ジェームズ・ブリッジス 忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「チャイナ・シンドローム」再見

 | 社会派  Comment(6) 
Tag:ジェームズ・ブリッジス

チャイナ・シンドローム再見
『神様、どうか…!』
製作:アメリカ’79
原題:THE CHINA SYNDROME
監督:ジェームズ・ブリッジス
ジャンル:★サスペンス/ドラマ

そういえば前回は93分番組で観たんだったということで、やっと完全なものを再見。
時期的なものもあって、以前より緊張と恐ろしさ倍増でした。
昔、チェルノブイリ原子力発電所事故の再現ドラマのようなものも見たんだけど、ごく普通の人たちの”恐れ”というものが怖いんですよね。働くのは原子力について詳しく知らない者が大多数で、起こるかわからない事故よりも、職を失う方が怖いし、事故になったらどうなるかより想像しやすい。それに、まさか事故が起こる危険があるのに会社が”続けろ”というわけがない、という思いもあります。そんな、自分の中にもある”本当の危険から目を逸らしてしまう、身近なことへの恐れ”を恐ろしく思いました。
一方、原発のすぐ側に住んでるわけではない会社のお偉いさんは、おそらく専門家でもなく、投資が無駄になるとか、運転が遅れたらどれだけ損をするかの金勘定しか頭にありません。
そういう部分が全く同じで、これが事故の前に描かれていたという事に改めて驚かされました。
あと、事故の原因が経費削減(検査しないで結果捏造)のせいだったというのは、「タワーリング・インフェルノ」を思い出します。危険度は天と地ほどの差がありますが…。
また、真実味があるという点だけではなく、もちろん映画としても見ごたえがありました。なんといってもジャック・レモンの演技が素晴らしいですし、カーチェイスや篭城などサスペンス・アクションだけで見ても楽しめます。証拠となる資料を受け渡すため建物に入ると、閉まったドアガラスに追跡者(車)の姿が…!というシーンにはドキッとしました。
やるせないラストと、最後に映るカラーバーが印象的です。

関連記事
「チャイナ・シンドローム」観ました

映画「チャイナ・シンドローム」観ました

 | 社会派  Comment(4) 
Tag:ジェームズ・ブリッジス

チャイナ・シンドローム
向日葵で放射能汚染浄化
製作:アメリカ’79
原題:THE CHINA SYNDROME
監督:ジェームズ・ブリッジス
ジャンル:★サスペンス/ドラマ

【あらすじ】原発の取材に来ていたキンバリーとリチャードは、建物の揺れと技師たちが怯える様子を目撃する。特ダネに興奮する彼らだったが、上からの圧力でフィルムはお蔵入りする事に。その頃、発電所の技師ジャックは原発の欠陥を発見していた。

最初から最後まで固唾を呑んで見守っていました。
「1日でどれだけの損失だと思っているんだ!」の一言で、手抜き検査→運転再開となってしまう恐ろしさ。
あそこの技術者の中に、ちゃんとした知識を持った人が何人いたのか?
外部の人間が調査しなくても済むということ自体信じられません。
すぐ側にある危険に気付かない振りをして、利益を優先してしまう人間が恐ろしく見えてくる作品でした。

ちなみにタイトルのチャイナ・シンドロームとは、原発がメルトダウンを起こしたら地面を溶かし地球の裏側の中国まで貫通するというアメリカンジョークから来たそうです。この映画の影響で、~シンドロームという言葉が一般的になったとか。
また、映画公開の12日後にスリーマイル島原子力発電所事故が起き、世界を震撼させたことでも有名です。ハッピーエンドとバッドエンドの二種類ありますが、時期的なものもあったのかハッピーエンド版が広まったとかなんとか…。(間違いだったかも)

関連記事
「チャイナ・シンドローム」再見
「ペーパーチェイス」観た

映画「ペーパーチェイス」観た

 | 青春  Comment(12) 
Tag:ジェームズ・ブリッジス

ペーパーチェイス
製作:アメリカ’73
原題:The Paper Chase
監督:ジェームズ・ブリッジス
ジャンル:★青春

ハーバード大学法学部に入ったハートは、契約法の授業で教授の質問に答えられず吐いてしまう。その日から一心不乱に勉強に励む彼だったが、ある日スーザンという女性と知り合い恋仲となる。しかし、実は彼女はあの教授の娘で…。

ちゃらんぽらんな大学生を描いた映画は多いですが、これは受験戦争以上に厳しい法学部の学生生活を描いています。全体的に地味な雰囲気なんですが、何も起こらなくても苦にならない心地よさがあると言うか。やっぱり頑張ってる人を見てると清清しいですよね。
なんとなく好きなのは、離婚が決まった恋人に「ちゃんと(結婚)したい」と言ったら「父の望む法学部の学生そのものね」というような皮肉で返される場面。学部が違うとこうも違うのかと、妙に納得してしまいました。
他にも濃いめの友人達や冷徹な教授とのやり取りなど、淡々とした中に面白さが潜んでいる作品だと思います。

関連記事
映画「チャイナ・シンドローム」観ました