ティム・バートン 忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「エド・ウッド」観ました

エド・ウッド
原題:ED WOOD
製作:アメリカ’94
監督:ティム・バートン
ジャンル:★伝記/ドラマ

【あらすじ】ある日、往年のドラキュラ俳優ベラ・ルゴシと出会った映画青年エド。ふたりは瞬く間に意気投合し、ルゴシは俳優としてもう必要とされてないと嘆いた。そんな時、自分にぴったりの映画が製作されると知り、ルゴシを出演させることを条件に、その映画で監督デビューを飾るが…。

再見。やっぱり大好きです。映画が大好きな気持ちと、映画を愛する人への尊敬が伝わってきて、映画好きには心地良いんですよね~。
冒頭から雰囲気たっぷりで、吸血鬼の語りや、墓場をうねうねと進みながら墓石の文字を映していくタイトルバックが素敵。
あえてモノクロなのも効果的でした。途中、ドレスの色をおじさんに尋ねたら「どちらが赤だ?色の見分けなんてつかんよ」と言ってて笑えます。
ベラとの出会いから無二の親友になっていく様子も微笑ましくて、彼の演技を目を輝かせて見つめる様子は、純粋にただの一ファンという感じ。
この人をまたスクリーンの世界に連れ戻したいという気持ちや、弱っている彼を思い遣る気持ちがひしひし伝わってきて、もう序盤からうるうるしてしまいました。
一方で、何がなんでも映画を撮りたいという姿勢や、どんなに作りや演技を妥協しても自分が伝えたい事はしっかり伝えるところなど、服装倒錯者で孤独を感じていた彼の、そういう強いところも見せてました。

もし彼らが出会ってなかったら一体どんな道を歩んでいたのか…。でもきっと出会う運命だったと思えるふたり。
彼らが心から映画を愛し、映画という居場所を求めているから、彼らに協力してくれる人々も、いつも大変そうなのに楽しそうにやってるんですよ。
こういうところが、ティム・バートンや多くの人の心を掴んだんでしょうね。
ルゴシの最後のフィルムを観ながら、熱っぽく語る姿が印象に残ります。

関連記事
「グレンとグレンダ」観た
「シザーハンズ」観た

映画「シザーハンズ」観た

 | ファンタジー  Comment(2) 
Tag:ティム・バートン

シザーハンズ
製作:アメリカ’90
原題:EDWARD SCISSORHANDS
監督:ティム・バートン
ジャンル:ファンタジー/ロマンス

【あらすじ】完成間際に生みの親が亡くなり、手がハサミのまま山頂の屋敷に取り残された人造人間エドワード。セールスに来た心優しいペグに発見され、彼女の家で暮らす事に。やがて、町の人気者となり、彼はペグの娘キムに恋をするが…。

久し振りに観てみました。ちょっと思い出補正がかかってたみたいで、終盤は若干「あれ?」という感じでした。面白くなかったわけじゃないけど、想い出のままにしておいた方が輝いていたかも。
とりあえず、冒頭からティム・バートン作品とは思えない明るいパステルカラーの住宅街が並び、「お?」と思っていたら、そのすぐ目の前にそびえ立つ山の異様なこと(笑)
見た目的には鬼でも住んでそうな山なんですけど、実際にはピュアな人造人間エドワードが、一人で美しい庭を手入れしたりしながら暮してるんですよね。それに比べて、街に住む人々は裏表のある自己中心的な人ばかり。そのギャップが面白い。
例外的存在ペグは、わたしの記憶より素晴らしかったです。人気者から一気によそ者扱いになったエドワードに、「専属の美容師がいるんですもの」と言って何度も髪のカットを頼む優しさ!
出会うのが20年早かったら、キムじゃなく彼女と恋に落ちてたかも?
でも、心優しい彼女も娘のキムも、男を見る目がないのが残念。心ここにあらずな旦那は、よそに女でもいるんじゃないかと疑ってしまいました。
キムの方も本当に悪い男に騙されてて、エドワードと出会ってなければどうなっていた事か。ラストは切ないものの、ふたりともかけがえのないものを手に入れて、雪景色もひときわロマンティックでした。
…どうしてよりによってハサミを手の代わりにつけてしまったのか、そんな不粋な事はとても訊けないです!

関連記事
「エド・ウッド」観ました
「バットマン リターンズ」観た

映画「バットマン リターンズ」観た

 | アクション  Comment(4) 
Tag:ティム・バートン にゃんこ

バットマン リターンズ
ショーウインドウを覗き込む猫
製作:アメリカ’92
原題:BATMAN RETURNS
監督:ティム・バートン
ジャンル:SFアクション

【あらすじ】ゴッサム・シティに現れた謎のペンギン男と、シティの実力者シュレックが手を組んだ。ふたりで町を裏から支配しようというのだ。やがて、それはバットマンの知るところとなるが、彼の前にキャット・ウーマンと名乗る新たな敵も現れ…。

今回はキャット・ウーマンが主役って感じでした。さすがスピンオフ作品がつくられただけありますね。
上司の秘密を知ったために殺され、にゃんこに囲まれて生き返るというよくわかんないけど幸せそうな展開を迎えたにも関わらず、復讐に生きるっていうのが「バットマン」らしいです。ここで新しい人生を謳歌しちゃったら話にならないけども。
部屋の中にネオンで「HELLO THERE」と書いてあった辺り、初めから変わり者だったようですが、ネオンのOとTを破壊して「HELL HERE」にしたり、コスチュームを作ってみたり、所構わず側転バック転してみたりと、おちゃめで可愛いエキセントリックウーマンでした。

一方、奇形だった為に赤ん坊の頃下水に捨てられたペンギン男さんも、結構いい味出してましたね。ペンギンと名乗るためにペンギンを集めたのか、それとも下水にペンギンがいたからペンギンと名乗るようになったのか、悩んでいたらウィキペディアに”動物園に置き去りにされたペンギンに育てられた”って書いてありました。あれ、そんな説明あったっけ?
とりあえず、彼が乗り回していたアヒルちゃんと、バットモービルを遠隔操作していたデパートの屋上とかにある乗り物バットモービルバージョンで無性に遊びたくなりました。
やや説明不足なところもあったものの、悪役のキャラクターと哀愁ただよう散り際がよかったです。

あと、この後ジョエル・シューマカー監督のを見て、ティム・バートンの「バットマン」はゴッサムシティも魅力的だったんだなぁとしみじみ思いました。このおかしな街のそこかしこで、変な人たちが何か企んでる気がします。

関連記事
「シザーハンズ」観た
「バットマン」観た

映画「バットマン(1989)」観た

 | アクション  Comment(8) 
Tag:ティム・バートン

バットマン
製作:アメリカ’89
原題:BATMAN
監督:ティム・バートン
原作:ボブ・ケイン
ジャンル:★SFアクション

【あらすじ】闇に紛れ悪を倒す怪人バットマンの噂が流れる、犯罪都市ゴッサム。ボスに陥れられバットマンとの闘いに敗れたジャックは、ジョーカーと名乗り彼らに復讐を開始する。一方、バットマンを追う記者ビッキーは、富豪ブルースと出会い…。

BSプレミアムで特集してたので、久しぶりに再見しました。バットマンシリーズはたぶん、これとビギンズくらいしかちゃんと観てません。
ヒーローものは宿命とかなんとか影の部分があったりしますが、トレードマークやらお手製スーツやらがある限りシリアスにはなりきれないと思うので、こういうコミックからそのまま抜け出してきたような雰囲気の方が好きですね~。個人的にビギンズは楽しめなかったし。
やはり主役はジャック・ニコルソン演じるジョーカーって感じがしました。バットマンも格好いいっちゃ格好いいんですが、彼そのものというよりバットモービルやアイテムの数々があって”バットマン”になれるので、そのままでも悪夢を見せてしまいそうなジョーカーのインパクトには勝てません。イカれてるけどどこかコメディチックで、ティム・バートンの描いたバットマンの世界に溶け込んでいました。
顔を焼かれた愛人が、彼に仮面を外せと言われて無表情のまま従う様子が地味に怖かったです。

あと、バットマンを支える執事アルフレッドがいいですね。デート中に急用が入って、それを彼女に伝えるよう頼むついでに「あと、さりげなく褒めておいて!」と頼まれ、それを伝えに行ったら彼女も急用が入っていて「…それと、なにか詩も添えて!」と頼まれ…。そんな日常を余裕でこなしていく姿は、ある意味バットマンより格好いい!
一家に一台、バットモービルとアルフレッドがほしい…。

関連記事
「ダークナイト」感想
「バットマン リターンズ」観た
「マーズ・アタック!」観ました(ティム・バートン監督)

映画「マーズ・アタック!」観ました

 | SF  Comment(0) 
Tag:ティム・バートン

マーズ・アタック!
歩き方が妙に不気味。
製作:アメリカ’96
原題:MARS ATTACKS!
監督:ティム・バートン
ジャンル:★SFコメディ

【あらすじ】ある日、アメリカで円盤の大編隊が確認される。専門家たちの見解から友好的な種族だと判断したデイル大統領は、国を挙げて火星人を歓迎することに。しかし、人々がテレビ中継で見守るなか、火星人は大虐殺を始めてしまう。

これまた、いつでも観れると後回しにしていた作品。
ちらちら見かけた時はエグいことやってんなーと思っていたんですが(犬と首とりかえたり)、ちゃんと最初から観てみると、あまりのお気楽さに嫌な気分になる事もありませんでした。(合わない人は合わないんだろうけど)
火星人たちの悪ふざけ感覚がどうにも憎めないです。また、人々の宇宙人大好きっぷりがいいですね。大統領は奥さん死ぬまで信じようとしていたし。
なんというか、B級映画の鏡ともいえる作品なんじゃないでしょうか?
おバカなノリと、時々見せる人間のピュアな愛が素敵でした。

関連記事
「バットマン」観た
「ビッグ・フィッシュ」観ました

映画「ビッグ・フィッシュ」観ました

 | ファンタジー  Comment(7) 
Tag:ティム・バートン

ビッグ・フィッシュ
製作:アメリカ’03
原題:BIG FISH
監督:ティム・バートン
原作:ダニエル・ウォレス
ジャンル:★ファンタジー/ドラマ/コメディ

【あらすじ】幼い頃から聞かされてきた父親のおとぎ話のような冒険談。それを結婚式でも披露されてからウィルは父親と口を利かなくなった。3年後、父の病状が悪化したと報せをうけ妻と実家へ帰るが、そこでも”事実”を話してくれなくて…。

ビックリするほど心が和むファンタジー世界を堪能できました。見上げるほどの大男に隻眼の魔女、狼男につながった双子など、自分の昔話をここまで楽しく聞かせられるというのは凄い才能だと思います。まあ、息子が本当のことを知りたがっているのに、あそこまで頑なに隠そうとする父親の気持ちはよく分からなかったんですが…。
”魔法”が解けてしまうような気がしたんでしょうか?
でも、その解けかかった”魔法”をふたたびかけたのは、”親子の愛情”でした。
じんわりあたたかいラストが心に染みます。

関連記事
「マーズ・アタック!」観ました