罪と思ってないのか…。「皆殺しの富野」と呼ばれるだけあるというラストでした。
5/25 SHERLOCK3「空の霊柩車」
録画してあったからなんとなく見ちゃったけど、やっぱりどうもこのシャーロックは性格が悪すぎて…。
5/24「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」
へんてこヘルメットの秘密が明かされる(笑)ミスティークやビーストの事がわかったし、男二人の友情が相変らず素敵です。
5/23「ポーラー・エクスプレス」
う~ん、フルCGならではの映像を作ろうとする余り、ストーリーがおざなりでなんとなく進んでいく感じ。主人公は流されてるだけにしか見えない。
5/23ジェシカおばさんの事件簿「最後の幕が下りる時」
これまでで一番面白かった。亡命、殺人事件、KGBとの駆け引き、そして事件解決後にはKGBのおじさんと友情が芽生えたり。「わたしの優しい態度に惑わされん事です」と警告してたけど、本当は優しい人で、せっかく友情が芽生えたのに数日の滞在すら許されない…。ソ連崩壊後にまた会えればいいね。

一言感想まとめ(5/2~5/7)

 | まとめ感想  Comment(0) 
Tag:富野由悠季(富野喜幸)

いつも隔週くらいで業務スーパーの鳥モモ肉2kgを買って、圧力鍋でまとめて調理してるんだけど、暖かくなってきたから一晩常温で冷まして煮こごり作れないなぁ。
上に油がたまるから、一気に捨てられてヘルシーでいいんだけど。
これからは脂肪の少ない胸肉の季節です(笑)

5/7ジェシカおばさんの事件簿「無人カーが追ってくる」
まさかカーチェイスがみられるなんて。ゲームで負けず嫌いな一面を見せるジェシカさんが可愛い。そして保安官は相変らず彼女に頼りすぎ!
5/6「ジグザグキッドの不思議な旅」
設定や空想の取り入れ方、ミステリー部分はけっこう面白かったけど、微妙に状況説明が下手な気が。とりあえず、子供があそこまで知りたがってるんだから、上手い嘘でもつけばいいのにと思った。不器用なお父さん。
5/6「コニャックの男」
邦題の意味がわからないよ!革命に巻き込まれていくお話なので人も結構死んでて、コメディなのに笑っていいのかよくわからない。残されたお嫁さんが可哀相だし、時間が長く感じられました。
5/5 TVアニメ「OVERMANキングゲイナー」
家族の富野由悠季熱が再燃したらしく一気観してたので横でながら観。『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』に影響されているらしく、随所にそんなノリが見られて面白い。OPからしてサイコー。ヤッサバ様が途中退場(生きてるよ)したのが残念。
5/5「ひみつの花園」
お金にしか幸せを感じない頭のネジが緩んだヒロインが、自分の欲望のちからを有効利用して人生を楽しめるようになるまでを描いたドタバタコメディ。振り回される仲良し家族が可哀相だけど、マンガ的表現だと割り切れば楽しめる。なんか目標に向かって頑張りたくなるような珍作。
5/5「バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズカット版」再見
Gyaoで鑑賞。過去記事に追記。
5/4「ミー・マイセルフ~私の彼の秘密~」
前半は平凡なラブコメっぽいのに、後半は意外と考えさせられるロマンス。何気に終盤で「シックスセンス」並みの衝撃を受けるかも(笑)まあ、その前に気付く人も多いだろうけど。男性は男主人公に同情すると思う。
5/4「アメイジング・スパイダーマン」
なんかすっごい雑だった気が…。登場人物同士の関係性が上手く描かれてないし、印象に残るシーンが一つもなかった。あと、ヒロインがおばさん顔。
5/3「今のままでいて」
とりあえず血液型確かめろよとか、元恋人が失踪した時ちゃんと警察に届けたのかよとか思ったけども、冒頭の髪をかき上げたら美少女というインパクトは強烈。あれにはクラッときちゃうよね。まったく好みではないけど意外と最後まで観れた。
5/2「トロッコ」
亡くなった夫の故郷を訪ねる日本人と台湾人の交流みたいな。マイナスイオンを感じる作品で泣けたけど、ラストの流れがよくわからない。台湾ってそんなに子育てに向いてないの?あのお母さん日本では気が休まる暇もなかったんじゃ…。

アニメ「伝説巨神イデオン」TVシリーズ&劇場版観たよ

伝説巨神イデオン小
製作:日本’82
監督:富野喜幸
原作:矢立肇、富野喜幸
ジャンル:★SF/ドラマ/戦争

【あらすじ】植民星ソロ星で、異星人文明の遺跡を発掘していた地球人移民。そこへ、伝説の無限エネルギー「イデ」探索中の異星人バッフ・クランが現れ、両者の混乱から武力衝突へと発展する。移民の子供コスモたちが窮地に立たされた時、第6文明人の遺跡が合体し…。

これは凄かったです…子供向けのアニメというには壮絶すぎる内容。終盤はもうこれホラーだよね!?
ロボットアニメって、普通ロボットがカッコいいじゃないですか。それで、主人公がそれに乗って戦い、辛いことや悲しいことを知って、それを乗り越えて成長する姿が描かれたりします。
でも、これはなんか違う!
デザインはパッとしないけども、イデオンは間違いなく最強レベルのロボットです。イデオンが本気出したら、人類どころか宇宙だって滅ぼせそうだし、バリアを発動できればどんな攻撃でも防げるでしょう(頻繁に計画停電が起こるけど…)。
それなのに、その強さを知れば知るほど、”カッコいい”ではなく”恐ろしい”と感じてしまうんですよね。登場人物たちのなかで膨れ上がるイデオン(正体不明の存在)への恐怖、不安が画面越しに伝わってきます。
また、主人公(だけでなく登場人物の多く)の成長は目覚しいけども、辛いことや悲しいことを乗り越えた、その先が見えない…。
物語が進むにつれてひしひしと迫る絶望感…これでもかというほど人間の愚かしさを見せつけ、そのなかで帰る場所も逃げ場も失った主人公たちの心情の変化、種族を越えて信じ合おうとする姿を描きながらも、否応なしに戦うことに適応していく哀しさが胸に突き刺さります。10歳くらいの少年デクの戦場での冷静さを見てたら、だんだん泣けてきた…。

TVシリーズで描ききれなかった結末が劇場版の発動篇で、そこで明かされるイデの目的と、畳み掛けるような展開にはゾッとしてしまいました。
ラストはみんな幸せそうですが、それはもう戦わなくていいという安堵であり、イデの意思を肯定していたわけではないとは思います。でも、人間がこれまで通り愚かな行為を繰り返すのなら、これしか真の平和をもたらす方法はない…そう突きつけられたような気がして、それを否定できない自分がいて恐ろしくなったり。
見終わって呆然としてしまいました。

イラストは戦闘民族ばりに血気盛んなヒロイン、カーシャ。最初は「異星人なんて根絶やしにすればいいのよ!」的なセリフに「こえー女!」と思っていたけど、終盤になって本音では”戦いを終わらせたい=もう戦いたくない”という事だったんだなぁと思えて好きになっちゃいました。
全体的に女性陣がすばらしく可愛い面を持っています。
あと、面白いシーンも多くて、とくに前半は大笑いでした。ソロシップの登場シーンで、ギジェが「何故、わざわざ地中から…!?」というのがお気に入り。
後半のコスモの「我ながらよく当たる」もいいよね~。一度ヘルメットが壊れて、コスモのアフロがモコッとはみ出てるシーンなんか、笑わせようとしているとしか(笑)
デクといつも一緒にいるリスみたいな動物が、きちんとオーダーメイドの宇宙服を着ているのも可愛かった。ラストにデクと一緒にいたっけ…?
一番好きなのは痛々しくて人間らしいシェリルさんでした。絶望したのは彼女だけって…彼らタフすぎでしょ。
エンディングテーマ「コスモスに君と」は名曲です。後半に入ると泣ける泣ける…。この歌を歌っているのと、ヒロインの一人カララの声優が戸田恵子だと最後の最後で気付いてビックリした(笑)

「機動戦士ガンダムUC episode1:ユニコーンの日」観ました

機動戦士ガンダムUC/マリーダ
製作:日本’2010
監督:古橋一浩
原作:矢立肇、富野由悠季、福井晴敏
ジャンル:★SF/戦争

【あらすじ】U.C.0096。戦争が終結し、束の間の平穏の中にあった地球圏。工業専門学校の生徒で父を知らずに育ったバナージは、新たな戦争の火種『ラプラスの箱』の解放をやめさせようとする謎の少女オードリーと出会う。

ちゃんとしたガンダムファンのひと (わたしはカイさんやランバ・ラル、プル、ファが好きなミーハー)が見せてくれたのでなんとなく観賞。
久しぶりにガンダムで胸が熱くなりました!

まず、単純に絵に感動です。
線が細くて均一なので、やや物足りなさもありますが、姫があの頃の姫のイメージのままなんですよ。たぶん6~7年分は経っていて成長もしているのに、想像以上に彼女のままでした。
どうやら『ローマの休日』がお好きなようで、主人公に対しオードリーと名乗ります。映画好きとしてはちょっと嬉しいのだけど、”別れ”を暗示しているようで切なくもありました。
そして、姫の護衛らしきマリーダさんも、眼を見ただけでその正体に気づいた人がいるんじゃないでしょうか?(わたしはネタバレされましたが)これまでに辛い思いをしてきたんじゃないかと窺わせる暗い瞳に、想像しただけで思わず涙ぐんでしまいました。
できれば彼女には姉妹の分も幸せになってほしいけれど、ガンダムってこういうタイプの女性を死によって解放?みたいな展開が多いからなぁ…。もう、恋の予感でもあろうものなら、死亡フラグが立ちそうで怖いです。

全体的に割と淡々と描かれており、人の良さそうな教師が皆を助けてさらっと死んでしまうし、子供たちが恐怖に怯える様子を大げさに描くこともなくて、終盤の”ユニコーンガンダムとの出会い”までは盛り上がりを抑えている感じでした。
サービス精神が表れていたのは、始めに描かれるMSクシャトリヤ(マリーダの機体)の戦闘シーン。これ見よがしに動かして、カッコよく決めてくれます。他には、姫がホットドックをぱくりとやって思わず頬を染めるとことか、主人公が不安になったときなどにハロをぎゅっとするところ。描いている側も楽しんでいるのが伝わってきます。

終盤の主人公の叫びには”アムロ”や”カミーユ”を彷彿とさせるものがあり、ミーハーファンなりに思わず胸が熱くなりました。もう、続きが気になって仕方ありません。
次は秋の予定らしいけど…う~ん、早く観たいっ!!

関連記事
「機動戦士ガンダム 第08MS小隊ミラーズ・リポート」観た

映画「機動戦士ガンダム 第08MS小隊ミラーズ・リポート」観た

機動戦士ガンダム 第08MS小隊ミラーズ・リポート
製作:日本’98
監督:加瀬充子
原作:矢立肇 富野由悠季
ジャンル:SF戦争

【あらすじ】宇宙世紀0079年。ジオンの新型モビルスーツ”アプサラス”と接触した第08小隊の隊長シロー。その時いちど姿を消した彼に対し、軍上層部はスパイ容疑をかける。情報部から来たアリス・ミラーは、彼からエリア847での出来事を聞きだし…。

ガンダムシリーズOVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の劇場版で、長編アニメの途中に入る”おさらい総集編”のような内容。よって、結末が描かれておらず、OVAを観てない人には尻切れトンボに感じるかも。
OVA含めての感想としては、主人公のシローが熱血タイプでアマちゃんで士官なうえに、敵のアイラと戦うよりもいちゃいちゃしてる事が多かったりで、あまりガンダムを観てる気がしないです。でも、ガンダムということに拘らなければ、観やすくて割と面白い作品でした。
キャラクターはけっこう極端な性格が多く、好き嫌い分かれそうですが、シローに想いを寄せるゲリラの少女キキは可愛かったです。私的に、ZZのエルピー・プル、Zのファ・ユイリィの次くらいに好きなガンダムヒロイン。

あと、実は私”巨大な人型のロボット”というやつが大の苦手なんですよね。じゃあなんでガンダム観てるかというと、初めてまともに観たのが「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」で、ドラマ性重視だと知ったからなんですが。ま、それは置いといて。そんな私がこの作品の”陸戦型ガンダム”だけはカッコイイと思いました。(ちなみにザクは可愛いと思います。)
私のイラストで伝わるか分かりませんが、シンプルでバランスが良さそうなところが好きです。

ところで、今夜はBS2で「機動戦士Vガンダム」ですね。数話だけみたいですけど、例のカテジナさんがどう変貌したかは観れると思います。私も最初と最後だけ見直してみようかな(笑)

関連記事
「機動戦士ガンダムUC episode1:ユニコーンの日」観ました

映画「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇」感想

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇
製作:日本’98
監督:青木康直
原作:矢立肇/富野由悠季
ジャンル:SF/戦争

【あらすじ】AC196年。全ての武力を放棄しようとする世界に続き、ヒイロたちもガンダム4機を太陽に廃棄しようとしていた。しかし、トレーズの実の娘だという少女マリーメイアが軍を率いて宣戦布告。外務次官であるリリーナも拉致されてしまう。

どうも。洗濯機用の排水溝を掃除し忘れて、元旦から洗面所を水浸しにした大馬鹿者です。正月だからって怠けたらダメという啓示か?ってゆうか、あんな排水溝、存在自体忘れてました。
…という訳で、こんな時こそ思い切って生粋の電波アニメ「ガンダムW」の感想いきたいと思いま~す!
まずは人物紹介から。

●ヒイロ : 「お前を殺す」が口癖の自爆マニア。でも宣言した相手を殺せたためしがない。自爆を見習おうとするトロワに対し「…死ぬほど痛いぞ」と天然発言。
●デュオ:言動が親父くさいが割とまともな少年。いつも貧乏くじを引く。
●トロワ:乱射狂で弾が尽きたら潔く諦める。ヒイロの自爆っぷりに心酔し、親切にしてくれたサーカスの人々を巻き込み自爆しようとする。
●カトル:「宇宙の声が聞こえる」とかのたまう電波少年。コロニーを3つほど落とした数日後、正気に戻った彼が市街で暴れる敵に一言「…酷い、関係ない人々を巻き込むなんて!!」
●五飛:負けて自信喪失してたかと思いきや、急に「オレに倒される者が悪だ」とか言い出す困った子。個人的理由でしょっちゅう邪魔してくる。
●リリーナ:「お前を殺す」宣言以来、ヒイロが来るのを夢見ている。
●その他:色々いるけど、劣化シャアことゼクスと科学者たちは性質が悪い。そして、サーカスのお姉さんはいい人。

TVシリーズで彼らがさんざん遠回りして得た平和が破られ、リリーナがさらわれるところから物語が始まります。ガンダムに乗ることになった時の回想シーンを挟みながら、電波なところは変わらずサクサク進行。でも私は、ある事が気になってストーリーどころじゃありませんでした。
だってWに翼生えてるヨ!?
他の機体もなんか違うし…武力放棄した筈なのに、こいつら何やってんだ。

関連記事
「機動戦士Vガンダム」観たよ
「機動戦士ガンダム 第08MS小隊ミラーズ・リポート」観た

お気に入りOVA「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
製作:日本’89
監督:高山文彦
原作:矢立肇/富野由悠季
ジャンル:★SFロボット/戦争

【あらすじ】宇宙世紀0079年12月。平和な中立コロニー・サイド6で、ザクの襲撃事件が起こる。彼らは連邦が隠した新型モビルスーツ「NT-1アレックス」を捜していた。戦争に憧れ撃墜されたザクを見に行った少年アルは、ザクのパイロット・バーニィと知り合い、面白半分で彼に協力するようになる。

ふだん同じ作品を何度も観たりしないんですが、なんとなく見つけたので10年ぶりぐらいに観ました。
…うわぁ、泣けるよこれ。何度観ても泣ける。
何も知らず戦争に憧れる少年アル(頭の回転は速い)と、少年の監視役になったジオンの新米パイロット・バーニィ。そして、アルの隣人でお互いの素性を知らずバーニィと惹かれあう連邦軍のテストパイロット・クリス(ニュータイプだったら良かったのに…)
なんかもう本当の兄弟のように過ごすアルとバーニィとか、淡い恋心を抱くバーニィとクリスとか…。
結末を知ってるせいか中盤から涙腺緩みっぱなしでした。
『バーニィ~~~!!』という叫び声が、今でも耳に残ってます。

ガンダムシリーズは「ファースト」と「Z」と「seed」と映画などを幾つか観ただけですが、その中で一番これが好きです。(ちなみに好きなキャラは1位バーニィとアル、2位カイさん、3位ラル夫妻です。)
シリーズを知らなくても楽しめる内容なので、まだガンダムを観た事ないって人でもぜんぜんOKなのも良いですよね。

関連記事
「機動戦士Vガンダム」観たよ