トニー・スコット 忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズ観ました

 | アクション  Comment(2) 
Tag:トニー・スコット

ビバリーヒルズ・コップ
原題:BEVERLY HILLS COP
製作:アメリカ’84 105分
監督:マーティン・ブレスト
ジャンル:★アクション/コメディ

【あらすじ】デトロイト市警のやり手刑事アクセル。ある日、ビバリーヒルズから訪ねてきた幼馴染みマイキーと再会するが、自分と一緒にいた時に何者かに殺されてしまう。上司の反対を押し切りビバリーヒルズへ単身捜査へ向かった彼は、ロス市警のタガートとローズウッドを味方につけ…。

やっと観られた1作目。面白かったです。
口八丁で相手をやり込め捜査するが決して嫌な奴ではない、一緒にいて楽しい刑事アクセルが魅力的。
ビバリーヒルズのお上品で堅物な刑事たちとのギャップがいい味出してました。
何気に序盤で親友を失う展開には驚いたけど、エディ・マーフィのいつものおふざけな雰囲気は抑えてあって、嘘八百並べていても心の中では親友を殺した奴を突き止めるという固い意志が見え隠れするのがよかったです。

ロス市警のダガートとローズウッドとのやり取りも大好きで、張り込み中の食事の差し入れから、ストリップバーでの事件解決などで距離が縮まっていく下りが一番好きかな。あとは、外で待機していたローズウッドが様子がおかしいのに気付き、どうしようどうしようと規則と刑事魂の間で揺るところとか。
他にも、敵地に乗り込む時にタガートのおじさんが塀を乗り越えるのにも一苦労するところや、銃撃戦のさなかに「警察だ」とバッヂを見せたり、「明日に向かって撃て!」みたいだねと結末も気にせず話してる空気読めない感じが楽しい。
このトリオのバランスの良さが作品の面白さの肝だと思いました。

『ビバリーヒルズ・コップ2』再見

原題:BEVERLY HILLS COP II
監督:トニー・スコット、米’87 103分

1作目を観てからだと、完全にダメな続編でした(汗)
再見なのに何も覚えてなかったし、改装業者を騙してセレブ宅で過ごすのが最悪。騙されたとはいえ、業者さん大損したのでは?
ローズウッドが武器マニアになる理由もよくわからない。銃撃戦がそんなに気持ち良かったんだろうか。
なんというか、状況を打破するためにハチャメチャやるんじゃなく、ハチャメチャやるために状況が用意されている感じでした。

『ビバリーヒルズ・コップ3』

原題:BEVERLY HILLS COP III
監督:ジョン・ランディス、米’94 103分

二作目の再見でガッカリしたので、ハードルが下がって逆に楽しめました。
でも、毎回アクセルの親しい人が撃たれてビバリーヒルズに行くという流れにしなくてもいいのに…。知り合いが武器マニアやら過激派になる必要もないし。アクセルって型破りなだけなのに、何に感化されたの?
舞台となったのは、アメリカで有名なグレート・アメリカという遊園地。途中から、上司が殺されたことよりも、この遊園地の創設者が撃たれたことに怒ってたような…。

関連記事
「ビバリーヒルズ・コップ2」観た

映画「アンストッパブル」観ました

 | アクション  Comment(8) 
Tag:トニー・スコット

アンストッパブル
原題:UNSTOPPABLE
製作:アメリカ’2010
監督:トニー・スコット
ジャンル:★アクション/サスペンス/パニック

【あらすじ】ペンシルヴェニア州。ブレーキ操作のミスが原因で、危険な化学物質を載せた貨物列車が無人のまま走り出した。ベテラン機関士フランクと新米車掌ウィルは、自分たちが乗る1206号でその暴走を停止させようと決意し…。

ハラハラドキドキ、手に汗握っちゃいました。
暴走する貨物列車がカッコいいんですよ~。ものすごい轟音と火花を飛ばしながら、目の前にあるものは全て破壊して進んでいきます。まさに暴走列車!
実際にこんな事件を目にしたら声も出ないですけど、映画としてはとても面白かったです。
しかし、これは実際に起きた事件を基にしてるんですよね…。どこまでが事実でどこからが脚色なのかはわかりませんが、事件の発端が恐ろしい。ほとんどガキのおふざけじゃないですか!
列車が勝手に走っていってしまっても、まだ状況の深刻さを理解せずにへらへら笑っている姿にはぞっとしてしまいました。周りの人も、見てないで止めに行きなさいよ!!
ニュースを聞きつけてケータイを構える野次馬たちや、人命より利益を優先してしまう上司など、いつの時代も変らない…。
でも、そんな上司を遠慮なく怒鳴りつけて、きびきびと自分たちにできる事をするコニーがステキです。スカッとしました!
家族を想い、主人公二人が命を捨てる覚悟で向かうくだりも、結末はわかっているのにウルウル…こういうの弱いんです。
そして、一番の見せ場である大曲のシーンはホント痺れました。長年の勘すげぇー!
離れていた車輪が際どいところでレールにガシャーンと戻るところでは思わず「やった!」と声をあげてしまったり(笑)
一人亡くなってるのがとても悲しいですが、ラストはすがすがしい気持ちで観終われました。
たまに観たくなるような熱い!アクション映画だったと思います。

関連記事
「スパイ・ゲーム」を観ませんか?

第34回ブログDEロードショー「スパイ・ゲーム(2001)」

原題:SPY GAME
製作:2001年アメリカ
監督:トニー・スコット
開催:2012/11/30~12/2
スパイ・ゲーム(2001)
ロバート・レッドフォードとブラッド・ピット、新旧の二枚目スターが競演するスパイ映画。ふたりの工作員の活躍と、徐々に師弟関係が壊れてゆく過程をえがきつつ、中国の刑務所にいれられた弟子を救出する、痛快な頭脳戦が繰り広げられます。
「そのスピードで」の犬塚ケンさんがリクエストして下さいました。
理由は…今年8月に亡くなったトニー・スコット監督の代表作のひとつで、
持ち前のスタイリッシュな映像だけでなく、人間味を感じさせる映画だから。
との事です。

企画内容については、サイドバーにある「ブログDEロードショー」欄の”企画概要+参加者名簿”のリンク先をご覧下さい。

→Read More

映画「デジャヴ」観た

 | SF  Comment(4) 
Tag:トニー・スコット

デジャヴ
製作:アメリカ’06
原題:DEJA VU
監督:トニー・スコット
ジャンル:★サスペンス/SF/ロマンス

【あらすじ】爆破テロでフェリーの乗客の多くが犠牲となり、ATF捜査官ダグはFBI特別捜査班への協力を要請される。政府が極秘開発した4日と6時間前が見られる映像装置によって、テロ直前に殺された女性クレアを観察し始める彼だったが…。

思っていたよりロマンス色が濃くて驚きました。
それが動機の全てではないけれど、『いま、目の前で生きている彼女を助けたい』という想いがひしひしと伝わってきます。そもそも、彼女に恋してなければ、映像装置の真実には気付かなかったと思うし…。
主人公の指紋がでた時点で先は読めてしまうけれど、カーチェイス(はた迷惑!)や爆弾探しなどハラハラ展開もあるし、伏線もたくさんあるので見ごたえがありました。
SFが苦手な人じゃなく、細かい矛盾を気にしなければ楽しめると思います。

関連記事
「スパイ・ゲーム」を観ませんか?
「ハンガー」観た

映画「ハンガー」観た

ハンガー
製作:イギリス’83
原題:THE HUNGER
監督:トニー・スコット
原作:ホイットリー・ストリーバー
ジャンル:ホラー

【あらすじ】何千年も前から生き続ける吸血鬼ミリアムと、200年前に彼女に永遠の若さを与えられた恋人ジョン。そんな彼がある日を境に老い始め、なす術もなく息絶えた。彼の話を聞かなかった老化現象の研究者サラは、謝罪しにミリアムを訪ね…。

吸血鬼の話なんですが、説明が少なくてどういう事なのかよく分からないまま終わってしまいました。
私的解釈では、ミリアムさんは一秒の孤独にも耐えられない繊細な吸血鬼なのかなぁ、という感じです。
「永遠の若さ」をあげると騙しては自分の血を与え吸血鬼にし、何百年か経って限界がきたら棺にしまって側に置いておく。そして再び気に入った相手をパートナーに…。という事を彼女は繰り返してきたみたいなんですよ。
孤独に怯え、自分の罪に怯え、それでもまた罪を重ねてしまう彼女の姿はまるで怖くありません。
むしろ、限界がきたパートナーが瞬く間に老化してゆく現象が恐ろしい。

幻想的で儚い、他とは一線を画す吸血鬼の物語だったと思います。

関連記事
「デジャヴ」観た
「ビバリーヒルズ・コップ2」観た

映画「ビバリーヒルズ・コップ2」観た

 | アクション  Comment(0) 
Tag:トニー・スコット

製作:アメリカ’87
原題:BEVERLY HILLS COP II
監督:トニー・スコット
ジャンル:アクション

【あらすじ】宝石強盗事件で騒がしい中、警部が何者かに撃たれ重傷を負う。ローズウッドとタガートはデトロイド市警のアクセルに救援を頼み、口うるさい上司に背き捜査を開始する。アクセルは口八丁手八丁で手掛かりを掴み…。

何年も見逃し続け、ついに順番を無視して2から鑑賞。
ちょっと主人公アクセルの立場とか関係とか分からなかったものの、結構楽しめました。
アクセルの舌先三寸での強引な捜査が凄いですね。よくクビにならないなぁと感心してしまいます。
それに、一緒に捜査していた熱血刑事? 彼に感化されてどんどん手の付けられない子になっていくのが笑えました。
犯人側のクールなお姉さんも迫力があって素敵です。
…最期はちょっと呆気なかったけど。

それにしても、こんなバリバリ違法捜査で犯人捕まえたら、裁判で支障を来たすんじゃないだろうか?
腕のいい弁護士雇いそうだし、いろいろ突かれそうだなぁ。

関連記事
「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズ観ました
「ハンガー」観た